コシナがフォクトレンダー「ULTRON 40mm F2SL II S」を正式発表

コシナが、フォクトレンダーFマウント用のMFレンズ「ULTRON 40mm F2 SL II S」を発表しました。

フォクトレンダー「ULTRON 40mm F2」がリニューアル (デジカメWatch)

  • 株式会社コシナは、フォクトレンダーの交換レンズ「ULTRON 40mm F2 SL II S」を9月7日に発売する。希望小売価格は税別6万円。鏡筒先端部カラーの違いで、シルバーリム、ブラックリムの2タイプを用意する。
  • 「ULTRON 40mm F2 SL II S」はニコンFマウント用のMFレンズで、2012年から販売している「ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II N」の後継となる製品。CPU内蔵Ai-S仕様を継承しつつ、Ai対応以前のニコンカメラで役立つ露出計連動爪(いわゆる"カニ爪")も新たに備えている。
  • 光学系は、2002年発売の「ULTRON 40mm F2 Aspherical SL」から継承されているもの。
  • 最新バージョンとなる本レンズでは、ヘリコイドリングを繰り出し量の長いものに変更。レンズ単体で最短撮影距離25cm(最大撮影倍率1:4)の仕様とした。
  • 絞り羽根は9枚。フィルター径は52mm。最大径×全長は66.3×37.5mm。重量は260g。

 

新型のULTRON 40mm F2 は光学系は旧型から変わっていないようですが、最短撮影距離が従来の38cmから25cmに短縮されているので、使い勝手はかなり良くなりそうです。

また、新たにカニ爪が付いたので、ニコンの古いフィルムカメラを使用している方には、大いに歓迎されそうですね。

2017年8月17日 | コメント(15)

コメント(15)

ここ、こ、これは欲しいっ。旧型のカニ爪を探していたのですが、なかなか良品にめぐりあえなくて。。。
(初期型F2フォトミックに使えるぅ。。ぅれしい)
コシナさんありがとう!
※微妙にF5.6が爪の真ん中ではないような・・・気になります。

あれ?型番は2型ぽいですけど、今回ので3代目じゃないですか?
2型改みたいな感じでしょうか?
拘ってないので、どっちでもいいですけど。

旧型はFM2につけるならコレだなと思いつつ、
後回しになり結局購入していませんでした。

フィルムでも設計が新しい方が写りがいいんですし、
パンケーキまでいかずとも薄いので良いんですよね。
おまけに寄れる様になり、ますます欲しくなりました。

ヘリコイドやF値の色も純正のAiレンズみたいで、
より一層機械式のFマウントカメラに馴染みそうですね。
私は前のほうが好きです。

58mmの方は様子見でしたが、フルサイズにもDXにも、
スナップ等で使いやすいの画角、是非プライベートな撮影で使いたいです。

でも、コシナのNikonマウントの新製品が出た翌日には、
何故かNikonからカメラの新製品が発表されるんですよね〜?

気のせいかしら?

旧型ですが、絞るとフォーカスシフトが結構気になります。
ライブビューでピント合わせすると中心部はかなり良い解像をします、
甘めのレンズだと勘違いされてた方は再度ご確認を

だいぶんと全長が伸びたようですね。
ヘリコイドを延長して繰り出し量を増やして、その分レンズから前にフードの働きをさせるやり方ですね。
コンパクトさが若干犠牲にはなりますが、前モデルに付属していたクローズアップレンズが不必要になるんでしょうね。

デザイン的にはまさに所有している純正Ai改Nikkor HC-Auto50mmF2にそっくりです。
シルバーの被写界深度ひげの意匠が違う程度です。

でも、旧型のドーム型フードを含むコンパクトさがよかったのに、今度はフードも普通のやつになっちゃいましたね。

ウルトロン欲しいなぁ…と思ってるときにこのニュースは嬉しいですね。外観もグッドです。ただ、パンケーキではないのはちょっと複雑カモ……コシナの銘レンズリニューアルの予感なのでこの調子でカラスコとかもリニューアルされないかなぁ。と期待しちゃいますね。

これはカッコイイ!欲しい!
往年のニッコールを再現したスタイルが物欲を刺激します。
カニ爪付きの絞りリングや独特なデザインのヘリコイドなど、見てるだけで十分。
性能は求めません(言い過ぎ?) このデザインにほれてしまいました。

40mmSLⅡを持っていますが、デザインは、これが一番好きです。
今回のや一つ前のSLⅡNは、フォーカスリングがいかにもレトロな感じで、どうも、シックリ来ないです。

カニ爪にしても、現在、実際にカニ爪を使うカメラユーザーは、そんなにたくさんいるのでしょうか?
ニコンF3の時代でも、絞り直読窓がカニ爪によって暗いから、取り外す改造も行われていたくらいで、現在ならCPUピンで、絞り情報は、液晶表示だから影響ないかもしれないし、そうなれば、飾りだけのカニ爪ならば、無い方が良いとすら思ってしまいます。

まあ、オールドレンズ風の雰囲気が好きな方は、それが良いのでしょうが、私は、シンプルなSLⅡの現在所有モデルが一番好きです。

デジタルでも例えばNikon Dfユーザーからすればカニ爪は大歓迎ではないでしょうか。
本来ならこういうのをニコンから出して欲しいのですが。

私もMスクエアさんと同意見です。
フォクトレンダーはSLⅡ、ツァイスはZF.2で15ミリから135ミリまで全て揃えました。もちろん手持ちのニッコールは全て爪を外しています。
KE-48CやF3Pも現役で使っていますが、爪に関して困ったことはないですね。むしろ、不用意に傷をつける心配があったり、絞り値の伝達方法が爪・AI・CPUと三系統もあるのがちょっと嫌かもしれないです…。

オールドニッコールへのオマージュデザイン
第2段ということで、最短撮影距離を詰めて
実用度アップな仕様ですね。

今後の製品としては105mm2.5もしくは135mm2.8
のフード内蔵スタイルも希望多そう。
間を採って120mm2.8なんてスペックでも
良いかもしれません。

フォクトレンダーSLシリーズは
コンパクトで取り回しを重視したコンセプト
でモデルサイクルを長く継続するのが素晴らしいですね。

このシリーズ、完全にニコンユーザーに焦点を集中しましたね。

以前なら、EFマウントやKマウント、M42、YCマウントまで用意してたのに、やはりそこまでするコストメリットが薄いということでしょうか。まあ、新品フィルムSLRで入手できるのが事実上ニコンだけになってしまった以上(それも怪しいけど)、ほかのマウントを切り捨てるのは仕方がないのかな。

M42マウントでタクマーデザイン、なんてのも面白いのに(笑)。

DX向きの意味も込めて、20mmも出して欲しいです。

これはうれしい
オールドスタイルのレンズがかっこよいのでDfに合わせたいです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年8月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナがツァイスMilvus 1.4/35 の価格と発売日を発表」です。

次のブログ記事は「オリンパス17mm F1.2 PROは近日中に発表されるが2018年1月まで発売されない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る