ニコンFisheye 8-15mm f/3.5-4.5Eは見事な解像力で逆光耐性も素晴らしい

ePHOTOzine に、ニコンの魚眼ズーム「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」のレビューが掲載されています。

Nikon AF-S FISHEYE NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED Review

  • ズームリングは、適切な重さで、動きは大変に滑らかだ。フォーカスリングは非常に細いが、滑らかに動く。
  • フォーカシングはインナーフォカスで、超音波モーターによるAFは速く正確だ。最短撮影距離は0.16m、最大撮影倍率は0.34倍で、前玉からちょうど3インチの距離まで寄れる。
  • このレンズの解像力は見事で、8mmでは中央は開放(F3.5)からF16で素晴らしい値(excellent)、隅は中央とほとんど同じだが、F5.6とF8では、際立った値(outstanding)に達している。

nikon_8-15_mtf_8.jpg

  • 10mmの解像力は中央は開放(F3.8)からF16まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放(F3.8)からF8までとても良好な値(very good)、F11では素晴らしい値(excelennt)だ。

nikon_8-15_mtf_10.jpg

  • 12mmの解像力は、中央は開放(F4.2)からF16まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放(F4.2)では良好な値(good)、F5.6からF8ではとても良好な値(very good)、F11では素晴らしい値(excellent)だ。

nikon_8-15_mtf_12.jpg

  • 15mmの解像力は、中央は開放(F4.5)からF16まで素晴らしい値(excellent)で、隅は開放で(F4.5)は良好な値(good)、F5.6からF8でとても良好な値(very good)、F11では素晴らしい値(excellent)だ。

nikon_8-15_mtf_15.jpg

  • 倍率色収差は、ズーム全域で中央はゼロに近く、隅も1/2ピクセルを下回っており、良く補正されている。後処理での補正はほとんど必要ないだろう。
  • 逆光耐性は素晴らしく、コントラストの低下は見られない。
  • ボケは滑らかに見えるが、ボケの効果はごくわずかだ。
  • このレンズは性能の素晴らしさと、ズームによって2種類の魚眼レンズ(円周魚眼と対角魚眼)になることを考えると、価格は適切だと思える。大いに推薦する。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が良く補正されている、素晴らしい逆光耐性、エルゴノミクスデザイン、防塵防滴、1本のレンズで2種類の魚眼レンズ。
  • 悪い点:特殊なレンズで万人向けではない。

 

解像力は、広角端では画面全域で驚くほど高く、望遠側でも隅まで十分に良好な値で、魚眼としては非常に優秀ですね。実写では、シャープで抜けが良く色乗りも良好で、申し分ない描写という印象です。画角が広いレンズなので、逆光に強いのも魅力的ですね。

2017年9月 2日 | コメント(4)

コメント(4)

魚眼は頻繁に使うレンズではありませんが、他のレンズでは撮れない面白い写真が撮れるので一本欲しいですね。キヤノンとの比較が気になるところです。

Nikonサロンで貸し出してもらい撮りましたがすばらしいレンズです。
D850を予約したので後回しになりましたが、いずれ欲しいレンズです。


D2HでDXの10.5mmを使い始めてからはDSLRではこれ1本でフードを削り取ってフルサイズで使ったりしてきましたが,D850も出ることになったので思い切ってD810を下取りに出して8-15mmを購入しました。

画質は文句なしで12-24mmよりも便利なレンズキャップもあり1本でDXにも使えるズームなのでD500と一緒に持ち出す機会もありそうです。ズームになったことで使用機会が増えると思えばお買い得感があってとてもいいと思いました。

魚眼は初めて手に入れましたが、これハマります。
広角は14-24㎜や20mmしか持っていませんでした。

超広角とも違う魚眼、使い方にもよりますが面白い作品が撮れますね。
今は超広角ではなく魚眼を持ち出すようにしてます。

色も逆光耐性も素晴らしいレンズだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年9月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「X-Pro2に4K動画を追加する新ファームの近日中のリリースを確認?」です。

次のブログ記事は「XF200mm F2は1.4倍と2倍のテレコンに対応し2018年に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る