ソニーFE12-24mm F4Gは小型軽量だが開放から優れた解像力

photozone に、ソニーのEマウント用の広角ズーム「FE 12-24mm F4 G(SEL1224G)」のレビューが掲載されています。

Sony FE 12-24mm f/4 G (SEL1224G) - Review / Test

  • 鏡筒は高品質なプラスチック製で、造りは実に良好だ。フォーカシングやズーミングでレンズの全長は変わらないが、フードの内部でレンズが前後に動く。前玉が突出しているので、フィルターは装着できない。
  • ズームリングとフォーカスリングは滑らかに回転する。
  • AFはダイレクトドライブSSMで、静かで非常に速く滑らかに動き、動画にも適している。マニュアルフォーカスはバイワイヤ(モーターによる駆動)だが、メカは極めて精密で、機械式のフォーカスリングを恋しく思うことはないだろう。
  • 歪曲は、自動補正有効時は12mmで1%を下回っており、概ね穏やかだ。未補正のRAWでは、12mmで3.8%の非常に強いタル型だが、これはこのクラスの他のレンズと同程度だ。歪曲は14mmでは穏やか(1.41%)になるが、望遠端では再び大きくなり中程度の糸巻き型(1.86%)になる。
  • 周辺光量落ちは、自動補正有効時は12mm開放で1.8EVで、超広角レンズとしてはまずまず良好だ。F11まで絞っても、周辺光量落ちは1.2EVで、わずかしか改善しない。未補正のRAWでは、12mmと14mmの開放では、周辺光量落ちは3EVを超える極めて大きな値(12mm開放で3.47EV)で、F11まで絞ってもそれほど大きくは改善せず、2EVを超える値(2.68EV)だ。
  • 解像力は、中央は12mmの開放では際立った値(outstanding)で、周辺部はとても良好な値(very good)だ。隅はギリギリで良いの値(good)にとどまっているが、一番隅の部分は少し甘い。14mmは、12mmとほとんど同じだ。18mmはこのレンズのスイートスポットで、隅の解像力はとても良好(very good)のレベルに改善する。
  • 望遠端は、伝統的に広角ズームは弱いが、このレンズは、24mmでいくらか解像力は落ちるものの、F5.6以上に絞ればとてもハイレベルな解像力を維持している。高画素機のテストでは多くの超広角レンズが苦戦しているが、このレンズは非常にしっかりした結果を出している。
  • 倍率色収差は、12-18mmでは1.2ピクセル前後で、24mmではこれよりわずかに大きくなるが、この種のレンズとしては非常に良く補正されている。
  • このレンズは、一眼レフ用の同スペックのレンズよりもずっと小さく軽いが、妥協している部分は非常に少ない。鏡筒は軽量だが、造りへの影響は見られず、防塵防滴を含めてプロ仕様の造りだ。解像力は望遠端以外は開放から非常に良好で、色収差や逆光耐性もこの種のレンズとしては良好だ。周辺光量落ちは多少問題があり、自動補正に頼りたくなるかもしれない。歪曲の補正は完全ではないが、このクラスでは問題のない範囲内に収まっている。
  • FE12-24mm F4 G は、広角端を使いこなすのは難しいので、購入する前に、本当にこの画角が必要なのか確認した方がいい。しかし、もし超広角のパースペクティブが、まさにあなたの必要なものなら、何も考える必要はない。このレンズを大いに推薦する。

 

FE12-24mm F4 G は、このクラスの広角ズームとしては非常に小型軽量ですが、解像力はかなり優秀で、超広角では厳しい隅でも(望遠端以外は)開放からきちんと解像しているのは素晴らしいですね。

また、周辺光量落ちの大きさが指摘されていますが、これは広角端が12mmのレンズなので、仕方がないとことかもしれません。

2017年9月 3日 | コメント(4)

コメント(4)

このレンズ使っています。
確かに解像度は大満足です。
1635Zの全体の解像度と隅の甘さと流れに満足していなかったので、このレンズのデキにビックリしました。
AFも1635Zより確実に精度がよく、2470GMも所有しているので、1635Zは手放してしまいました。

魅力的なレンズですが、12mmの構図決定の難しさと、16-35と被ることから、なかなか手が出しにくいです。
一般には望遠端は35mmまであった方が使いやすいですから、本当に12mmや14mmの画角が使いこなせるのか、よく考えてから買うべきレンズですね。
とはいえ魅力的。

逆光体制はあまり良くないですが、このレンズは周辺画質も満足いき全域での解像力も高くて良いです。
ちなみに、たしかに12mmは難しいシーンが多いですが、建物内などで活躍してくれています。
α6000で使っているAPS-CのSEL1018を処分して、高角レンズはこれ一本にしました。

APS-Cでも超広角になるので、フルサイズボティーが無いのにレンズだけポチってしまいました。現在、配送待ち。
一般的にズームレンズは広角端がスイートスポットですが、記事によれば18mがスイートスポットという事なので、常時12mmや14mmの画角を使用する必要が無いとプレッシャーが減りました。
18mはウルトラワイコン(VCL-ECU1)で使い慣れた画角で、それでも不足を感じる場合が多いので購入しました。
APS-Cでは18mm相当以下にはならず、フルサイズボティーはα7IIIの登場待ちですが、なかなか出ないとα7RIIをポチってしまいそうで怖いです。ボディー沼です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年9月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「XF200mm F2は1.4倍と2倍のテレコンに対応し2018年に登場?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-E3・XF80mm F2.8・GF45mm F2.8の今週中の発表を確認」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る