ヤシカの3つ目の動画のカメラはこれまでのカメラとは別物

Photo Rumors に、ヤシカの新しいティーザー動画に関する考察が掲載されています。

More on the upcoming "unprecedented" Yashica camera

  • 以下は、ヤシカから10月に登場すると噂されている「前例のない」新型カメラに関するいくつかの考察だ。
  • YouTubeで公開されたヤシカの最初の2つのティーザー動画に登場したレンジファインダーカメラは、3番目の動画に登場したカメラと同じものではない。最初の2つの動画のカメラは、ヤシカエレクトロ35GSNだ。最新の動画に登場しているカメラは別物だ。

    - ホットシューの高さが高く厚くなっており、前の部分が塞がっている
    - シャッター周囲のレバーが少々ラフに見える
    - YASHIKAのロゴが合成皮革の上ではなくトッププレート上にある
    - 中央の窓が長方形ではなく正方形
    - レンズ前面の文字がレンズの中心に近い
    - 右下の文字列がGSNよりずっと大きい
    - カメラが少し小さいかもしれない

    以下は、このミステリアスなカメラの画像だが、残念ながら画質はとても悪い。

yashika_camera3_000.jpg

yashika_camera3_001.jpg

yashika_camera3_002.jpg

3番目のティーザー動画に登場しているカメラは、これまでの動画に登場していたカメラよりも一回り小さく、確かにヤシカエレクトロ35とは別物のようですね。エレクトロ35のデザインを取り入れた、新型のコンパクトカメラなのでしょうか。

2017年10月 1日 | コメント(11)

コメント(11)

うーん、なんかトイカメラに見えますが・・・・。

セレンやCdS露出計内蔵の、レンズシャッター・レンジファインダー機。こんな昭和40年代の国民的カメラスタイルが、今となっては懐かしい。ヤシカエレクトロ35は、他社競合機よりかなり大きなカメラで、重量もありました。今ならもっとコンパクトにして当然ですね。

動画途中に出てくる「10月17日 Kickstarter」というクラウドファンディングから何かのサプライズがあるという意味深なティーザー動画ですね・・・
トイカメラではなく、ちゃんとした?デジカメだったらちょっとした旋風かも。レトロではない温故知新を期待します。

まさかとは思いますが、フィルムカメラだったら驚きますね。
昨今の銀塩ブームでKodakも以前のフィルム銘柄を復活させるみたいですから。
でも販売台数を考えたらそれは無いか…
きっとエレクトロ35風のデジカメでしょうね。

フィルム機、久々に出てくるのでしょうか

最初の動画はElectro35径だけど2回目からは横幅がが小さかったので、
何かなと思ったけど今回のと同じだったね。
サイズはFUJI/X100位な感じか。
ホットシュー部分は大きいので外付けEVFが付くのかもしれないが、
このままではちょっとバランス悪くて大きすぎだね。

でも、なんか巻き上げレバー風のもあるし、左端にファインダーみたいのもあるから、
フィルムをセンサーに変えたような思いっきりの事をしたら面白いけど。

うーん、背面液晶もないし、デジカメではないと思います。
いまどき「フィルムRF機」ということでクラウドファンディングでの資金集め>製造はありだと思いますが、このティーザーにみられる仕上がりではちょっと手が出せないかな。

オリジナルのエレクトロ35はかなり頑丈な躯体をしたカメラで、重量もあります。今ならほぼプラで製造できると思いますが、安っぽくなってしまうとちょっと、ねぇ。
せめてオリンパスXAとかレベルのクオリティは欲しいところです。

ヤシカといっても、京セラが商標権を買い戻したようではなく、商標権を買ったのみの技術も継承していない会社が作るので、どうなのかなと思います。デジタルカメラとしては無難なものは作れると思いますが、もしこれがフイルムカメラだったら、有名どころ以外どこが作れるんでしょうかね。
まあ、いずれにしてもこれはヤシカであって、ヤシカでないカメラですよね。

なんとなく、キヤノン・デミに似てますね。皆さんご指摘のように、これはフィルムカメラなのかもしれませんね。

レンジファインダ-機だったら中国メーカーでもそこそこのものは作れるでしょう。デジカメ全盛になる前に日本からかなり技術流出がありましたからね。これは流出というと言葉が悪いけど、自分の作りたいカメラを作るために大手メーカーを辞めて中国に会社を立ち上げ夢を実現しようとした人を知っています。

スマホをモニター代わりにすれば外観的には完全に銀塩カメラを装ったデジカメなんてのもありえますね。

このレトロな外装でデジタルカメラだったら面白そうですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2017年10月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM はコストパフォーマンスに非常に優れたレンズ」です。

次のブログ記事は「Zenitの新型カメラはライカM9ベースのフルサイズミラーレス?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る