コシナが「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」を正式発表

コシナが、Eマウント用の大口径単焦点レンズ「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」を正式に発表しました。

コシナ、EマウントMFレンズ「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」(デジカメWatch)

  • コシナは、フォクトレンダーブランドのソニーEマウント交換レンズ「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」を10月に発売する。希望小売価格は税別13万5,000円。
  • 2003年に発売されたライカMマウント互換レンズ「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical」の流れを汲み、非球面レンズを用いた高性能化がなされているのが特徴。
  • MFレンズながらソニーEマウントカメラと通信する電子接点を持ち、Exifに撮影データを書き込めるほか、対応機種ではボディ側の5軸手ブレ補正を利用可能。
  • レンズ構成は非球面レンズ2枚を含む6群8枚。絞り羽根は10枚。最短撮影距離は0.35m。フィルター径は58mm。最大径×全長は70.1×59.3mm。重量は420g。

 

何日か前に噂されていた通り、コシナのNOKTON 40mm F1.2 が正式発表されました。価格は、ソニー純正の35mm F1.4の希望小売価格が22万円(税別)であることを考えれば、40mm F1.2で13万5000円はリーズナブルと言ってよさそうです。40mm F1.2は、MFレンズですが、電子接点が付いているので、使い勝手はよさそうですね。

2017年9月19日 | コメント(3)

コメント(3)

65mmマクロがすばらしかったので、これも欲しい。が、Loxiaの35mmがあるので、今回はパス。もう少し寄れたら買うのですが。

F1.2の世界を垣間見たい、そんなFEレンズですね。果たしてどんなイメージが描かれるのか楽しみです。

それなりに寄れますし明るくてコンパクトなので、つけっぱなしレンズとして良さそうですね。
初代のα7系につけるとバッテリー込でもF1.2で1kgを切る軽さなのは素晴らしいです。(IIでも1kg前後ですが)
ちょっと買ってみようかなという価格帯も良いですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年9月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンG1 X Mark III は10月中旬に発表?」です。

次のブログ記事は「DxOMark に「EOS 6D Mark II」のセンサースコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る