焦点工房が「SPEEDMASTER 135mm F1.4」の予約販売を開始

焦点工房が、中一光学の大口径望遠レンズ「SPEEDMASTER 135mm F1.4」の予約販売を開始しました。

中一光学 SPEEDMASTER 135mm F1.4(受注生産)予約販売開始!

  • 135mmの常識を超える明るさをもつ中一光学 SPEEDMASTER 135mm F1.4。135ミリレンズとして突出した明るさを誇り、EDガラスの採用により、明るさとシャープさを両立。絞りリングはクリックレスでムービー撮影も意識した仕様。メーカー希望価格、33万円(税別)

    - レンズ構成:5群11枚(超大口径EDレンズ3枚)
    - フォーカス:MF(マニュアルフォーカス)
    - 絞り羽根:11枚
    - 最短撮影距離:1.6m
    - 最大撮影倍率:0.1倍
    - フィルター径:105mm
    - 直径:111mm
    - 全長:160mm
    - 質量:3000g
    - レンズマウント:キヤノンEF/ニコンF/ペンタックスK/ソニーE/ソニーA/富士フイルムG/ライカT

SPEEDMASTER_135mmF14_001.jpg

135mm F1.4は、純正や他のサードパーティーにも無いスペックのレンズなので、どのような写りをするのか興味深いところですね。価格は33万円と安価ではありませんが、200mm F2とほとんど同じ口径で、EDレンズを3枚も使っていることを考えると、このクラスとしてはリーズナブルと言ってもいいかもしれません。

2017年11月14日 | コメント(15)

コメント(15)

ペンタックスKマウント用もありますね。
でも値段以前に3Kgはちょっと重すぎます・・・

思わず初投稿です。

近年希に見るぶっ飛んだレンズが出てきましたね。

ただ、重量が3キロでタムロン・シグマの軽量級の超望遠よりも重いにも関わらず三脚座が心許ない気がします。

この値段設定でAFがついてないというのは物撮りメインになりそうな予感

富士フィルムGまであるのは凄い。
まぁnikonの105mm 1.4で十分かなぁ。

これは他にないスペックのレンズなので気になりますね。
MF専用ということで、より多くのマウントに対応できるのでしょうか?
3Kgのレンズをフォーカスも絞りもマニュアルで操作する自信がないので手が出せないと思いますが、どんな用途でどんな映像が作れるのかめちゃ興味あります。

フジGマウントのイメージサークルカバーしてるって事なんですかね。

おおついに発売開始ですね!
ミラーレス各マウントに対応するのが現代的です。
非常に扱うのが難しい超大口径ですが挑戦したいフォトグラファーもいるでしょう。

全く手に入らないであろうノリタ製以来の
135mm1.4スペックは史上2例目のはず。

ノリタよりさらに大きくて重くきっと高性能を誇る稀代のレンズなのでしょう!

今回は広く供給されるとは素晴らしいです。

このレンズは2018年9月までの受注販売なので欲しい人は要注意ですね。ちなみに納期は2018年10月です。
正直中判のイメージサークルまでカバーしなければもっとダウンサイジングできたかと思います。
サンプルを見る限りではボケ味やコントラストがオールドレンズっぽい雰囲気で味のある描写が楽しめそうですね。

135mm1.4でMFってまたぶっ飛んだもの出してきましたね。
日本メーカもこれぐらいの気概が欲しいですね。

ただ解放でジャスピン取れるのって奇跡のような気がしますね!まぁすごいレンズです。

なんかクラウドファウンディングで、資金を集めて・・・っていう最近よく見る販売手法のような感じですね。
受注が思うように集まらなかっても生産してくれるのでしょうか?
中華製レンズのキックスターターに参加した経験から、手元に届くのが予定よりずっと遅れる可能性もありえますので、購入希望者はご注意を。

でも、レンズスペック的にはとてもチャレンジングで良いですね。

『3キロ』にコーヒー吹き出しました(笑)

でも、スペックを考えれば物理的にそうなりますよね。

でも、描写を想像するだけで鳥肌立ちます。

シグマは135Artを作ったときに「135/1.4は大ききくなりすぎるため1.8にした。」と言っていましたが、まさか作ってしまうとは...。
中一光学さんやりますね(^^;;

用途がわからないけれどKマウントが出てるのが嬉しいw
値段的にもシネレンズっぽいけれど、シネレンズとして
シリーズ化していくとか野望があるのかな?
家電がほぼ中国一色になってますがカメラは
日本に頑張って欲しいなぁとも。

サンプル画像を見ると、ぐるぐるボケですかね?

3キロとは。。。
ソニーの135F1.8は約1キロですが値を0.4小さくするだけでこれだけ大きくなってしまうのですかね(汗)

このメーカーのレンズはスペック的には申し分ないんですよね
サンプルを見る限り描写も問題ないですし値段も非常に安価という
でも持ってる人は少ないのかな??

中判のイメージサークルをカバーしているから価格が高いのだと思うけど、ペンタックス645マウントは出ないのですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの映像事業は2018年第2四半期は増収増益」です。

次のブログ記事は「ソニーα7R III ではスターイーター問題(星喰現象)が解消している」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る