ライカとZenitがフルサイズミラーレスカメラを共同開発?

Leica Rumors に、Zenit(ゼニット)とライカの協業に関する噂が掲載されています。

Rumors: Zenit to work together with Leica

  • ロシアのカメラブランドZenitの復活に関する最初の噂が流れ始めたのは、昨年の2月だ。その数ヶ月後に、Zenitの新しいレンズ群の噂が流れ始めた。2017年8月に、Zenitはフルサイズミラーレスのデジタルカメラを2018年に発売することを計画していると発表している。

    当初、Zenitはソニーと協業していると推測されていたが、ロシアのサイトでZenitはライカと協業してLEICA SLに似たフルサイズミラーレスデジタルカメラを開発していることが示唆されている。

    この開発は非常に興味深いもので、なぜならば、数週間前にライカの51%を所有しているアンドレアス・カウフマンがZenitに投資している(さもなければ、一部を買収している)という情報を入手しているからだ。

 

Zenit(ゼニット)ブランドの復活の噂は以前から流れていましたが、どうやらライカと共同でフルサイズミラーレスをリリースする計画のようですね。ライカがZenitに投資しているようですが、今後、ライカとZnitブランドがどのような関係になるのか興味深いところです。

2017年9月17日 | コメント(4)

コメント(4)

LeicaMシステムとは、別マウント規格のカメラを出してくるんでしょうか。おそらくはオートフォーカスなんでしょうね。

ゼニットなんだから、ライカの安価な類似品になるんじゃないかな。
Mデジタルの半値とか、競合が心配ならLマウントでもいいな。

ライカSLに似た、と記事にある通りなら、レンジファインダーの無い普通のミラーレスじゃないでしょうか。お値段が気になりますが。

LeicaマウントでLeicaMの撮像素子を採用してくれると
嬉しいです。カバーガラスが極薄と言われているので、
いろんなレンズが使えることを期待しています。
かつ機能が少ない廉価版で。
EVFのみ連動距離計なし。
LeicaマウントにつきAFなし。
当然ながら絞り優先AEとマニュアル露出だけ。
連写、動画不要。
背面液晶もいらないくらい機能メニュー削減して。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年9月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムXF8-16mm F2.8 は2018年の中頃に発売?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M10 Mark III はユーザーインターフェースの改善で使い勝手が良くなっている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る