ライカが「ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」を正式発表

ライカがMマウントの大口径中望遠単焦点レンズ「ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」を正式に発表しました。

ライカ ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.

  • 「ライカ ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」のレンズ構成は6群9枚。そのうち2枚は非球面レンズで、フローティング方式を採用しており、無限遠から0.85mの最短撮影距離まで、画面全体にわたり卓越した描写性能を発揮。
  • 新しいノクティルックスMの設計・構成において、異常部分分散性と低分散性のあるガラスのみを採用。これにより、「ライカ ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」の描写性能を「ライカ ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH.」よりも向上させることに成功。
  • 高い解像性能を備えており、画素数の少ないセンサーで撮影した画像をトリミングする場合でも優れた画質を保つ。
  • 最短撮影距離は0.85m、最大撮影倍率は1:8.8で、ポートレート撮影や接写で威力を発揮し、11枚の絞り羽根によって調和のとれたソフトなボケ味を生み出す。
  • 反射や迷光を抑える、ロックタイプのレンズフードを付属。
  • 2018年初めより発売予定。

LEICA_75mmf12_001.jpg

以前からよく噂が流れていたライカの「ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」が正式に発表されました。50mm F0.95を超える描写性能がうたわれているので、どのような絵が出て来るのか興味深いところです。

なお、価格に関しては公式には記載がありませんが、dpreviewによると北米の希望小売価格は12795ドルとのことです。

2017年11月30日 | コメント(2)

コメント(2)

ウワサの大口径が本当にに登場するんだ。

価格も超絶の12,795ドルとは、
歴史上最高位の中望遠!

さらにズミルックス90mm1.5まで予定するとは
凄い積極性。
75mm1.25やら90mm1.5になると現在のMマウント機の
透視ファインダー、距離系連動ピント合わせでは
充分対応できないですからSLシリーズカメラでの活用を
想定しているレンズなのではと思います。

描写がキリキリしてなくて個人的にはとても好きです。
スタイルは50mm f0.95 ASPHですが、描写の味付けは50mm f1.0に近いと
思いました。いやむしろSummilux 75mm f1.4をも彷彿とさせるような。。。

大きな画像で見るとまた印象は変わると思いますが、
まぁ、はっきり言って欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH5sの新しいリーク画像」です。

次のブログ記事は「ライカが「Summilux-M f1.5/90 ASPH.」を準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る