「フジカラーREALA(リアラ)」が未来技術遺産に登録

富士フイルムが1989年に発売したカラーネがフィルム「フジカラーREALA」が国立科学博物館によって未来技術遺産に登録されています。

カラーネガフィルム「フジカラーREALA」が未来技術遺産に登録 (デジカメWatch)

  • 富士フイルムは9月5日、同社が販売していたカラーネガフィルム「フジカラーREALA」が独立行政法人国立科学博物館により重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)に登録されたと発表した。
  • フジカラーREALAは世界で初めてとなる「第4の感色層技術」を導入し、1989年2月に発売。人間の眼の光応答理論などの研究により、従来は困難だった紫や黄緑といった微妙な色の忠実再現を目指した。これにより写真の色再現性を飛躍的に向上させた点が、今回の登録において高く評価された。

fujicolor_reala_001.jpg

富士フイルムのREALAは様々な技術を盛り込んで開発されたフイルムで、当時は大いに話題になりましたね。今では後継のREALA ACEも発売中止になってしまいましたが、未来技術遺産に登録されたということなので、「フジカラーREALA」の名前は末永く残りそうです。

個人的には、富士フイルムのネガフィルムでは、ISO400にもかかわらずISO100並みに微粒子だったスーパーHG400も印象的でした。

2017年9月12日 | コメント(9)

コメント(9)

これを機に、リアラ・リアラエースとかを富士のフィルムシミュレーションに入れて欲しいです。ポジ側は充実してるけど、ネガももうちょっと増やして欲しい…。

リアラは名前のイメージが良かったと思います。
しかし実行感度32の低感度で使いにくいにもかかわらず爆発的に売れたベルビアが好きでした。

リアラ、ほんとに懐かしいですね。もちろん大好きでした。

富士はほんとにすごいと思う。フイルムの売上が壊滅的になったのに、化粧品を売ったり、デジカメでも独自のポジションを築いているし。Xシリーズにボディ内手振れ補正が付いたら買わない理由はいよいよなくなりますね。

粒子がとても細かくて、濃淡は優しいのに色はしっかり出る印象のネガフィルムでしたね。

リアラ
ベース面の色が従来のカラーネガの
オレンジ色と違って面食らったのも
昔の話になってしまったなぁ。

学生時代、Fujifilm の現像所でアルバイトしていました。
リアラは「リアラ仕上げ」として一手間かけて高品質のプリントをしていました。
フイルムシミュレーション出たら面白いですね。

当時コニカの「インプレッサ」とフジの「リアラ」どっち使おうかななんて悩んだ記憶を思いだします。

でも遺産と言うならばリバーサルフィルムの「ベルビア」の方がインパクトが大きくこれも入れて欲しいです。
あの鮮烈な発色はコダクロームや当時のエクタクロームとは考えられないフィルムでしたから。
(と言ってもコダクローム64・エクタクロームE100Sが好きでした)

人物撮るとき、よく使いました。諧調豊富で立体感があったと思います。

リアラといえば…。

もう20年近く前のこと、姉が成人式を迎えました。
カメラが好きだった私に、母が「記念写真を撮ってあげてくれない?」と依頼。そのころ思春期だった私は、母にも姉にも反発ばかりしていました。そんな私にあえて撮影を頼んだ母は、母なりの意図があったのかもしれません。

当の私は、そっけなく「いいけど」と答えたものの、内心は頼まれたことが嬉しく思っていました。

そんな私が選んだのがリアラ。
高かったけれど、おこづかいで買いました。

撮影当日。着物を着た姉をニコンFAのファインダ越しに覗く。
「笑って」のひとことも言えず、ほとんど黙ってシャッターを切りました。

姉もぎこちない笑顔。

現像から帰ってきた写真は、緊張のためかやはりブレていました。


でも、いまも残るその写真は、わたしの記憶と同じくらい鮮やかに、当時のことを映してくれていました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年9月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの「ゲームチェンジャー」はRXシリーズの新型機?」です。

次のブログ記事は「ソニーがDSC-RX10M4を正式発表 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る