ハッセルブラッドがX1D用の135mm F2.8と大口径の80mmの開発を発表

ハッセルブラッドが、2本のXCDレンズの開発を発表しています。

Hasselblad unveils 135mm F2.8 for X1D, promises 80mm with fastest aperture yet

  • ハッセルブラッドが2018年のXCDレンズのロードマップを発表しており、2018年末には合計9本のX1D用レンズがラインナップされることを明らかにしている。

    ハッセルブラッドは、計画にテレコンバーター同梱の135mm F2.8と、同社がこれまで開発した中で最も明るい80mmレンズの2本のレンズを追加している。

    加えて、ハッセルブラッドは既に開発が発表されている22mmの計画を変更し、顧客の要望を取り入れて21mm F4として発売する。

    XCD135mm F2.8 は2018年上半期に発売予定で、このレンズを230mm F4.8にする1.7倍のテレコンバーターが同梱される。

    80mmのF値はまだ明らかにされていないが、ハッセルブラッドがこれまでに開発したことがない大口径レンズなら、Planar T* 100mmのF値(F2)よりも明るくする必要がある。同社は、このレンズの詳細は、2018年終わりの発売日近くに明らかにすると述べている。

Hasselblad_135mmF28_80mm_001.jpg

ハッセルブラッドがテレコン付きの望遠レンズと、明るい中望遠レンズの開発を発表しました。これらのレンズが出揃えば、X1Dで、かなり幅広い範囲の撮影をこなすことができるようになりそうですね。

ライバルの富士フイルムもいいペースでGFX用のレンズをリリースしていますが、ハッセルブラッドも負けていませんね。

2017年11月 4日 | コメント(1)

コメント(1)

80mmの大口径に期待!
プラナーFE110mmF2より明るいレンズとは凄い。

マミヤ セコール80mmF1.9を越えるか!?
F1.8かも
レンズシャッターでこの大口径は画期的です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「EF85mm F1.4L IS USM」の実写サンプル画像」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新製品発表は11月6日から11月8日の間?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る