ニコンD850が2017年9月・10月のフルサイズカメラで金額シェア1位を獲得

デジカメWatchに、ニコンD850の販売等に関する情報が掲載されています。

祝!フルサイズカメラで販売金額シェア1位 絶好調のニコンD850を振り返る

  • ニコンが満を持して投入した一眼レフカメラ、D850が絶好調だ。D850は8月24日の正式発表の時点ですでに予約が殺到しており、その後2度に渡り品薄を告知するに至っている。

    一度の供給不足の告知はよく見るものの、2度目となるとかなり珍しいケースだ。日本市場だけでなく、海外でも同様に品薄という。

    とはいえ予約者向けを中心にフル稼働で供給が続いており、結果D850は、レンズ交換式フルサイズカメラのモデル別で2017年9月・10月の販売金額シェア1位を獲得した(GfK販売データより)。いまだ予約者優先の販売状況ではあるものの、この年末から年始にかけ、徐々に品不足が解消する見込みという。

 

ニコンは今年の前半は暗い話題が目立ちましたが、8月に発表されたD850の好調で、暗いムードが一気に払拭されましたね。来年は新ミラーレスシステムが発表されると噂されているので、ニコンにとって勝負の年になりそうですが、引き続きこの好調を持続して欲しいものですね。

2017年12月26日 | コメント(9)

コメント(9)

ニコン好きとしては嬉しいなぁ
はじめのネガティブな空気を吹き飛ばす
本当に100周年にふさわしいカメラだったんだな
年末にポジティブな話を聞けて嬉しい

高額なだけに、さすがに台数シェアでは1位は無理でも、「レンズ交換式フルサイズカメラのモデル別で2017年9月・10月の販売金額シェア1位」はすごいですね。D800/Eの時もそうでしたが、これだけ高価なものでも、性能が優れていたら生産が間に合わないくらい売れることがあるんですね。

信念を持って取り組んだ最高の製品は会社を救うはず。
神話のようになってたものづくりの夢が久々実現した。
ニコンよ、どうかそのまま頂点まで突っ走って下さい!

10月中旬に注文して、手に入ったのは12月でした。未だに品薄が続いているようです。フルサイズ一眼レフの一つの完成形のようなカメラで人気があるのも頷けます。ただ、一つ気に入らないのはペンタ部のデザイン。両サイドをどうしてこんなに削ったのか、そこだけが疑問です。てっぺんが細くて力強さに欠ける感じがするのですが、好みの問題でしょうかね。

この勢いでミラーレス一眼も最初からソニーに負けないくらい最高性能のものを出して欲しいです。

11月初めに予約しましたけど、年越しになると言う連絡を昨晩もらいました。辛いけど待つしかないな。
来年は、ニコンフルサイズミラーレスでも、同じような勢いを見せてほしい。

FG以来のニコンファンとしてはうれしいニュースです
一眼レフ以外の部門もがんばってほしいですね

「金額シェア」というのはどう言う意味なんでしょうか。
最も利益があったカメラって事ですかね?それとも販売金額の合計が一番って意味でしょうか。

万能機だからこその人気ですね。
この機種の魅力はAFだけでなくMFにもあります。
ブツ撮りでミリ単位のピント調整に重宝してます。
マグニファイアなしでピント合わせが容易で、
かつメガネ着用でもファインダーの四隅がケラれない。
D850のファインダー倍率・アイポイント・視野角はAF全盛のデジカメ時代にあって、
ストレスの少ないMFを実現できる、ギリギリのバランスを高度に攻めてます。
MF時はAFセンサーの出番がないように見えますが、ピーキング機能があるのでやはり活躍してますね。
一桁機を除いて、D850まではマグニがないと使えませんでした。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年12月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-H1の高感度性能はソニーα7Sと互角になる?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの17-35mm 4-5.6 ISの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る