ライカが「ライカCL」と「エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」を正式発表

ライカがAPS-Cのミラーレスカメラ「ライカCL」と「エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」を正式に発表しました。

EVF内蔵のAPS-Cミラーレスカメラ「ライカCL」 (デジカメWatch)

ライカCL

  • ライカカメラジャパンは、ライカTLシステムと共通のAPS-Cフォーマットを採用するミラーレスカメラ「ライカCL」および交換レンズ「ライカ エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」を12月に発売する。希望小売価格はライカCLボディが税込36万7,200円、エルマリートTL 18mmが税込15万6,600円。
  • ライカCLは、新たにEVF(236万ドット・0.74倍・アイポイント20mm)を内蔵し、ダイヤル類の操作性も充実している。カメラ上面には128×58ドットのモノクロ液晶パネルも搭載し、操作に応じて撮影モード、絞り、シャッター速度、ISO感度などを表示する。

LEICA_CL_031.jpg

新レンズ「ライカ エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」

  • 5mm判換算約27mm相当の画角を得られる交換レンズ。これまでのライカTLレンズの中で最も薄型で、いわゆるパンケーキスタイル。レンズ構成は非球面4面を含む6群8枚。最短撮影距離は0.3m。最小絞りはF16。フィルター径はE39。最大径×全長は約61×21mm。重量は約80g。

LEICA_18f28_031.jpg

ライカCLは、高性能のEVFと最高1/8000秒のメカシャッターの採用がTL2との最大の違いのようです。また、CLには上面に液晶があり、背面にボタンが追加されているので、操作性はTL2よりもよさそうです。CLの丸みを帯びたEVFのデザインは個性的で面白いですね。

2017年11月22日 | コメント(6)

コメント(6)

EVFの出っ張りは現代風バルナックライカって感じで自分は好きです。

同時公表のレンズとも合わせて、なんだかLUMIX GMを少し大きくしてみました、という形にも見えますね。

公式に「オスカー・バルナックの伝統を受け継ぐカメラ」って書いてあるから、意図的にバルナックライカに似せたんでしょうね。

>「ライカSL」と共通のEyeResテクノロジーを用いた専用開発のもの

とするとEVFパネルはエプソンの0.48型・約236万画素液晶パネルの
改良型ですかね。
国産カメラメーカーでは上級機にソニー0.5型約368万画素OLEDの採用が相次いでるので
価格からみてすこし残念な気がします

ホットシューからEVFにかけてのデザインがなんだか消化不良な感じがする。近年のライカには珍しく不恰好に感じる

形を似せるならオリジナルのライカCLの方に寄せてくれればよかったのに


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年11月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンG1 X Mark III はEOSの使い勝手や画質を受け継いでいるコンパクト」です。

次のブログ記事は「トキナーFiRIN 20mm F2 FE MFは高解像力だが周辺光量落ちが大きい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る