シグマの最初のFEレンズは今年の夏に発表される?

SonyAlphaRumors に、シグマのFEレンズに関する噂の続報が掲載されています。

(SR5) First Sigma FE lens will be announced this summer!

  • シグマのFEレンズに関する噂の最新情報を得た。信頼できるソースが、最初のシグマのFEレンズは、今年の夏に発表されることを確認した。彼は、まだ詳細は教えてくれなかったが、以前の噂から次のことが分かっている。

    - シグマは2本のレンズを準備している。
    - 最初のレンズは35mm F1.4(またはF1.2)のAFのFEレンズと噂されている。
    - 35mm F1.4のサイズは、現行のツァイス35mm F1.4と35mm F2.8の中間。
    - 2番目のシグマのFEレンズの情報はまだ無いが、このソースは、ズームレンズかもしれないと言っている。

 

前回の噂では、シグマのFEレンズは今年中の登場と言われていたので、今回の噂通り今年の夏の登場だとすると、思っていたよりも早いですね。

噂のレンズのうちの1本は35mmとのことですが、ソニーのFE35mm F1.4 は35mmとしてはかなり大柄なレンズなので、より小型軽量のレンズが出てくれば、需要はあるかもしれませんね。

2017年5月30日 | コメント(16)

コメント(16)

今35mm購入を検討しているところですがSONY純正は価格と大きさで躊躇しています。
夏まで待ってから決めたいと思います。

やっぱりオールラウンダーの24-105mm(F4で充分、もし小型化できるならF4-5.6でもOK)がいいかな? たぶんSONYも計画しているだろうけどSIGMAが先に出したら買っちゃうだろうね…現在28/35/85/28-70mmを所有。

24-105 F4 を期待したいです!

シグマのレンズは性能と価格のバランスが合ってないですからね(褒め言葉)。
いくら高性能でも純正では高過ぎて手が出せないというユーザーは結構いると思うので、純正に匹敵若しくは凌駕する性能のシグマ製レンズが手頃な価格で発売されれば益々Eマウントは盛り上がると思います。

シグマはartラインなどでない限り純正の半値くらいで出してもらえると思うので、そうだとしたら需要はあります。質と価格のバランスの取れた製品、頑張ってほしいです。

ここはSONYが嫌がるかもしれない35mm f2の小型出して欲しい。
α7系をRX1にしてしまうのです。

α9のAF追従20コマ連写に対応出来るか気になります。ソニー純正でも一部のレンズに限られるのでシグマの35mmF1.4が対応してくれるとありがたいのですが。

是非70-200/2.8をお願い致します。α9で秒間20連写が出来れば、導入決定です。

小さく、軽く、暗めで良いのでシグマらしく画質の良い、安いレンズが出ると嬉しいですね。

24-105mm F4はソニーが純正で出しそうなので28-120(または135)mm F3.5-5.6といった便利ズームがお手頃価格で登場することを期待したいです。
またシグマもEマウントでフルサイズFOVEONセンサーで参入したら面白いサプライズだなと思ったりもします。

まず気になるのがFE専用設計なのかどうか。コストはかなりかかってしまいますが、将来を見据えて小型フルサイズミラーレスをスポイルしないサイズ感の専用設計を希望します。

今はArt35mm1.4をAFアダプタで使っているので、ファストハイブリッドが使えないです。これ(本体+アダプタ)より小さくて、FHAF対応なら、価格次第で即買いします。

今年の夏にアナウンスになると書かれているわけなので、実際に製品が市場に出てくるのは「今年中」なのでしょうね。
シグマは自社カメラ本体の開発をミラーレスへと舵をきったので、中期的な投資効果は期待できるとしてFEマウント参戦なのでしょう。
うがった見方をすると、将来的にはシグマから新規マウントのあり得るのか興味深いところです。
私も皆さん同様24-105 F4に期待してます。

35mmはおなかいっぱいかな
45mmや58mmなどの変化球が欲しいところです

35~40mmでパンケーキみたいなレンズを是非・・・

ライトさんの仰るようにEマウントのFOVEONボディーなんて出たら最高ですが、そうこうしているうちにいよいよFOVEONの特許も切れそうで、どうなることか、ですね。

シグマ自社のカメラでも、一眼レフ用のレンズを使うミラーレスのsd Quattroは、
マウントアダプターが一体になったような歪な形になってしまっていますし、現行のSAマウントがずっと維持されることは無いような気はします。

いずれにしてもフルサイズミラーレスのフランジバックで設計されたレンズは、
今度業界がどんな展開に向かおうとシグマにとって資産になると思います。ニーズに合った良いレンズさえあれば、必ず
ビジネス出来ると思うので。

35mmF1.2はインパクトありますが、f1.4やf2ならやはり小さくしてほしいですねぇ。
シグマの最近のモチベーションを見ると、最初はやっぱりドーンとArtで参入という気がしますが。

色々妄想は膨らみますが、何にしてもEマウントユーザーとしては楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年5月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンの3本の交換レンズの価格に関する情報」です。

次のブログ記事は「ニコン「28mm f/1.4E」「Fisheye 8-15mm f/3.5-4.5E」「10-20mm f/4.5-5.6G VR」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る