富士フイルムの未発表カメラ(X-A5?)の底面図と側面図

軒下デジカメ情報局で、海外の認証機関に掲載されている富士フイルムの未発表のカメラの図面が紹介されています。

富士フイルムの未発表カメラの図が認証資料に掲載

  • FCC認証の資料に富士フイルムの未発表機種だと思われるカメラの底面図と側面図が掲載された。

    - FCCID:W2Z-02100005
    - 富士フイルム株式会社
    - 通信モジュール:TYPE1FJ
    - 無線規格:WLAN802.11 b/g/n + Bluetooth
  • X-E3(とFF170002)とは通信モジュールが異なるので、他の認証機関に登録されていたFF170003(噂されているX-A5?)の図だと思われる。

fuji_w2z-02100005-001.jpg

fuji_w2z-02100005-002.jpg

富士フイルムは、認証機関に現在、3機種の未発表機種(FujiRumorsの噂によると、X-A5、X-T2S、X-T100)を登録していますが、今回図面が見つかったカメラには、EVFが搭載されていないようなので、元記事で予想されているX-A5の可能性が高そうですね。

2017年11月16日 | コメント(5)

コメント(5)

横幅をぐーんと縮めた新機軸ボディでしょか?

液晶周りに窪みが見えますが、チルト液晶でしょうか。
しかしこうやってみるとミラーレスは空間に余裕がなく、排熱が難しいのも納得できますね。

X-Trans IIでも良いので乗っていたらT2のサブ機に欲しいんですがどうなんでしょう。
T10もE3もサブにするならEVFがいらないんですよね。チルト液晶があればまあ十分でしょう。

横幅が縮まって見えるのは、上の図面自体のアスペクト比が狂ってるからですね…。寸法を見れば分かりますが、横幅が30%くらい縮んでます。右の方の楕円がちょうど正円になるくらいでしょう。

廉価なベイヤーセンサーのAヒト桁機は海外市場で人気ですし、サイクルが早いですね。日本では販売されるんでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年11月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD850のセンサーはTowerJazz製?」です。

次のブログ記事は「LEICA CL のスペックや価格などに関する情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る