ライカのEVF搭載の新型ミラーレスカメラは「LEICA CL」?

Leica Rumors に、ライカの新しいAPS-Cのミラーレスカメラに関する噂の続報が掲載されています。

The rumored new Leica mirrorless camera could be called "Leica CL"

  • 既に噂が流れているコードネーム「CLooney」と呼ばれているライカのLマウントのEVF付きのミラーレスカメラは、実際には「LEICA CL」という名称になるかもしれない。

    このカメラは、今年の終わりまでに正式発表されると予想している。この新型機の製造国はドイツで、インドネシアの認証機関には7323というコードネームで登録されている。センサーは、TL2と同じ24MPのAPS-Cだと噂されている。

    新しいLマウントレンズとアダプターも発表されると噂されているが、この発表はたぶんカメラより後になるだろう。ライカからは、既にフィルムカメラで同じ名称の「CL」というモデルが70年代に登場している。

 

ライカのEVF搭載の新型APS-Cミラーレスカメラは、TLシリーズの派生モデルではなく、LEICA CLという別シリーズになるようですね。LEICA CLのスタイルが、TLシリーズのような箱型スタイルのままなのか、それともSLシリーズのような一眼レフスタイルになるのかが気になるところです。

2017年10月20日 | コメント(9)

コメント(9)

MマウントでLレンズも使えるようにするなら話は分かりますが…
なぜLマウントのカメラにするのでしょうか?
コシナでさえ最近はMマウントとソニーEマウントなのに。
あえてLマウントにするなら、バルナックライカのサイズに収めてほしい。
あのボディの薄さやほどよい横幅や高さはとても好きです。

ここでのLマウントは、スクリューマウントではなく、TLマウントの事だと思いますよ

Leica rumorsにヴィンテージレンズ蘇生の噂が載っていますが、バルナックライカのデザインのLeica TLシリーズが出てきたら嬉しいかも。IIIf使ってます。

新型Lマウントレンズと(マウント)アダプターが出るというウワサがあるということは、新型カメラCLのマウントは、それが利用可能な「M」マウントかもしれませんね。

ライカのミラーレスシステムも
ソニーのようになっていくようですね。

交換レンズの拡充にも期待しますが、
SL、TL用レンズをLマウントとしたのは残念なことでした、
販売現場ではスクリューマウントと誤認されて
混乱しています。

SLやTLのことをLマウントと呼ぶのは知らなかった

スクリューマウントのレンズをLマウントと呼ぶのは日本だけだと何かで読んだのだけれど、そうだとしたらライカがSLやTLのマウントをLマウントと名づけても混同しているのは日本だけかもしれないですね、
SLとTLが同じマウントなので新しいCLも同じマウントでしょう。 何にしてもAPSでEVF付きのカメラが出るのは楽しみです。

L39のスクリューマウントをLマウントと言うのは日本だけ

度々すいません。手持ちのTLレンズの説明書にライカLマウントと記載されてました。Tマウントじゃないんですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナが「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーはより焦点距離の長いEマウントの望遠レンズを開発する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る