富士フイルム「XF50mm F2 R WR」は際立った性能でとても魅力的なレンズ

ePHOTOzineに、富士フイルムの中望遠単焦点レンズ「XF50mm F2 R WR」のレビューが掲載されています。

Fujifilm Fujinon XF 50mm f/2 R WR Review

  • このレンズは非常にコンパクトで、重さは200グラムととても控えめだ。フォーカスリングは適度な重さがあり、滑らかに回転するが、残念ながら、AF時にはマニュアルフォーカスはできない。
  • 解像力は、中央は、開放からF4まで際立った値(outstanding)、F5.6からF11では素晴らしい値(excellent)で、隅は開放からF11まで素晴らしい値(excellent)だ。このレンズの解像力は見事で、どの絞り値でも極めてシャープだ。

xf50f2_mtf_001.jpg

  • 倍率色収差は、カメラ内で自動補正されており、中央も隅もほぼ完璧だ。歪曲も自動補正され、-0.16%の非常に小さいタル型で、パーフェクトに近い。
  • 逆光では、コントラスト低下の兆候は見られず、フレアの問題も見られない。
  • ボケは、滑らかで満足行くものだが、とは言え、STFほど見事な滑らかさではない。
  • 価格は449ポンドで、ハイクオリティな単焦点レンズとしてはリーズナブルだと思われる。
  • XF50mm F2 R WR は、シャープで切れ味が良く、ボケは心地よく、コンパクトで防塵防滴仕様で、価格も比較的安価だ。このレンズは美しい造りで、テストの結果は際立っている。コンパクトで便利な、とても魅力的なレンズだ。
  • 良い点:際立った解像力、色収差が少ない、歪曲が少ない、フレアが少ない、美しい造り、防塵防滴仕様、価格が安価、コンパクト。
  • 悪い点:AFモードでマニュアルフォーカスができない。

 

解像力は開放から極めて高く、既にピークに近い性能が出ているようですね。サンプル画像でもシャープで色乗りがよく、ボケも綺麗で申し分の無い画質という印象です。ePHOTOzineの総合評価は満点で、ベタ褒めと言っていいですね。

2017年6月14日 | コメント(8)

コメント(8)

発売からすぐに買ったのですが、
全く良く写って安すぎると思ったくらいでした。
56mmはちょっと重いかな、という日にカバンに入れています。
23mm/f2との組み合わせは肩も凝らず最高ですね。

この二、三年、新しいレンズは高評価のものが多いですね。全体的に技術レベルが底上げされた感じがします。

AFモードで、マニュアルができない・・・?
AFでピントを合わせて、マニュアルで微調整っていうことなら、私やっていますけれどw
pro2、X-T2です。
描写に関しては、深掘りしていませんが、皆さんがおっしゃっているように、中望遠で小回りがきくレンズとして重宝しています。きちんと写してくれるので、遊べないような時などには必ず候補になります。

↑のフリコさまの言うような微調整は、気がつく限り、他のレンズでは出来た記憶がありませんが、このレンズではAFモードからMF微調整できるのでしょうか?

yatoyamaさん

フルタイムマニュアルフォーカスのことだと思いますが、私が所有する8本のレンズは可能ですよ?

↑こむぎおやじさん
手持ちのレンズを試しましたら、できました。

先週友人に借りて使いました。
XF50-140mmと取り比べしながら使っていましたが、コントラストの乗りが良く、逆光でもその力強さが伝わってくるようで、またボケも大変綺麗で、いやはやこれは銘レンズだなと思わされました。
買います、友人に嵌められましたねこれは。

ちょっとこれはやばいくらいのコスパですごい写ります。
touit50mmマクロ使ってますが、touit超えちゃってるんじゃないでしょうか。価格は半分なのに。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年6月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 6D Mark II には新開発の26MPセンサーが採用される?」です。

次のブログ記事は「ソニーα7 III にはα9のようなジョイスティックが搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る