コシナが間もなく「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」を発表?

軒下デジカメ情報局に、フォクトレンダー「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」(NOKTON 40mm F1.2 AsphericalのMマウント版)の画像が掲載されています。

 ・フォクトレンダーの「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」の画像

  • フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM
    - マウント:ライカMマウント互換
    - 予約開始日:2017年10月19日

nokton40mm_vm_001.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから当サイトに提供していただいたものです。

Eマウント版の「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」は10月5日に発売されたばかりですが、ライカMマウント版の「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」も間もなく登場するようです。Mマウント版は、Eマウント版と比べるとデザインがかなり変わっているようですね。

2017年10月19日 | コメント(7)

コメント(7)

コシナさん攻めますね。絞り方向もライカと同じ向きになって使いやすいことでしょう。作例でも味のある描写が良いですね。ただいつも感じるんですが距離目盛に10は欲しいです、また深度目盛りがEマウントは2始まりですがMマウントは4始まりなのですね。解放が1.2なんでもう少し頑張って刻んでもらいたいです。ブライトフレームは40ミリの場合50、35どちらが出現するのでしょう。40ミリという焦点距離、味のある描写 とても気になるレンズの出現です。

値段が3倍くらいになるでしょうから、40mmF1.4とどの位違うのかがまず見てみたいですね。

確実なウワサは聞いていましたが
予想より早い発売です。

しかしコシナは40mmにこだわりますね
自社ボディが無くなってもMマウントレンズを
供給する姿勢は良いですが
Mマウントの50mm1.4を出すのはいつでしょうか?

値段やスペック次第で50mm F1.1と悩むことになりそう。サイズは少しあちらより小さいかな。
個人的には空席になっているCarl Zeissの50mm F1.4が出たら嬉しいなと思うけど。

ソニー版の40mmF1.2は購入しましたが、素晴らしい描写だと思います。ただあまり売れていないようなので、コシナさんにはもっとたくさん売っていただいて、これからもいい商品の開発をしていただきたいです。

Mマウントのレンズを出してくれることが素晴らしいと思います。この勢いでベッサデジタルを出したくれたら最高なんですが…
出ないですかね〜

併せて発売される、
金魚鉢ファインダーが、とても気になります。

他の画角の外付けファインダーも順次発売されるとイイな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年10月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがX-A5を開発中?」です。

次のブログ記事は「ソニーが10月25日から始まるPhotoPlusの前に記者発表を行うことを確認?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る