パナソニックがISSCCで8Kの有機センサーを出品予定

43rumors に、パナソニックの有機センサーに関する情報が掲載されています。

New Panasonic 8K organic sensor to be presented in February

  • パナソニックが、2月のISSCCのカンファレンスで新しい8Kセンサーを出品する予定だ。以下は、この8Kセンサーの既知のスペックだ。

    - 8K4Kの解像度
    - 60fps
    - 450keの飽和信号
    - 有機光伝導性フィルム
    - ピクセル内ノイズキャンセラーを搭載したグローバルシャッターCMOSイメージセンサー

    このセンサーが近日中に登場するGH5sに採用されるとは思っていない。しかし、これは実にものすごいセンサーだ。

 

パナソニックの有機センサーに関しては、ここ最近あまり新しい情報がありませんでしたが、開発は進んでいるようですね。近日中に登場するGH5sへの有機センサーの採用は期待しない方がよさそうですが、その次の世代のカメラ(GH6?)での採用に期待したいところです。

2017年12月 8日 | コメント(10)

コメント(10)

450keの飽和信号がどの程度なのか分からないがほかは理想的、感度も今並み以上ならm4/3でも十分な性能、ただスマホに積んでも動画など十分かも。

GH6とかX-Pro3あたりは有機センサー期待していいのかな
本当に目に見えるほどダイナミックレンジが違うのか、これで撮影したサンプル画像や動画をみてみたいですね

FWが450keとは凄いですね。現在のデジカメ用のセンサーはせいぜい数十keですから、数倍~10倍くらいあることになります。
これでノイズレベルが同等なら、ダイナミックレンジは2~3EVくらい改善するかも?

パナソニックは東京オリンピックのスポンサーなので2020年を一つの区切りとしてそれまでにはM4/3機に有機センサーを実装できる段階になっていたらいいですね。
またこれに対しソニーはセンサーをどう発展させていくのかも注目ですね。

GH5sとセカンド扱いのマイナーアップデートに留めたのは
このセンサーを乗せる計画があったからですかね。
来年オリンピック前にGH6に搭載しドドーンと打ち出す?
有機センサー、スチルの方にも
もちろん効果アリでしょうから大いに期待。
グローバルシャッターの実装がいよいよという事で
動画機の大幅性能向上と共にカメラの小型化が
さらに進むかも知れませんね。

これがGH5sに採用されずに驚くほどの高感度アップが実現出来るとしたら、マイクロ分光素子を採用するのでしょうか?ただ単に画素数を減らしただけではそうはならないと思うのですが……

中判デジ一に採用されていたKODAKのフルフレームCCDで5000万画素のKAF-50100の場合飽和信号は40.3Ke、DALSAの3900万画素でも66Keでしたから、桁違いですね。
SONYの場合、1画素あたりの飽和信号量をmVで表示していますから簡単に比較できないのですが、どうなんでしょうかね。

ちなみにSONYから4/3のイメージサークルをカバーするIMX294CJKが出ていますけど、マルチアスペクトで、4:3で3704×2778、17:9で4096×2160ですから、GH5sはこの撮像素子を採用するんでしょうかね?
ただ飽和信号量は970mVですから飛躍的に進化はないみたいですね。

ISSCC 2018のセッションの記事から見てもオリジナルの開発のようですから、これからパナソニックは独自路線を行くんでしょうか。

技術的なことはよく分からないのですが、ようするに桁違いということですか。
すごいですね。

4/3型センサーだとすると、ソニーの1型センサーと同じくらいの画素ピッチでしょうか

どうもこれが商品化したのでしょうか
けっこう前のものですけどやっぱり時間がかかるみたいですね
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/02/jn160203-2/jn160203-2.html


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE400mm F2.8 GM OSS は2018年の9月に発売?」です。

次のブログ記事は「ソニーα7S III は2018年の第2四半期、α7 III は2018年の上半期に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る