ニコン「28mm f/1.4E」「Fisheye 8-15mm f/3.5-4.5E」「10-20mm f/4.5-5.6G VR」の画像

軒下デジカメ情報局に、ニコンの3本新しい交換レンズの画像が掲載されています。

ニコンが今週中に3本の交換レンズを発表【画像追加】

 nikon_28f14_001.jpg

nikon_8-15_001.jpgbox01_img07.jpg※画像は軒下デジカメ情報局さんから当サイトに提供していただいたものです。

 

ニコンの3本の新レンズの仕様は、先日リークした情報通りですね。ニコンの新しいレンズのうち、28mm f/1.4と8-15mm f/3.5-4.5はナノクリレンズなので、高性能なレンズになりそうです。DXの広角レンズは、コンパクトで気軽に使えそうなレンズですね。

2017年5月31日 | コメント(12)

コメント(12)

8-15mmのフードとキャップがどんな形になるのか楽しみです。

フィッシュアイの後玉にフィルターホルダーの有無が気になります。ついていたら買ってしまうかもしれません

10-20 レンズのフォーカス部分が安っぽい。

10-20欲しかったけど、
格好よくないし、プラマウントみたいだし、
10-24からの買い替えを止めようか
悩んでおります。
フィルタ径はいくつなんでしょうか?

10-20mmは、実際安いレンズ(3万6千円くらい?)ですからね。安っぽいのは仕方ないかと。キャノンの10-18mmも同じような感じだし。

DX10-20mmは外観画像を見れば納得の価格ですね。

賛否あるかと思いますが、自分的にはこの割り切りは「アリ」です。

問題は写りですね。(当たり前のことですが。)

DX10-24mmは持っているので入れ替えというより手元に残して、ケースバイケースで使い分けかな。

タムロンの10-24mmという選択もありますが、NX-DでのRAW現像を考えるとニコン純正の方がいいし。

フィッシュアイがナノですか。
カッコいい。
28は王道の佇まいですね。
10-20は価格的に致し方ないクオリティでしょうか。
それぞれの描写サンプルが楽しみです。

キヤノンだと、先発で上位機種のEF-S10-22mmより、後発で普及価格帯の10-18のほうが解像力が勝っているといわれています。
ニコン10-20は、上位機種に対して価格以外でどのようなアドバンテージがあるのか気になるところです。
あと、広角手ぶれ補正はいいものですよ。

10-20は10-24から買い換えようかと思ったけど、作りは間違いなく10-24の方がよいですね
周辺がかなり改善されているのであれば買い増しを考えた方がいいかな?
fisheyeの写りは非常に気になる
けど保護フィルターつけられないから汚れたら直接レンズ拭くんですよね…
フッ素してあるのかな?

このフィッシュアイは興味ありますね。
ナノクリの逆光耐性は武器になりそうです。
FX/DX兼用のようですが、レンズ自体のサイズが気になります。
最近、個人的にはFX⇒DX思考で、80-400以外のFXレンズ、ボディを順次手放しているので、DX用として許容できるサイズなら購入したいです。欲を言えばDX専用レンズで出してほしかったですが。

一方AF-P10-20は他の2本のAF-Pレンズ同様コストパフォーマンスは高そうですね。現在DXの広角はトキナーの11-20を使ってますがいずれ買替えも視野に入りそうです。

28mm/F1.4はあまり、というか全く興味をそそられないです。

10-20mmはAF-Pと書いてあるように見えます。コンパクトP三元の完成でしょうか。もしそうなら、70-300同様に良く写れば、お散歩軽量セットとして、D5600あたりと持ち歩くには結構魅力的なレンズだと思います。

10-20、いいですね!D5600とドリブルズームセットが出たら買ってしまうかも。他のPレンズは割合に高性能なので楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年5月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマの最初のFEレンズは今年の夏に発表される?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る