ソニーが国内で「FE 16-35mm F2.8 GM」と「FE 12-24mm F4 G」を正式発表

ソニーが、先日海外で発表された「FE16-35mm F2.8 GM」と「FE12-24mm F4 G」を国内でも正式に発表しています。

広角ズームレンズ2本を発売

  • ソニーは、35mmフルサイズ対応α[Eマウント]レンズの新商品として、大口径広角ズームレンズのGマスター『FE 16-35mm F2.8 GM』と、超広角ズームレンズのGレンズ『FE 12-24mm F4 G』を発売する。
  • 『FE 16-35mm F2.8 GM』 SEL1635GM:8月発売予定、希望小売価格は295000円+税。
  • 『FE 12-24mm F4 G』 SEL1224G:7月発売予定、希望小売価格は220000円+税。

 

ソニーの2本の超広角ズームは、国内でも海外と同時期に発売されるようですね。

国内の価格は、北米の価格を円に換算したものよりもかなり高価になっていますが、FE16-35mm F2.8 GM はキヤノンのEF16-35mm F2.8L III とほぼ同じ価格、FE12-24mm F4 Gは、シグマの12-24mm F4 Artと全く同じ価格なので、まずは妥当な価格設定と言ってよさそうです。

2017年5月19日 | コメント(3)

コメント(3)

12-24mmは純正(軽さメイン)にするか、シグマのモデル(MC-11•フィルムEOSでも使える)にするか迷う...
でもマウント交換の出来るシグマなら、将来的に発売されるであろうフルサイズFoveonで使えるから、自分にとっては非常に悩みどころ

かなり収益に貢献しそうな価格ですね。
このクラスのレンズを買い揃えるユーザーはいやがうえにも
ロイヤリティが高いものになりますから
レンズ拡充=ユーザー囲い込み=システムの地位確保
とメーカーの望む状況に近づいているのは間違いないです。
Eマウントの世界もついにここまで来たなと思います。

3月下旬発売のFE100mmF2.8STFが定価20万3040円で大手量販店のポイント引いた実質価格が約15万4000円なので、今回のFE12-24mmF4は定価税込23万7600円ですが、量販店の実質価格は税込19万円以下になるのではないかと思います。

FE16-35mmF2.8も定価は税込30万以上ですが、実売価格はそれより2割以上安くなるのではないかと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年5月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー「FE12-24mm F4 G」と「FE16-35mm F2.8 GM」の実写サンプル」です。

次のブログ記事は「オリンパスが海外の認証機関に新型ミラーレスカメラを登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る