DxOMarkにシグマ「500mm F4 DG OS HSM Sports」のスコアが掲載

DxOMark に、シグマの超望遠単焦点レンズ「500mm F4 DG OS HSM Sports」のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 500mm f/4 DG OS USM S Canon lens review 

 テスト機は5Ds R   Sigma 500mm F4 Sports  Canon EF500mm F4L IS II 
DxOMarkスコア 30 31
解像力 29P-Mpix 31P-Mpix
透過 4.8T 4.5T
歪曲 0% 0%
周辺光量落ち -1.3EV -1EV
色収差 2μm 3μm

  •  シグマ500mm F4のスコアは5Ds Rで30、5D Mark IVで27、1D X Mark II で25で、キヤノンEF500mm F4L IS II にはわずかに負けているが、非常に近い結果だ。
  • このレンズは開放から均一性は非常に高いレベルで、解像力はF4からF8では全域で80%をわずかに下回る値だ。F11でも70%前後で、まだとても良好だ。
  • 開放では-1.3EVの強い周辺光量落ちがあるが、F5.6に絞ると顕著に改善し、F8では周辺光量落ちは見られなくなる。
  • 歪曲は見られず心配はない。色収差は極めて良く補正されており、色ズレは目立たない。
  • キヤノンEF500mm F4L IS II との比較では、シグマは非常に近いスコアで、歪曲や周辺光量落ち、色収差ではほとんど差はない。キヤノンは透過が4.5Tで少し優れているが、それほど大きな差ではない。
  • 解像力は、より低画素の1D X II や5D4のスコアで比較すると、全ての絞り値でシグマがキヤノンにわずかに優っているが、実写での差はほとんど無いだろう。どちらのレンズも素晴らしい解像力だ。
  • 50MP機の5Ds Rの解像力のスコアでは、キヤノンがわずかに優っており、これは開放時の解像力が若干高いためだが、ここでもその差は非常に小さく、F5.6からF11ではシグマとキヤノンの解像力は同等だ。
  • 画質に関しては、シグマ500mm F4は素晴らしい結果で、均一性が高く、歪曲や色収差の問題も見られない。周辺光量落ちはいくからあるが、それほど心配はない。キヤノンの500mm F4L IS II との差は、実写ではほとんど無いだろう。

 

シグマの500mm F4 Sports は、高画素機の5Ds Rのテストでは若干キヤノンに負けていますが、総合的には、ほとんど差は無いという結論のようです。

あとは、ここではテストされていませんが、超望遠では重要になるAFの追従性能が気になるところですね。

2017年6月 2日 | コメント(5)

コメント(5)

実際に使ってみましたが、素晴らしいボケと描写でした。これはフォビオンと組み合わせたいですね〜
AFと軽さはニコンのゴーヨンEの方が好印象です! 厳密な比較はしてませんが…

>超望遠では重要になるAFの追従性能

超望遠ならではの重要項目ですね。
価格が高くても、追従性能で選ぶユーザーがほとんでではないでしょうか。

高価な製品だけにAF抜けや突然のAF動作不良(以前A011を使っていたときはたまにありました)などの心配を考えると多少追い銭してでも純正というユーザーさんが多いのではないでしょうか。あとリセールを考えるとサードは純正にどうやっても勝てませんからね……

あと、以前言われていたフォーカスシフト問題もどうなのか気になります。

一月ほど使っていますが、箱だしそのままでも満足な画質です。
計測データでメーカー純正品と同等の画質と示されたのは所有者としていい気分ですね~
自分はNikonユーザーなのでFLゴーヨンとの比較も見たいですが。

AFについてですけど、初期設定のモードでブルーインパルスのアクロバット飛行を撮影してもピント抜けなどは無いですね。
正面から近づいてきて真上を通過するような場合でもしっかり追随できています。
TC-1401をつけて野鳥撮影もしますが、奥に飛んで逃げる鳥や斜めに横切る鳥も問題ないです。

当然純正レンズのほうが性能は良いのでしょうけど、100万円と60万円ですからね~

キヤノンII型に僅かな差でほぼ同等、先行レビューと同様の結果ですね。
この価格だと画質は明らかに差があるところまで行かないとセールス厳しそう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2017年6月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα9のノイズリダクションは指折りの性能」です。

次のブログ記事は「富士フイルムGF32-64mm F4のサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る