富士フイルムX-H1の4K動画とEVFに関する噂

Fuji Rumors に、富士フイルムX-H1の動画の仕様と、EVFの解像度に関する噂が掲載されています。

Fujifilm X-H1: 4K with 1.17x Crop... and more Video Specs

  • X-H1は4Kで全画素読み出しになるのだろうか? これはX-T2と同じ1.17倍のクロップになる。
  • 4Kのフルスペックは次の通りだ:4K、1.17倍のクロップ、30p、4:2:0 8bit 200Mbps(X-T2は100Mbp)

Fujifilm X-H1: EVF with 30%+ Higher Resolution than X-T2!

  • X-H1のファインダーに関する話をする時が来た。X-H1のEVFは30%以上の大幅な高画素化がなされている。私が使っているX-T1の大きな不満の1つは、EVFが解像度の割りに大きすぎることだったので、X-H1のEVFが高画素化されると聞いてとても嬉しい。

 

先日、X-H1は全画素読み出しという情報がありましたが、どうやら4K動画の話ではなかったようですね。4KではX-T2と同じ30p、1.17倍のクロップ、4:2:0 8bitということなので、動画に関してはGH5のような尖った仕様ではありませんが、最大ビットレートはX-T2から倍増しているようです。

EVFに関しては、X-T2から30%以上高画素化されるということなので、300万ドット以上のEVFが採用されることになりそうです。

2017年12月 6日 | コメント(17)

コメント(17)

動画はパナで言うとG8と同じレベルですね。GH5の対抗にはちと弱いのでは?

4K60Pが鍵を握ると思っていただけに30Pなのは残念です。

しかしビットレートが高いのは朗報ですね。
映像作品の素材を撮るにはビットレートに余裕があったほうがいいですから。

世間的にもなんだかんだで速いメディアや処理能力の高いPCが揃いつつあります。
発売時にちょっと高めの編集環境を要求するスペックのほうが、その後何年か使うことを考えれば丁度いいように思います。

あとは連続撮影時間が気になるところです。

期待外れの動画機能ですね、フジ機の中では最高機能ということですね。
ボディー内手ぶれ補正をこれ以外のシリーズにも搭載してくるのかがこれからのポイントですね。

EVFは各社300万画素超で よりリアルに
近づいてきているが 被写界深度も含めて
よりリアルに近づいて欲しい!

EVFが大きくなるのは嬉しいですね。
あと、Tシリーズの「2画面モード」是非乗せて欲しい!です。

パナ対抗となると、EVFは368万ドットを期待します。
しかし、先日の情報ではバッテリーは据え置きとのことだったので、そのあたりが心配になります。

MK18-55mm T2.9 Xマウントも発売予定でようやくFujiも動画に本腰入れるのか
と期待していたのですが、、これならT2で十分ですね

EVFの解像度アップも良いですけど個人的にはそれ以上に秒何フレーム表示できるかの方がはるかに重要です。AF時など可変するのでしょうが最低でも120fps、理想を言えば無可変でないと進歩を感じません。

フジの中では上位でも、他社と比べればかなり劣った仕様ですね。

EVFは、リフレッシュレートは120fpsでα9のようにブラックアウトフリー。T2と同じファインダー倍率でもいいがメガネ野郎でもフルでケラレが無いようにアイポイントを伸ばして欲しい。

手ぶれ補正はレンズ側で補正機構を持っていないレンズが多いので、デュアル補正は無くても良いですが、多少でも歩き撮りできるほどの効き目が欲しい。

バッテリーは、GSX50Sと兼用であって欲しい。
x1.17倍クロップもどうか間違いの噂であって欲しい。

動画のビットレートは200Mbps以外に100Mbpsも選べるといい。

新機種というよりX-T2sって感じの仕様ですね
処理負荷が高いx-trans止めてそのかわりに4k60pとかクロップ無しとかと妄想してたんですけど

X-Trans CMOS IIIとX Processor Proを採用した世代である以上、性能に大きな差が出ないのは、ある意味当たり前の話ではあります。
現行世代で枯れたプロセッサとセンサを使用し、新規開発要素はボディ内5軸手ぶれ補正のみで新たなシリーズを立ち上げるというのは、手堅い開発方針だと思います。
数年後のプロセッサ・センサ世代更新まで、撮影機能の大幅な性能向上は無いでしょう。

動画に関してはソニー・パナソニックに一日の長があるといった感じですね。
また後のアップデート等で向上したりする余地があったりするのでしょうか。
EVFは静物は解像重視、動体はリフレッシュレート重視を自動で検知して切り替えかEVF近くのボタンで瞬時に切り替えられたりするのが理想ですね。
GFX50SとX-T2のバッテリー容量はほぼ同じなので新規のものを望みたいです。

>ライトさん
GFX50Sのほうが約1.5倍ほど大きいですよ。
T2用のNP-W126は7.2V 1260mAh、GFX50S用のNP-T125は10.8V 1250mAhです。

そもそもXシリーズの動画が注目されたのはT2からですし(それ以前の動画は本当に酷かった)機能的なブラッシュアップはこれからだと思いますね。
あとソニーやパナは業務用家庭用含めて長年デジタルビデオカムの技術的な蓄積があるので、そこと比べるのは酷だと思います。
「ボディ内手振れ補正つき動画機の最初の1台目」というポジションでは十分なスペックじゃないでしょうか。
そういえばFuji Rumorsに背面と上面のスケッチも出てきましたね。

>>なまずさん
すみません、勘違いしていました。
ご指摘ありがとうございます。

カラグレ無し、三脚やジンバルも無しで映画的な映像表現ができる軽快ミラーレス!って感じで期待してます。
と考えると、60pは無くてもいいのかなぁ。。

やっぱり動画のスペックはGH5には及ばないようですね。
自分はスチル重視なので5軸手ぶれ補正と高精細ファインダ搭載
だけで満足ですが、動画重視の方は4K30Pと1.17倍クロップなのが
ネックになるかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF135mm F2L ISは2018年の上半期に登場?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-H1の上面と背面のスケッチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る