オリンパスが海外の認証機関に新型ミラーレスカメラを登録

軒下デジカメ情報局で、オリンパスのミラーレスカメラの台湾とロシアの認証機関への登録情報が紹介されています。

オリンパスのエントリーミラーレスカメラが海外の認証機関に登録

  • IM006
    台湾NCC(審定證明編號:CCAK17LP0740T7)
    - ロシア(※リンク先画像認証あり)
    - 企業名:オリンパス株式会社
    - 製品種類:デジタルカメラ
    - バッテリー:BLS-50
    - 充電器:BCS-5
    - 商品構成:3種類(ボディのみ・EZレンズキット・ダブルズームキット?)
  • バッテリーがBLS-50なので、新シリーズでなければ「E-M10 Mark III」か「E-PL9」になりそう。

 

オリンパスが海外の認証機関にコードネームIM006というカメラを登録したので、近日中に新型カメラが登場するのは間違いなさそうです。

海外ではE-M10 Mark III が登場すると見られているようですが、E-PL9の可能性もあるのでしょうか。

2017年5月19日 | コメント(13)

コメント(13)

E-M10 Mark IIの後継だけど、E-M20という名前になるのかも^^

どこまでE-M1 Mark2の機能が盛り込まれているか楽しみです。
E-M1 Mark2min になることを期待しています。

E-PL9ってE-PL8出たばっかりですよね?
やっぱりM10 Mark IIIでしょうかね。
それかE-PMの復活も希望的観測。

EPL9 に期待!防塵防水つかないかなぁー。後はシャッター音消したい。

E-M10mk3だと予想しています

E-M1mk2で搭載された新しいセンサーと画像処理エンジンが載るかどうかが気になります
センサーが古い1600万画素でもエンジンが新しければ画質の進歩を期待

E-P6かE-P7、E-PM3を待ってます
GMに対抗できる大きさで、手振れ補正を搭載したものがあれば最高です。
買います。
でも、現実的にはE-M10MarkIIIなんでしょうね。

E-P5の後継はもうでないんでしょかね…
PEN-Fは別路線のイメージがあるので
純粋なPENの最新に期待したい
PLしかなくなったら、何にたいしてライトなんだって感じですし

EM-10mk2は高機能なコンデジ感覚で便利に使ってます。
mk3に自撮り機能が付いたら買い換えるかも。

>>E-M20...

OM20の不人気ぶりを見ると、ソレは・・・w
個人的には、E−M707でなければ問題ないんですけどねw

恐らくE-M10マーク3が妥当なんじゃないでしょうか?

恐らくセンサーはそのままで、AFや手ぶれ補正、UIのアップグレードだと思います。

M4/3の最初期ではファインダーレスのカメラが多かったですが、ハイアマやミドル以上のクラスを買う層は結局ファインダーが欲しい、ファインダーレスで後付けでファインダーが用意されていてもそういったカメラはあまり売れず、OM-Dシリーズが出てからは予めファインダー搭載型が好評で、ファインダーレスでも性能が高いE-Pxシリーズは後継機が出てきていませんね。
結局ファインダーレスのカメラはそこそこの性能でエントリーユーザーやサブカメラの立ち位置でしか商売にならないということでしょうか。
PEN女子を見かけなくなったというのも元々ちょっとしたブームに乗っかっただけの人が多かったか、OM-Dやよりグレードの高いカメラに移行したか。
この記事のカメラは順当に考えるとやはりE-M10Ⅲでしょうか。

E-M10mk3だろうなぁと思いつつ、E-PM3を密かに期待します。効果は弱めでもいいのでオリンパスの手振れ補正がついた小型ボディが欲しいです……。

E-M5mk3ってことはないんでしょうか?
M10mk2よりM5mk2のほうが先に出てた気がしますし、M5mk3が20MPになればM10mk3に下克上されることなく順当にCMOS置き換えが進みそう。

といいつつ、小型軽量重視のPENユーザーとしてはPM3やPL9のほうがうれしいんですが、PL8が出た時点で時間稼ぎっていうメッセージかな(^^;

連投失礼。。M5mk3をBLS-50にしたら、既存M5ユーザーに受け入れられないかもしれないですね。。
やっぱりM10mk3でしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年5月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが国内で「FE 16-35mm F2.8 GM」と「FE 12-24mm F4 G」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα9のダイナミックレンジはα7R II よりもかなり劣っている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る