ニコンD7500は素晴らしい画質だが「白を優先」のAWBが無いのが残念

ePHOTOZine に、ニコンの新しいDXのミドルクラスの一眼レフ「D7500」のレビューが掲載されています。

Nikon D7500 Full Review

  • ボディは強化カーボンファイバーモノコックで、金属は使用されていないにもかかわらず、極めてしっかりとした感触でクオリティも高い。ボディは640グラム(バッテリーなし)で、D7200の675グラムよりも軽くなっている。
  • グリップはD7200よりも深く、貼られているゴムの質感も改善されている。レンズマウントとグリップの間隔も広くなっており、ホールディングがより快適になっている。
  • モニタは金属製のヒンジが使用され頑丈に感じる。タッチパネルのレスポンスは、とても良好だ。
  • 光学ファインダーは、視野率100%で大きくクリアだ。アイセンサーが付いているので、ファインダー使用時はモニタが自動的にOFFになる。
  • スナップブリッジでは、2MPの画像か、または原寸大の画像を転送することができ、原寸大の画像を転送する場合は非常に遅い。アンドロイドによるリモート撮影は、順調に行うことができた。
  • 連写は、JPEGでは8コマ/秒でスローダウンまでに94枚、RAWでは8コマ/秒で41枚撮影可能だった。
  • ライブビューのAF速度はD7200と比べて改善されているが、それでもOVF使用時のような速さはない。
  • ノイズは最低感度からISO6400、ISO12800に至るまで低いレベルに保たれており、ISO25600も状況によっては使える。ISO51200ではノイズが多くなるが、色はまだ維持されている。ISO102400ではノイズが更に激しくなるが、色はまずまずだ。D7500はD500と同じセンサーを採用しているので、高感度性能はD500と変わらない。
  • オートホワイトバランスは蛍光灯下では良好で、蛍光灯のプリセットは若干色が傾く。白熱灯とミックス光源では、オートホワイトバランスはまずまず良好だ。残念ながらD7500には、D500に搭載されている極めて便利な「白優先」の機能が無い。この機能は、エントリーモデルのEOS 1300D(Kiss X80)でさえ付いている機能だ。
  • D7500を使えば、D500と同じ画質(このクラスでベストの高感度性能)をより安価でコンパクトなボディで得られる。しかし、白優先のホワイトバランスが無いのは残念で、これはフラストレーションが溜まる。
  • D7500のエルゴノミクスはD7200から改善されており、連写やライブビューなどの動作速度も改善されている。しかし、ライブビューを常用するなら、AFに少々がっかりするかもしれない。
  • 高感度をよく使用し、4K動画が必要で、ニコンのレンズ資産がある人なら、D7500は素晴らしい選択肢になるだろう。
  • 良い点:素晴らしい画質、素晴らしい高感度ノイズ性能、カメラ内RAW現像、Bluetoothによる画像転送、二軸電子水準器、8コマ/秒の連写、改善されたエルゴノミクス、3.2インチのチルト式タッチパネル、4K動画。
  • 悪い点:シングルSDカードスロット、白優先のホワイトバランスが無い、リモート撮影のアプリの機能が少ない、ライブビュー時のAFがライバルよりも遅い、Bluetoothによる原寸大サイズの画像の転送が遅い。

 

ePHOTOzineの評価は、コストパフォーマンスのみ4.5点で、その他の項目は全て5点満点という非常に高い評価になっています。

D7500は、カードスロットがシングルであることと、バッテリーグリップが使えないことを除けば、D7200から満遍なく進化していると言ってよさそうですね。ホワイトバランスの「白を優先する」は、ファームウェアの更新で追加できるものなら追加して欲しいところです。

2017年6月26日 | コメント(7)

コメント(7)

触ってきましたが、このカメラの本当の凄さはOVFでのAFの追従性ではないでしょうか?測距点はクラス並かもしれませんが、食い付き度合いは明らかに一クラス上、少なくともD500を除けばAPSセンサー一眼の中ではトップだと思います。特にオートエリアでの動体追従はかなり進化してると思われます。

元記事では
5つ星の『EDITORS CHOICE』獲得してるじゃないですか
これは凄いことですよ
D7500はこれからどんどん評価あがっていきそうですね

RAWで秒8コマでバッファが41枚もつのはすごいです。これならチャンスはバシバシ撮って、後から明るさやホワイトバランスなども気軽に調整できますね。

D500との差別化のために仕方ないとはいえ、ここまで良いカメラなのであれば余計にシングルスロットやBG廃止などのコストカットの部分が残念に感じてしまいます。惜しいなぁ……

Fマウントを使っていると、動画はともかくライブビューの静止画撮影でいまだ他社さんに遅れをとっているのが心配です。D750を使っているとチルト液晶がすごく便利で使い所が多いだけに、余計に気になってしまう。
ミラーレス機が出ればFマウント環境のライブビュー撮影は当然改善すると思いますが、その点も「レフ機のライブビューのAFはこのままで」と割り切る算段なのでしょうか…?現状では全て憶測に過ぎませんが。
Nikonなりの(D500の登場を踏まえた)D7500への性格付けは好印象です。でもライブビューだけは、「このままでいいのかなあ」と感じます。

D7500は決して悪いカメラではありませんが、やはりD500の存在に配慮している感が色々と伝わってきますし、D7200から削られている部分があるので今はまだ割高感が拭えないのが痛いですね。
あとニコンはライブビューに関してどういう認識なのか気になります。
しかし連写機なだけに縦位置グリップが用意されていないのは惜しく感じますね。

皆さんご指摘の通り、動画撮影時のAFが決定的な弱点になりそう。

自分はスチルメインだからあまり気にならないが、カメラに詳しくない友人にお薦めを聞かれたら、動画撮影への保険も考えて他社を進めざるを得ないことが良くある。

ニコ1で高速AFが実現できているのに1眼ではできない理由は何なのでしょうね?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2017年6月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ「12-24mm F4 HSM DG Art」は広角側は見事な性能だが望遠側は絞る必要がある」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS Kiss X7後継機のホワイト・シルバーボディの画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る