キヤノンのミラーレス用の9-18mm F4-5.6の特許

Canon News で、キヤノンのミラーレス用の超広角ズームの特許が紹介されています。

Mirrorless 9-18mm UWA lens patent

  • ミラーレス用の9-18mm F4-5.6の特許が出願されている。この特許の主要目的は、ミラーレス機のコントラストAFの高速化を可能にするためにフォーカスレンズ群を可能な限り小さくすることだ。このレンズにはISは搭載されていない。

    - 焦点距離 9.27(広角 13.35(中間) 17.70(望遠端)
    - F値 4.12 4.84 5.57
    - 半画角 55.84 45.67 37.66
    - 像高 13.66 13.66 13.66
    - レンズの全長 61.48 56.10 54.43
    - バックフォーカス 10.29 13.62 16.52

    優秀なEF-M11-22mmのモデルチェンジは想像しにくいが、11-22mmでよく聞く話は、広角側が十分ではないという不満だ。11-22mmはフルサイズ換算で18-35mmに過ぎず、何らかの改善が行われるのかもしれない。

canon_patent_9-18f45-56_001.jpg

特許のレンズは、画角からAPS-Cなので、EF-Mレンズ用の特許のようです。EF-M11-22mm F4-5.6 は非常に評判の良いレンズですが、最近のAPS-Cの広角ズームは広角端が換算15~16mm程度のレンズが多くなっているので、キヤノンが広角側を少し広くしたEF-Mレンズを考えていても不思議はありませんね。

2017年12月29日 | コメント(4)

コメント(4)

確かに EF-M11-22mm は評判が良いのですが、既にEF-S10-22mm を持っていたのと、広角側の1mm不足が気になって購入に至っていません。
9mm始まりだと周辺の画質がちょっと心配ですが、もし価格が手頃で周辺画質も良かったらM3用に買ってしまいそうですね。

レンズ長が広角端に向かって長くなるのが興味深い。
望遠端がもう少し欲しいんですが、18mmで止めたのはCanonの良心?
EF-S10-18mmは耐逆光がイマイチと思っているので、ここが大幅に改良されていたらかなり欲しくなるかも。
ところでEF-Mなら鏡胴径はコダワリのサイズなんだろうか。
“縛り”を解いてあげたら、ラインナップが一気に増えそうなんだが…。

Mユーザーは皆10-22mmを持ってると思うので9mm単焦点でも良かったと思います。

仕事柄、室内から窓を撮ることが多く、後ろに引けない条件での撮影が多いのですが、Mシリーズ用に11-22mmのレンズが有るおかげでとても重宝しています。
カメラを含めて軽量でコンパクトなので、作業の邪魔にならず持ち歩くのにも苦になりません。おまけに画質も良く値段も安いのだから言う事無し!! なのですが、もーちょっと広角側が広かったらなぁ~ とも思っています。
9-18mmのレンズがM用であることを期待しています
私には軽量コンパクトで安価なシステムはどうしても必要です
この路線でさらに進化してほしいものです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年12月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがX-Pro2 ver.4.00の不具合を修正する新ファームを準備中」です。

次のブログ記事は「キヤノンのAPS-C一眼レフ用のハイエンドズームの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る