フォクトレンダーの次のFEレンズは125mm F2マクロ?

SonyAlphaRumors に、コシナのEマウント用の新しい望遠マクロに関する噂が掲載されています。

(SR3) Voigtlander working on a new 125mm f/2 Macro 1:1 FE lens?

  • 2月にフォクトレンダーは、3本のFEレンズの開発を発表している。65mmマクロと、40mm F1.4(※40mm F1.2の間違い?)と、近日中に発売される35mm F1.4だ。そして、あるソースが、次に登場が期待されるフォクトレンダーのレンズの情報を漏らしている。

    「フォクトレンダーは、65mmが非常に良く売れているので、125mm F2マクロ 1:1を開発している 」

 

MACRO APO-LANTER 65mm F2 は、レビューでもとても評判が良いレンズなので、販売が好調なのは納得の行くところです。65mm F2と同じ路線で125mm F2マクロが登場すれば、こちらも人気になるかもしれませんね。

ソニーのFEのマクロは90mm F2.8なので、焦点距離も明るさも異なる125mm F2となら住み分けができそうです。

2017年12月 7日 | コメント(14)

コメント(14)

旧SLシリーズの125mmマクロは現在プレミアついて2倍の価格になっていますので手が出ません。マウント変えても使ってみたいですね。

フォクトレンダーレンズは名玉が多く、焦点距離が被らないので大歓迎ですね。
これはAF効かないんでしょうが、60〜70マクロのAF効くのをどこか出してくれないかなあ・・・・
APS-Cでもフルでも使い勝手が良いんですけどね。

個人的に昔あったアポラン180mm f4が出て欲しいです。
望遠レンズなのに小さくて軸上収差が無いレンズは貴重です。
ボディ内手ぶれ補正があるカメラには向いていると思いまふ。

100mm、105mm、それに135mmの何れとも微妙に(?)違う焦点距離、105mmをトリミングしても135mmで我慢しても良いのだが、ファインダーを見ながら作画する身として40mmや65mmなどとともに嬉しい話。

125mmF2.0マクロだとかなり重くなりそうですね、価格もかなり高くなりそうだ。

面白そうなレンズスペックですが、大きさと価格が気になりますね。

これは楽しみです。マクロは8本使ってきましたが、65mmは焦点距離も使いやすく、絵も気に入っています。

ただ、f2で等倍だと、かなり大きくなりそうですね。150~180mmも出してほしいです。

昔出した125mm F2.5 MACROの中古価格が高騰してるので、新しい125mm MACROが出るのはうれしいです。
すぐには買えないかもしれませんが、出たら欲しいです。

アポランター65mmが非常に評価が良いようですのでこれも期待できそうですね。
コシナフォクトレンダーでは発表済&未発売のFEレンズとしてNokton Classic 35mm F1.4があります。
去年もCP+直前にレンズが発売されていたような記憶があるので、多分来年の1~2月には登場するのではと期待しています。
個人的には小さく高精細のためにAFとレンズ内手振れ補正を捨てた28mm始まりの標準ズームとか出してほしいです。

F2と聞くとマクロプラナーを思い出しますがあれはハーフマクロでしたね
いやいやスゴイレンズになりそうです(笑)

まだEマウントのマクロレンズを持っていないので気になります。
ちなみにEマウントの40mmはF1.2ではなかったでしょうか?

>ネコマカロンさん
>ちなみにEマウントの40mmはF1.2ではなかったでしょうか?
F1.4はSARの勘違いだと思います。

章夫様
>125mmF2.0マクロだとかなり重くなりそう・・・

そうですね、焦点距離に気を取られていて気づきませんでした。実用するISO感度も上がったことですし、思い切ってf4位で値段半分、サイズも重さも半分ほどで主要焦点距離を揃え、『お散歩レンズ』としてシリーズ展開したら、単焦点レンズに踏み込む人を新規開拓できないかな・・・

MACRO APO-LANTHAR 65mmが売れているのは、コシナ自身がOtus級と謳うその圧倒的な光学性能の賜物ですので、軽量を優先する事はないかと思います。
それにF値こそ違えど、わざわざあのMACRO APO-LANTHAR 125mm f2.5 SLを想起させる焦点距離で出す以上半端なものは出せないし、出さないかと。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-H1の上面と背面のスケッチ」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH5sの正式発表は1月8日前後になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る