PENTAX-D FA★50mm F1.4 のポートレートの作例

リコーイメージングのフェイスブックに、D FA★50mm F1.4 SDM AWの作例と、このレンズに関する簡単なコメントが掲載されています。

リコーイメージング RICOH IMAGING (found via Pentax Rumors

  • 10/27に開発発表をしたKマウントレンズ新製品「HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW(仮称)」の作例をご紹介します。
  • 描写性能について、非常に高い要求のもとに開発されたレンズとなる予定です。現在鋭意開発を進めておりますので、楽しみにお待ちください。
  • 発売時期:2018年春頃を予定。

pentax_dfa50mmf14_sample001.jpg

作例は縮小画像なので解像力は分かりませんが、ボケが非常に綺麗で、魅力的なレンズに仕上りそうな予感がします。発売時期は来年の春頃ということなので、3月のCP+あたりで正式発表される可能性が高そうですね。

2017年12月 1日 | コメント(7)

コメント(7)

撮影者はHASEOさんでしょうか
撮り方がHASEOさんぽい
K-1も購入できたので楽しみにしています

50mmが好きなのでこのレンズは頭の隅にありました。
八百富さんでプロトタイプの情報が載っていましたが、まあ最短距離が40cmmっていうのと、重さがSIGMAの50mm Artより若干重めという辺りが気になると言えば気になります。K-1にマウントすると2kg少し超える感じかなと思いますので。
が、RICOH IMAGINGのFBの画像1枚だけですが、それを拝見するとなかなかいいですね。絞り値はf1.4だと思いたいのですが、だとするとピンのシャープさ加減もボケの質感もかなりいい感じに思えました。
この50mmとK-1の為だけに40万位かな? それはまあともかく、重さがあまり気にならないと判断したら購入したいです。EFマウントの50mmが出ないようでしたら。

K-1とリミテッド三姉妹で運用しているので、また50mm f1.4か、と気にしていなかったのですが、良いボケですね。85 1.4みたいです。ペンタックスはそんなに新しいレンズを出さないので、来年はこのレンズを買っても、他のレンズを買わずに済むのがよいところです。
シグマの50mm 1.4のペンタックスマウントが出ていないので、カウ人も多いでしょうね。これは楽しみです。10万円を切ってもらいたいものです。

50mmかぁ、って思ってたんですがジャスト50mmのフルサイズ対応大口径AFレンズでかつそこそこ新しいのって、ソニーとシグマ、サムヤン、ライカしかないんですね。そう考えるといいのかも。
それに開放でこの描写ならすごいですね。
ところでこれは岡本尚也さん撮影じゃないでしょうかね?
HASEOさんっぽくはないかと。

 宣伝下手のペンタックス
がかなり大上段から「非常に高い要求のもとに開発されたレンズとなる予定」と言っちゃってますね。余程自信があるのだと思います。
 縮小画像ではありますが、サンプル画像はその実力を納得させるものだと思います。色のり濃厚ながら豊かな階調、繊細な切れ味と立体感あるダイナミックな描写、豊かなボケなど、D FA☆70-200を持っている人なら共通のテイストを感じられるのではないでしょうか。
 個人的には、D FA☆50/1.4を昨年K-1購入時のユーザーアンケートで一番欲しいレンズに書きました。待望かつ期待以上のレンズになりそうで、つくづくペンタックスで良かったと、
胸が熱くなります。メーカーストア価格25万までなら納得の即決です。

なんか好きだな。立体感があってやさしい感じ。

いいですねー
いまK-1用の標準は43リミ、FA☆28-70ですが欲しくなりそうな予感です
ただ値段ですねー、気合の入りようを聞くと希望小売20万円くらいになっちゃいそう


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-H1は同社初のボディ内手ブレ補正搭載機?」です。

次のブログ記事は「シグマが動画用のFoveonセンサーを開発している?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る