富士フイルムが「GF45mmF2.8 R WR」とGFレンズの新ロードマップを発表

富士フイルムが、GFX用の新しい広角レンズ「GF45mmF2.8 R WR」と、GFレンズの新しい開発ロードマップを発表しています。

「フジノンレンズ GF45mmF2.8 R WR」

  • 富士フイルムは、「GFXシリーズ」用交換レンズ「GFレンズ」のラインアップとして、広角レンズ「フジノンレンズ GF45mmF2.8 R WR」を、2017年11月に発売する。
  • 非球面レンズ1枚とEDレンズ2枚を含む8群11枚構成とすることで、収差を抑えて高画質を実現。さらに6枚のレンズを動かすインナーフォーカス方式を採用し、撮影距離による収差変動も抑えている。
  • 高画質を維持しながら、最大径Φ84mm、全長88mm、490gと小型軽量化を実現。
  • 10か所にシーリングを施し、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を実現。
  • 希望小売価格は22万7500円(税別)

「GFレンズ」開発ロードマップの最新情報を公開

  • 富士フイルムは、中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ「GFレンズ」の開発ロードマップの最新情報を公開する。
  • 望遠単焦点レンズ「GF250mmF4 R LM OIS WR」:開放F値4、焦点距離198mm相当(35mm判換算)の望遠レンズ。
  • テレコンバーター「GF1.4X TC WR」:カメラボディと主レンズの間に装着することで、主レンズの焦点距離を1.4倍にする高性能テレコンバーター。「GF250mmF4 R LM OIS WR」に装着可能で、焦点距離を277mm相当(35mm判換算)に拡大する。

fuji_GF_roadmap_201709.jpg

GF45mm F2.8 は、中判用としては小型軽量の換算36mmのレンズで、非常に使いやすそうなレンズですね。店頭価格は、最安値で約19万9000円(税込)となっています。

また、GFレンズのロードマップには、初の本格的な望遠レンズが追加されており、このレンズが登場すれば、GFXの撮影領域が大幅に拡大されそうです。

2017年9月 7日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年9月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro」を正式発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「X-Pro2」「X-T2」「X100F」「X-T20」用の新ファームを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る