ライカが「ライカTL2」を正式発表

ライカが、24MPセンサーと4K動画機能を採用したAPS-Cの新型ミラーレスカメラ「ライカTL2」を正式に発表しました。

アルミ削り出しのミラーレスカメラ「ライカTL2」 (デジカメWatch)

  • ライカカメラジャパンは、ミラーレスカメラ「ライカTL2」を7月22日に発売する。ボディ単体の希望小売価格は税別25万円。カラーはブラックとシルバーの2色。
  • 従来モデルに比べ、起動時間の短縮、AF速度や操作レスポンス向上のほか、新たに4K動画記録や120fpsのハイスピード撮影にも対応。また、カメラの設定メニュー内がカテゴリ分けされ、目的の項目を見つけやすくなった。静止画のRAW単独記録も可能になっている。
  • これまでの動画記録ボタン(シャッターボタンわき)はFnボタンに機能変更。従来通りの「動画記録」のほか、「画像再生」と「EVFと背面モニターの表示切り換え」にも割り当てられるようになった。
  • デジタルカメラではまだ採用例の少ないUSB Type-C端子を装備している。マイクロHDMI出力端子も新搭載した。
  • 撮像素子は、有効2,424万画素のCMOSセンサー。最高感度はISO50000。連写性能はメカシャッター(最高1/4,000秒)で約7コマ/秒、電子シャッター(最高1/40,000秒)で20コマ/秒・連続29枚まで。

LeicaTL2.jpg

ライカTL2のスペックは噂通りで、旧型と比べるとセンサーが24MPに高画素化されたことや4K動画の採用、連写の高速化、AF速度やレスポンスの向上などが主な改良点のようです。外観は旧型からほとんど変更されていませんが、中身の進化は結構大きそうですね。

2017年7月10日 | コメント(1)

コメント(1)

初代のTで物足りなさを感じていた、AF速度、画素数、高感度耐性、RAW記録など、一通り改善されているようです。デザインも初代を踏襲して、余計なパーツを加えずにミニマルにまとめたのも良い点です。モニターのスペックは変わっていないようですが、タッチパネルの感度が改善されているといいですが。ようやくSummicron-T 23mmの真価が発揮できるのではないかと期待しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログ記事について

このページは、2017年7月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR を間もなく発表?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「ニコンが「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る