ソニーα7 III は11月に発表、2018年の初めに発売?

SonyAlphaRumors に、ソニーの新製品に関する噂のまとめが掲載されています。

The rumor recap so far

  • α7 III:ソニーの次のフルサイズのEマウントカメラは、α7 III になるはずだ。このカメラの発表は、早くても11月、発売は2018年の早い時期になる可能性が高い。これまでに判明しているスペックは、24MP、4K、大幅に改善されたAF(α9と同じAFシステムかもしれない)だ。
  • コンパクトカメラ:ソニーは2機種のコンパクトカメラを認証機関に登録している。1つは2ヶ月前に登録された「WW620081」で、「WW6」のコードは通常はRXシリーズのカメラで使用される。2番目のコードは「WW173777」で、この種のコードはRXシリーズ以外のコンパクトカメラに使用される。
  • 135mm GM:2017年遅くから2018年の早い時期に発表される。F値は、まだ未確認だが、F1.8になると推測している。
  • 400mm GM:2ヶ月から4ヶ月以内に発表される。まだF値は未確認だ。
  • ツァイスのBatisシリーズとLoxiaシリーズ:次に登場するレンズのスペックは不明だが、少なくとも今年中にもう1つのレンズが登場するはずだ。
  • シグマのFEの35mm F1.4とFEのズーム:35mm F1.4の発表は2017年末まで延期された。2つ目のレンズは、ズームになるかもしれないが、35mmと共に発表されるか、後で発表されるのかは不透明だ。
  • フォクトレンダーのFEレンズ:40mm F1.2が2017年遅くに発売される。その後に、35mm F1.4も登場する。

 

ソニーの新製品や、サードパーティー製のEマウント製品は、秋から年末あたりにかけて登場する可能性が高そうですね。α7 III は、本当にα9と同じAFシステムが採用されるのか注目したいところです。

新しいFEレンズは、上記のレンズの他にトキナーからも登場するようなので、近日中にかなり充実しそうですね。

2017年7月25日 | コメント(28)

コメント(28)

α9と同じAF、連写コマ数アップは大歓迎ですが、そろそろ24MPは更新して欲しいですね。
α9の20コマは24MPでも仕方無いですが、今後のスタンダードは36MPからとするべきです。
24MPだとAPS-C時に辛いですし、6D2もそうですが各社今後のエントリーフルサイズは24MP以上を出してくるでしょう。
24MPがバランスが良いのはわかりますが、欲を言えば42MPをスタンダードとして欲しいです。

α9と同様のAFシステムとバッテリを搭載して、12コマ/秒程度の連写速度と
5~10秒分程度のバッファがあれば、普通は十分事足りると思います。
普及機クラスでそこまでくれば、もうAマウントからEマウントへ移行しても
良いのでは?とも思いますね。

あとは価格が問題ですけど。

α7S IIが動画対応を進化させて高額になってしまったので、
24MP据え置きであれば、α7 IIIでは、α7Sと同等の高感度対応を是非!
α7 IIの高感度対応版であれば、是非購入したいです!

機能がアップするのは大歓迎ですが
α7Ⅲは入門機だと思おうのでお値段最優先でお願いしたいですね。
α9のAFシステム採用で秒10コマ越えの連射でバッファ容量が充分にあれば買っちゃうだろうな。

α900がデビューした当時、24MPは嬉しかったです。しかし高解像度レンズがたくさん用意された今、プロの普段使いでも36MPやそれ以上が欲しいです。
日進月歩のデジタルカメラを考えると、プロと言えども神経質な超高級品を整備しながら使うより、若い写真家を中心に適価な多画素機を渡り歩く傾向が見られます。どうやって欲しい映像が得られるかということを、カメラが道具としての存在感より重視しているのでしょう。そう言った意味でも30万円台で超多画素機の登場が待たれていると思います。

値段が6d2同程度なら本気にマウント移行を考えます。
画素数、画質、連射はさほど気にしませんが、
バッテリー、ファインダー、操作性&ホールド、af性能と高感度(7r2くらいで)が改善されればいいな…
カタログ数値よりカメラとしての完成度をa9並にして頂きたい。

α7iii はバッテリーはNP-FW50のままかなぁ、NP-FZ100になるのかなぁ。

SDカードスロットはUHS-II になるかなぁUHS-Iかなぁ
スロット数は二つかなぁ、1つかなぁ

α9との差を明確に着けたいのか、部品の量産効果によるコスト削減を図るのかどっちなんだろう?

初値はボディ単体で18万円位かな。(α7II の初値と同等位)

α7ⅢのAFシステムに望む事は、α9と同様の-3EV対応です。
欲を言えばキリがありませんが、この点だけは是非お願いしたいです。

再び失礼いたします。
> バッテリーはNP-FW50のままかなぁ、NP-FZ100になるのかなぁ。

APSに小型軽量、フルフレームはそれなりのボリュームという棲み分けは如何でしょう? フルフレームを好むたちは撮影に情熱を注ぐ人たちと仮定すると、コンパクト化よりもタフなバッテリーを喜ぶと思います。そういったコンセプトづけをすると、機種選択にも迷いが無くなると思います。

αロメオさん同様24Mは更新してほしい。
24Mで発売なら進化が感じられない。
大きなプリントで展示するのでα7RⅡを買い足しになりそう。

24MPの据え置きは嬉しいです。α7シリーズはちゃんと棲み分けができているので、無印を使うユーザー(私)には高画素は必要無いと思います。
無印はフルサイズのエントリー機なので最重要役割はデザイン(操作性も含め)と低価格ですね。

