ソニーFE100-400mm F4.5-5.6 GM OSSはズーム全域で開放から非常にシャープなレンズ

Imaging Resource に、ソニーのEマウント用の超望遠ズーム「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」のフィールドテストが掲載されています。

Sony FE 100-400mm f/4.5-5.6 GM OSS Field Test

  • 鏡筒は非常に頑丈な造りで、GMasterの名にふさわしい品質だ。このレンズは、三脚座無しで1395グラムとかなり重いが、非常に扱いやすい。
  • フードが素晴らしい出来で、レンズによくフィットするだけでなく、スライド式の窓が偏光フィルターを使用する際に便利だ。
  • ズームリングは重さを調整することができ、自分には中間の重さが最適だった。いちばん軽くすると、レンズを下に向けたときにズームが自重落下する。
  • フォーカスリングは滑らかに回転するが、個人的には、滑らかすぎていくらか緩く感じる。MFで非常に正確にピントを合わせるのは難しいが、多くの人がMFで使うレンズではないので、大きな問題は無いだろう。
  • 解像力はズーム全域で素晴らしく、400mmでさえ画面全域で高い解像力だ。望遠ズームは、利便性と引き換えに画質に妥協が見られるものだが、このレンズはそのような妥協は全く見られない。
  • 100mmの等倍切り出し画像のサンプルでは、開放から中央も隅も非常に良好な性能であることが見て取れるだろう。400mmでも、開放からとてもシャープな画質が維持されているが、隅は100mmよりは解像力が低下する。
  • 周辺光量落ちは、非常に少なく、400mmよりも100mmの方が若干隅が暗くなるが、実写では、どちらの焦点距離でもほとんど問題はなかった。周辺光量落ちの性能は、開放でも素晴らしい。
  • 色収差はよく補正されている。テストでは若干の色収差が見られたが、実写では問題が起きるケースは少ないだろう。例外はサンプルのカイツブリの写真で、画面の隅で色収差とパープルフリンジが見られる。
  • 逆光耐性も素晴らしく、このレンズでフレアを出すのはかなり大変だ。太陽がギリギリ画面の外にあるようなケースでさえ、簡単にはフレアはでない。
  • AFはα7 II との組み合わせでは、ズーム全域で速く正確だが、400mmで非常に近距離の被写体で時々迷うことがあるのが唯一の弱点だ。α6500との組み合わせでは、AFはα7 II ほど速くないが、それでもなおAFは高速だ。
  • ソニーの100-400mm GM は極めてシャープで、非常に良好な性能だ。汎用性の高さと造りの良さ、光学性能と価格を考えると、このレンズはホームランだ。2500ドルは大金だが、もし買えるなら購入するべきだ。
  • 良い点:見事な造り、素晴らしい画質、良好な色収差の補正、便利なズーム域と素晴らしズーム機構、素晴らしい近接性能。
  • 悪い点:α6500との組み合わせでは非常にフロントヘビー、AFが近距離の被写体では遅い(特に望遠端では)、フォーカスリングがゆるい、三脚座が簡単に外れない。

 

ソニーの100-400mmは、望遠端でも非常にシャープで、色乗りもよく、ボケもズームとしては綺麗で、申し分の無い性能のレンズという印象です。

Eマウントでは、これまで超望遠域をカバーするレンズがありませんでしたが、このレンズが登場したおかげで、Eマウント機が、野鳥やスポーツ、航空機の撮影などの幅広いフィールドで活躍しそうですね。

2017年8月 5日 | コメント(20)

コメント(20)

α9だと2倍テレコン付けて800mmF11でも爆速AFで使えます。
野鳥撮影や野球撮影で歩留まりが減って、物凄く撮影が楽しくなりました。

大きな会社が本気を出すと短期間で本体、レンズともにずいぶん進化しますね。

今までキヤノンのII型を使ってました。軽量化の弊害が無いかと心配してましたが、ボケはキヤノンより綺麗だし、最短撮影距離も同じ。ピントリングは先端側で使いやすく、全てにおいてキヤノンより気に入りました。α9で使ってますがグリップエクステンションで十分バランスします。

このレンズとα9の組み合わせ、凄く画質もよくてAFも速くて気に入っているのですが9mほど先の電線に止まったカワセミにピントが来ないです。
MFに切り替えてピーキングでピントを合わせるとバッチリとれますが距離が変わる度にやらないといけなく、さらにそこからAFに切り替えると背景にしかピントが来ません。
レンズのボタン(フォーカススイッチ)に押している間MFを割り当てるとかなり使えるようになりますが手間が増えます。
他の一眼のレンズと同じようにピントリングを少し動かしたらマニュアルに切り替わってすぐにAFに戻るタイプでないと野鳥には厳しいです。
ファームアップで対応しないかな。
ミラーレスだからなのでしょうか?

