富士フイルムX-H1は5軸手ブレ補正と3方向チルト式モニタを採用?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-H1の仕様に関する噂の続報が掲載されています。

Fujifilm X-H1 will have 5 Axis In Body Image Stabilization

  • 「X-H1の手ブレ補正が3軸になるのか5軸になるのか」という質問を受けたが、X-H1の手ブレ補正は5軸になるだろう。以前に述べたように、ボディ内手ブレ補正使用時も全画素読み出しで、クロップはしない。また、センサーシフト(ハイレゾモード)やデュアルIS(光学補正+ボディ内補正)は搭載されない。
  • 「X-H1はバリアングルモニタを採用するのか」という多くの質問があるが、答えはノーだ。X-H1にはX-T2やGFXと同じ3方向チルトモニタが採用されるだろう。
  • これまでに噂されているX-H1のスペック

    - ボディ内手ブレ補正(全てのXマウントレンズで動作)
    - レンズ内補正とボディ内補正のシンクロ補正はリリース時点では搭載されないが、将来のファームウェアで改善されるかもしれない
    - センサーシフトマルチショットには対応しない
    - 大型グリップの採用など、X-T2とはボディデザインが変更される
    - センサーは24MPのX-Trans III
    - 発売は現時点では2018年の上半期が予定されている
    - 価格は2000ドル前後
    - 新しいEternaのフィルムシミュレーションが採用される
    - 全画素読み出し
    - 内部F-Log
    - 露出補正ダイヤルは無いがGFXのように上面に液晶がある
    - 画像処理エンジンはX-T2と同じX-Processor PRO
    - X-T2と同じNP-W126Sのバッテリー
    - X-T2と同じ3方向チルトモニタ+タッチパネル
    - 手ブレ補正は5軸

 

X-H1の詳細がかなり明らかになってきましたが、ボディ内手ブレ補正を採用して、動画機能を強化したモデルになりそうです。

ハイレゾショットやデュアルIS(シンクロ補正)のような機能は、リリース時には搭載されないようですが、ファームウェアのアップデートで後から対応する可能性はあるようですね。

2017年12月 5日 | コメント(7)

コメント(7)

動画機能を強化してきてるのは十分にわかるのですが、やはり命運を握るのは4K60Pに対応するか否かではないでしょうか。

手ブレ補正が5軸というのは妥当ですね。
今更3軸では他社との競争力に欠けますから。
それにしても大きく重くなるのはいかがなものでしょうか。

動画を強化した機種という位置付けですが
大容量データのやり取り強化の一環で
連写機能が強化されていると魅力的なんですが。
α9の登場で現状APS-C機だけ取り残された格好です。
フジにはぜひ頑張ってほしい。

レンズ内補正とボディ内補正のシンクロ補正は最初から搭載してほしい部分ではありますね。

シンクロ補正は今後のスタンダードになるでしょうし、スチル・ムービーカメラマン共に望む人は多いんじゃないでしょうか。

上下だけではない縦位置時にも有効なX-T2と同じチルト式背面モニターということで安心しました。
欲をいえばソニーAマウント機のように自撮り方向にも対応したフリー可動モニターが理想ですが特許やら何やらで無理でしょうか。
それにしても既にそれなりの仕様が見えてきているので来年3月のCP+で触れるといいですね。

ボディ内手振れ補正は全Xレンズ対応とありますから、後のファームアップででもシンクロ補正に対応してもらいたいものですね。
B6さんの仰るようにシンクロ補正は今後スタンダードになると思います。

光軸上で角度を変えられるチルト式背面モニターはやはりありがたいですね。
現在私のメイン機はOMD-EMⅡですが、XT2に使われいるモニターを見るとうらやましくなります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがXC15のようなスタイルのEFマウント機を準備中?」です。

次のブログ記事は「dpreviewの画質比較ツールにパナソニックG9のデータが追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る