AFの改良は楽しみですね。
α9の画面全体を縦横無尽に追跡するAF-Cは素晴らしいと感じました。あれがα7シリーズのスタンダードになるのであれば本格的にミラーレス時代の幕開けを感じさせます。
毎日使っているα7IIのグリップゴムが伸びてきたので、修理するかα7IIIを待つか迷うところです。
欲しいレンズも色々増えてきたのでユーザーとしては楽しい限りです。

RやSではないα7をソニーはどう捉えているのか、エントリーモデルとして特化するならα9と同じAFシステムというのは疑問ですし、前機種を併売する関係で只でさえ無印・R・SそのⅡ型と渋滞しているところにⅢ型がどういうカタチでラインナップされるのか、サードパーティのレンズ共々ますます充実する下半期に発表が待ち遠しいですね。

連射(Hi)のブラックアウトフリーはDRAM積層じゃないと無理で高くなるでしょうから、7IIIは裏面照射型で9程ではないまでもα99IIを超えるコマ速や連射(Mid)時にブラックアウトしないファインダーなんかを載せてくるんじゃないですかね?

画素数 24MP 時代は意外と長く続きそうですね。
4K, 6K, 8K を 16:9 から 3:2 に拡張したときの画素数が下記になるので

4K = 10MP
6K = 22MP
8K = 40MP

24MP は割とお手頃な解像度でこの上にするなら既存の 36MP となるけれど 42MP との差別化が難しくなるので・・・スタンダードラインの解像度は当分あがらないかも?

ちいさんが仰られている通り、
4K = 10MP =S
6K = 22MP =無印
8K = 40MP =R
でのラインナップは最適バランスだと思います。
甲乙付けられない魅力的なラインナップだと思います。

これ以上の高解像度を狙うのであれば、
中判システムでお願いしたいです。
中判システムでは、
25MP =S 究極のダイナミックレンジ
50MP =無印 バランスタイプ
100MP =R 超高解像
で展開して欲しいです。

モニタはチルトではなくて、3軸チルトかバリアングル。
RAWのロスレス圧縮および常時14bit記録可能などになれば、とても嬉しいです。

α7Ⅱもそのまま併売されるでしょうから価格帯としては初値25万くらいでしょうかね。
だとすると7Ⅱに9のセンサーだけ積むのが関の山かも?当然AFポイントや連写機能はゴッソリ減ってブラックアウトフリーなんかも出来ないのでは。

そろそろ7IIIにはサイレントシャッター搭載されて欲しい。。

気になるポイントは
実質27万円のα7R2との価格差。安いのか?高いのか?
AF性能
瞳AFのAF-C対応
です。
ライバルはα7R2ですかね?

最低限:タッチパネル サイレントシャッター バッテリーの改善 AF強化
ですかね
希望としては瞳AF-Cもつけてほしいですね。
価格は7RⅡと7Ⅱの間で23〜20万あたりですかねぇ

ソニーは新モデルを発売しても旧モデルを併売しますから、価格の安くなった旧モデルとあまり競合しないモデルを出してくるだろうと思われます。そうしなければ、安い旧モデルに市場が流れますから。だとすると、どこに魅力のある差別化ポポイントを置いてくるかが期待ですね。

A7M3の価格は25万前後が鉄板かと思っていましたが、A7R2が30万を割り込むところまで来ているんですね。
今までの併売スタイルを継続するのか、またはラインナップを一新するのかにも興味が出てきました。
A7M3には24MPの維持か、上がっても36MPくらいまでを希望します。
これ以上の高画素が必要ならばRシリーズがあるわけですし、現像などのマシンパワーも求められます。
無印シリーズは「エントリー機」の鏡になってほしい。

私は24MPでも36MPでも「それならそれで」と思って買いますが、購入対象が幅広いバランス型機なんで、分かりやすい点で向こう数年見劣りしないように36MPしといた方がいいんじゃないかと。
高感度や連射は高い派生機に任せても、解像度とか分かりやすい点は「敢えて抑える」はやめて最大公約数の方が売れるのでは。
同じ意味で縦軸チルト欲しい。
いずれにせよ秋発売ならもうハード仕様は決まってそうだし待つだけです。

自分はバッテリーをα9と同じにしてEVFをより良くしてくれるくらいでいいかな…
あれこれつけて値段が跳ね上がるのも困りますし7IIユーザーが買い替えるほどでもない感じの微アップデートで値段を抑えていただきたいです

個人的希望としては…
連写は5コマ/秒で構わないけれど、RAW+JPEGで50枚連続撮影できて欲しい。
位相差AFは点数は間引いてもいいけれどα9と同じ広さをカバーして欲しい。
バッテリーはNP-FZ100で縦グリはα9と共通で、SDカードスロットは1枚でいいけれどUHS-Ⅱ
これで20万は…無理かなぁ(^_^;)

waku (2017年7月25日 18:48)

高画素を希望される方がいますが、α7IIIと同時にα7RIIIも発表されますので


rも同時発表ってマジすか?

a7IIIの24MPは現状仕方ないかもと思います。
現段階、高画素はa7RIIの42MPだし、現状ここで36MP機をフルサイズ入門機として出すのは我々にとって美味しくとも、SONYにとってはあまり都合の良い話ではないんだと思います。

a7RIIIが出れば話は変わってくると思うので、36MP化された無印が登場するのはa7IVになってからと予想してます。

もしかしたら、意外とIVは早く出るかもですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年7月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがプロ・ハイアマチュア機の投入を予告」です。

次のブログ記事は「X-T2Sのボディ内手ブレ補正は富士の全てのXマウントレンズに対応する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る