〉ゆーとさん
それでは一眼レフに対して有利とは
言えないのではないでしょうか。

センサー面に近いので光を捻じ曲げて
斜めから周辺部に光を送れるとか。

>ねこさん

もちろん、そうですよぉ。
一眼レフでも同様に設計すれば良いだけの話です。
それをやるかどうかはマウント径に対する余裕、テレセントリック性を確保する為のコスト。
ユーザの求める画質。
などなど、鑑みて、各メーカさんが決める話でしょうから。
逆に言えば、Eマウントには余裕がないということです。

つまり、一眼レフに対して、有利ではなく、不利な面を、営業がうまーく、利点を話してくれただけですね。
一眼レフでも、必要なら同等以上のものを作れるという話です。望遠系なら、ですが・・(広角はやはり短フランジバックが有利と考えています)

余裕がないなか、キヤノンやニコンの同等レンズよりシャープなのは凄いですね
AFには少し課題がありそうですが

他社製の望遠レンズをアダプターで使用しても何ら問題ないんで、Eマウントに余裕が無く不利ってのは違う気もしますが…

問題点はやはりコントラストAFの為にフォーカス用のレンズを小型化する必要がある点だと思われます

光路上、センサー面に近いマウントは小さくできるのは当然のことですし、登場の時からフルサイズと言ってきたので、Eマウントに余裕がないということではないと思います。実際のレンズの性能や、bさんのおっしゃる通りマウントアダプターでの他社望遠レンズでの結果が物語っているのではないでしょうか。

正面から見てセンサーがマウントに隠れずに全て見える大きさだと、望遠レンズの設計が遥かに楽になります。

Eマウントはフルサイズには明らかに小さいので、レンズ設計はとても苦労しているはずですが、そんな中で高性能レンズを連発するソニーの技術者にはほとほと感心します。

マウント径が問題ならミラーボックスも問題の筈ですがそんなことは言われていないですし、5軸ボディ内手ブレ補正も搭載して問題ないのでマウント径どうこうというより、bさんの仰る「コントラストAFの為にフォーカス用のレンズを小型化する必要がある」という点がフルサイズミラーレスでの超望遠レンズの設計の難しさではないでしょうか。
一眼レフ用の超望遠レンズをフルサイズEマウント機に装着しても周辺画質に問題ありませんし、何にしても結果として問題なくこのようなレンズが登場しているので今後のレンズラインナップにも期待したいですね。

>>ライトさん
大口径レンズだと光束がミラーボックスでケラれますよ。キャノンの50mmF1.0や85mmF1.2とかで問題になってます。

Eマウントは内径が小さすぎて天体望遠鏡の直焦点ではケラレます。なので、超望遠レンズの設計は難易度高いかと。

望遠鏡はタカハシのFSQ-106です。

センサーの四角がマウントに隠れてしまうのはソニーだけで、このマウントの小ささはレンズ設計上非常に大きなハンデになります。平行光がマウントで蹴られてしまうわけですから。

訂正させてください。

❌「ソニーだけ」
◯「最近のマウントではソニーだけ」

古いマウントなら小さいのいくらでもありますから。

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1006/22/news034_2.html
「Eマウントでは、35ミリフルサイズのイメージャーには対応せず、APS-Cサイズまでに限定しています」

ソニーの技術者が、Eマウントはフルサイズ非対応だと言ってます。もともとAPS-C用だったマウントを無理やりフルサイズに流用したのだから、内径が小さいのは仕方がない。

マウントが小さいっていつも言われるけど、ニコンと同じですよ

問題はフランジバックでは無いでしょうか?

Fマウントは内径が小さすぎて、要求の厳しいフルのデジ一ではレンズ設計でえらい苦労しているようです。でもFマウントは、Eマウントと違って60年近く前に作られたマウントだから文句も言えませんがね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2017年8月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコン「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」はズーム全域で非常にシャープ」です。

次のブログ記事は「ニコンが9月22日のイベントの招待状を配布中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る