リコーイメージングが認証機関に「RICOH THETA V」を登録

リコーイメージングが、インドネシアの認証機関PostelにTHETAシリーズの新型機「RICOH THETA V」を登録しています。

Postel (found via nokishita-camera

  • Postelの登録内容
    - 機器:デジタルカメラ
    - モデル名:RICOH THETA V
    - 製造国:中国
    - 登録日:2017年7月28日

postel_Ricoh-THETA V.png

ricoh_theta_4K_001.jpg

今年の4月にNAB SHOW 2017で開発発表された4K対応の新型THETAですが、認証機関に登録されたので、近日中に正式発表される可能性が高そうです。これまで製品名は未定となっていましたが、「THETA V」になるようですね。

なお、新型THETAの画像は、開発発表時に公開されたものです。

2017年7月28日 | コメント(5)

コメント(5)

待っていました。
今までの画素数では物足りなかった私にとって朗報です。
ぜひmicroSD対応でお願いします。
対応していたら即購入します。

全天球の撮影は、Insta360 Air ( https://hacosco.com/insta360-air/ )を使っているのですが、単体で撮影できるTHETAシリーズも興味はあるのですが、解像度が低いので見合わせていました。全天球カメラの理想は、8K/60fpsぐらい必要な気がしますが、4K対応のTHETA Vでどの程度まで満足できるか、他にもマイク性能とか納得できるなら購入の検討をしたいです。
新型のサンプル映像は、こちらのURLで確認できますね。
https://theta360.com/ja/next_theta/

4Kの360度動画程度ではもう驚かなくなってしまっている自分が恐ろしい。。。。

全周にはもう少し解像度とフレーム数が欲しいのが現実です。

あとは、それとは全く矛盾したことを言うようですが、DRが広くなって欲しい。

THETA Vは、長く使えそうですね。
このシリーズに大変興味があり
購入のタイミングをみていたのですが
いっちゃうかも^^。

改良してほしいところはまだまだ多いですね。
先日リコーさんに要望出しときました。
ファームアップや次世代(の次)モデルで何とかしてほしいなあ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2017年7月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがXF200mm F2の開発を続けていることを確認?」です。

次のブログ記事は「ニコンD850は通常の一眼レフで連写は8コマ/秒よりも速くなる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る