富士フイルムがX-A5を開発中?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-A5(X-A3後継機)に関する噂が掲載されています。

Fujifilm X-A5 is Coming

  • 富士フイルムのX-Aシリーズは、タイなどのアジアのいくつかの国々では、信じられないほどの人気機種で、キヤノンやニコンを含む、どのレンズ交換式カメラよりも良く売れている。

    現行のX-A3は2016年8月25日に発表され、跳ね上げ式のモニタと像面位相差AF非搭載の24MPのベイヤーセンサーが採用されている。

    現在、富士フイルムはX-A5を開発している。X-A5のスペックは分からないが、像位相差AFが搭載されたら素敵だ。X-A5は、富士フイルムが認証機関に登録した2機種のカメラのうちの1つかもしれない。

 

X-A2からX-A3へは約1年半でモデルチェンジしているので、モデルチェンジサイクル的には、X-A5が近日中に登場してもおかしくはありませんね。

現行のX-A3は、アジアの一部の国ではニコンやキヤノンのカメラをしのぐ超人気機種ということなので、X-A5は、あまり冒険せずに正常進化モデルになるのでしょうか。

2017年10月18日 | コメント(1)

コメント(1)

象面位相差センサーに加えてX-T2後継機で噂されるボディ内手ぶれ補正も搭載されれば、エントリー機の代名詞であるオリンパスE-PLシリーズの牙城を脅かせる存在になるかも。
私もカメラを始めたいと思っている人に安心して奨められます。
それだけでなく、ベイヤーセンサーは変わらないでしょうからX-Transセンサーは好きじゃないけど富士の色が欲しい人にも朗報になりそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが「Milvus 1.4/25」を正式発表」です。

次のブログ記事は「コシナが間もなく「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM」を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る