ヤシカがカメラ関連のティーザー動画を公開

Photo Rumorsで、ヤシカのいくつかのティーザー動画が紹介されています。

Yashica cameras are coming back to life?

yashica_teaser_001.jpg

yashica_teaser_002.jpg

動画に写っているカメラは、フィルムカメラのヤシカエレクトロ35のようですね。ティーザーの内容は抽象的で、具体的な新製品を示唆する部分はありませんが、ヤシカブランドのカメラの復活があるのでしょうか。

2017年9月16日 | コメント(18)

コメント(18)

ヤシカのブランドって、今どこのメーカーが持ってるんでしょう?
日本のメーカー?

ヤシカは海外資本に看板を貸しているんでしたっけ?
今後ヤシカとしてリリースされる製品が「日本の」ヤシカファンに歓迎されれば良いのですが…

SONYのa7からマウント遊びを拗らせ、今年とうとうヤシコンの139クオーツに手を出しました。今でも通じる(今だからこそ良い?)デザインで銀塩を楽しんでます。
流石にコンタックスブランドとは無縁かと思いますが、クラシック路線なら風格あるブランドとして復活できるのではないでしょうか。期待してます。

ヤシカ?中国企業かどっかにブランドネームを売却されませんでしたっけ?
日本企業がやるなら嬉しいニュースですが

ウィキによると下記のようになっているようですね
商標権を京セラ製カメラの販売代理店だった香港の企業、JNCデイタム・テック・インターナショナル株式会社に売却した

これはなかなか興味深いですね。素敵な映像とBGMです。一瞬写っているのはスマホにレンズをくっつけているような・・・
復帰してくれたら面白い展開が期待できます。楽しみですね。

ヤシカは京セラと合併して京セラオプテックとしてたはず…ヤシカの商標が上のコメントでもあるように中国企業にあるとしたら、当時の社員の気持ちは、どうなんでしょうか。

中国にブランド売却後、ホームセンターでも売ってるレベルのコンデジにヤシカネームが付いて残念でしたが
再び本格的なカメラを出してくれるなら朗報です。

新たに出すなら、ぜひ京セラオプティック(富岡光学)のレンズを使ってもらいたいですね。

ヤシカブランドのコンデジは
かなり以前にトイカメラ風テイストでちょっぴり売られてました。
500万画素クラスでしたが、再度参入でしょうか
コンシューマー向けの製品は日本のメーカーとライカとコダックがちょっぴり。
それ以外すべて撤退・壊滅していますのでこのタイミングは興味深いし、
ヤシカが撤退した有名ブランドに勝るような製品をリリースしたら凄いですね。

ディザー動画3に一瞬出てくるiPhone用アタッチメントレンズのことですかね?

商品紹介ページ
https://www.yashica.com/ourglory

商品販売サイト(1680台湾ドル)
http://www.pcstore.com.tw/mrbattery/M32317891.htm

アタッチメントレンズの開梱動画(上記のティザー動画よりも投稿日は遅いです)
https://www.youtube.com/watch?v=VH3-kchLJvI


マイクロフォーサーズサンニュウとか!

ないですかね笑

アタッメントレンズでも結構ですのでトミノン(富岡光学)レンズだとプレミアム感満載で嬉しいですね。富岡光学製のヤシコンレンズを愛する者としての願望です。

CONTAX-Gシリーズの復活を望みます。
デジタルでホロゴンが使えるようになると嬉しいのですが。

ヤシカブランドの中華コンデジ(赤外線撮影可能!)を持っていますが、メニュー表示の漢字が中国の漢字っぽいです(^^;
ぜひ日本の会社がヤシカブランドを取得して、日本製のカメラを作ってほしいと思います。

戦略として、懐古主義に活路を見出すのでしょうか。。
興味深いところではあります。

YASHICAブランドを使ったスマホ用のマクロとワイドのアタッチメントレンズですね。
なんか複雑な気分です。

京セラ岡谷工場の元コンタックス関連の社員の方に聞いたことがありますが、京セラ自体はヤシカ・ブランドを買い戻そうとしたのですが、一部のカメラ嫌いの役員が抵抗してポシャったそうですよ。
買い戻したという話は聞かないので、まぁ、中華でしょうね。

撮影素子は、まぁそんなに大きくなくて良いのですが、かなり明るい単焦点で、EVFが着いて、レンズシャッターでマニュアルフォーカスで、アタッチメントレンズがついて、要はヤシカエレクトロのトイデジ版みたいなのが欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2017年9月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが海外で「FDR-AX700」など3機種の4Kビデオカメラを正式発表」です。

次のブログ記事は「ニコンがミラーレス機を投入するならフルサイズになる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る