シグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM のサンプル画像が多数掲載

dpreview に、シグマの超望遠ズーム「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」の37枚のサンプル画像が掲載されています。

Sigma 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM sample gallery

  • シグマの新しい超望遠ズーム100-400mm F5-6.3 DG OS HSMは、野生動物の撮影にとても適している。我々は、このレンズをEOS 5D Mark IVに装着して、野鳥を見つけて、撮影の結果をサンプルギャラリーに掲載した。近いうちに更に写真を追加するつもりだ。

sigma_100-400_sample001.jpg

シグマの100-400mmは、このクラスのレンズとしては開放からシャープでコントラストも高く、発色も良好という印象です。ボケもこのクラスの超望遠ズームとしてはとても綺麗ですね。8万円で購入できるレンズなので、コストパフォーマンスはかなり高そうです。

2017年5月10日 | コメント(15)

コメント(15)

今日店頭で触ってきましたが軽くてバランスもよく、望遠端でもシグマらしいシャープな絵で、気持ちのよいレンズてした。
望遠は200mmまでしかないので少し欲しくなりましたね。

廉価ズームなのに、想像以上によく写りますね。

個人的に1番欲しいレンズです。軽くて写りが良く、尚且つ安い。暗いレンズですが、望遠は基本日中しか使わないので、問題ないです。
α7Sにキヤノンかシグマ用のAFマウントアダプタかませて使おうかな。

後、無理とは思うが、ペンタ版のARTレンズ、出してくれ~。受注生産でいいから(涙)

これは売れるんじゃないでしょうか。
24-105と合わせて、旅ズームとして使いたいです。

いいですね〜ライトバズーカ。
値段もライトで手を出し易くF値も抑えている分取り回し易く、しかし描写は侮れない性能で気軽に400mm域、またAPS-Cなら600mm相当まで味わえるのは、望遠革命とも言えるかもしれませんね。
近年のシグマは本当にいい仕事をしていると思います。

廉価版と言ってもシグマのレンズはお値段以上の性能で凄いですね
α6500にスピードブースターを装着してこのレンズを試してみたいです

個人的には400mmは少なくてもF5.6の明るさは欲しいです。でも、400mmF5.6の重さが嫌な人は、70-300mmF5.6と同様の大きさと重さに近くて手振れ補正もあるので、周りに受け入れられやすいでしょう。

良い写りですね。
100-300を望遠側に延ばしただけの安物レンズと思っていましたがなかなかではないですか。
このサイズで400まであれば常時バッグに忍ばせておいても良いレンズですね。
シグマさん、早くソニーFEマウントを出してください。
望遠は鳥やスポーツなど動き物を取ることが多いからアダプター噛まさず性能を存分に味わいたいです。

描写、AF速度、コスパについては大満足なのですが三脚座が無いのが残念です。
オプションで設定が欲しかったです。

400mmで三脚座が無いのは、手持ち撮影主体と割り切った仕様なのでしょうか? 70-300F5.6クラスは各メーカーとも三脚座が有りませんが三脚での使用、特に縦位置でのスローシャッターは厳しいところがあり非常に気を使って撮影してます。 400mmなら三脚座は欲しかったですね。一脚に載せた時の使用感も違うと思います。

三脚座があれば買ったかもしれません
是非欲しい


D750に付けて望遠スナップ用として使っています。
重さが気になるときはありますが、70-200f4Gとほぼ同じ全長のレンズで400mmまで使えることに満足しています。シグマのレンズは初めてでしたが、実に良い買い物でした。他のシグマレンズにも興味がわいてきました。
これが沼か…!

店頭で弄ってスイッチが緩いのが気になりましたが、
CPの高い魅力的なレンズですね

 青空背景の鳥の画像でかなりの周辺光量落ち、というか
中心部が円形に明るくなっているのが気になります、
データが234mmなので更に望遠となるとキツくなるのでは
と懸念します。
CANON EF28-300 f3.5-5.6 LとSONY FE 24-240mm F3.5-6.3 を
使用していますが望遠側で同様の周辺落ちとなるので望遠側で
空を多く入れたり雪景色を撮る時に躊躇います、大手カメラ店の
機材レビューを見ても広角の周辺落ちは良く記されていますが
望遠側については画質云々は記されていても周辺光量について
記されていないのですが、これはあまり気にされないのでしょうか。
広角からの高倍率ズームではやむおえないかもしれませんが
望遠ズームなので、クリアしてほしかった所です。

「ephotozine」にレビューが掲載されました。望遠側では100-400LⅡには及ばないようですが、中心部の解像が良好なので、APS-Cだと良い作品が残せるのではないでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年5月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE135mmのF値はF1.8になる可能性が高い?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが6D Mark IIの前にCinema EOS C200を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る