パナソニックがGF10を2月1日に発表?

軒下デジカメ情報局に、パナソニックのエントリーモデルのm4/3カメラ「DC-GF10」の発表に関する噂が掲載されています。

パナソニックが「LUMIX DC-GF10」を2月1日に発表

  • LUMIX DC-GF10
    - カラー:ブラック・ホワイト・オレンジ
    - キット:(国内では)ダブルレンズキットのみ
    - 予約開始日:2018年2月1日

 

GF9は発売からほぼ1年で、後継機のGF10にバトンタッチするようですね。現行のGF9は4K動画・4Kフォトの追加や空間認識AFの採用などで、デザインを含めて旧型から結構変更されましたが、次のGF10ではどうなることでしょうかね。

2018年1月30日 | コメント(12)

コメント(12)

なんと!GM1の代わりにとGF9を狙ってたんですが、
大した値崩れもせずにもう新型なんですね!

DFDの恩恵でGM1よりもAFが速いのでは?と欲しかったんですが、
ダブルレンズは要らないのと、日本向けはブラックボディが無いので二の足を踏んでいたんですよね。

GF10、次こそは日本市場でもブラックボディを売ってほしいな!
もしくはGM5の黒赤とかカッコ良かったんでそういうカラーも出してほしいな、無理かな…。

レンズキットのみってのが…
GF9もそうでしたがエントリー機はボディ単体での販売はしない方針なのでしょうか。

ダブルレンズキットのみというのは1型コンデジを意識してのものでしょうか。
標準ズームだけだと1型コンデジより暗いしボケない、ダブルズームだと望遠使うのにコンデジなら不要なレンズ交換がいちいち面倒。
25mm F1.7を付けておけば、換算50mmでそれだけ明るい1型コンデジはないので売りになります。
既存ユーザーにとっては余計なレンズですが、9に引き続きターゲットは新規ユーザーだけなんでしょうね。

「ボディのみ」というのも一定の需要があると思うんですが、今回もダブルレンズキットのみなんですね。

買替え需要は見込んでないのか、一式買い替えという家電的な考え方なのか・・・。

せめてブラックだけでもボディ単体の販売があれば良いと思います。

あとは、起動時にタッチシャッターを有効にできるように、そろそろ改善をお願いしたいです。起動する度に再設定しなければならないのがGFシリーズの唯一の不満なので。

ダブルレンズキットのみって、一時「GM1(S)」がかなり安かったので、単価を下げたくないんでしょうけど、キットに25mmというのも理解に苦しむし、せめてキットにするなら、もう少し小さいレンズにしてもらいたいです。

GM系は買っておいたら良かったと今でも思います。
GF10はやはりブラックがほしい。

海外仕様のGF9のブラックボディ、所有欲を大いにそそられましたが、なんで日本では出さなかったのでしょうね?
私もボディを買い換えたいと切望している1人ですので、小さくて軽いのをボディ単体で是非売ってください。

エントリークラスのモデルはモデルサイクルを短くして価格の下落を防ぐ作戦!?なのでしょうか…。

近頃はミドルレンジも価格が下がりにくくなってきたので、逆にエントリーモデルは価格を下げて勝負しても良い気がします。

それに、常にレンズもセットだと、折角買ってくださったユーザーが買い換えの時に困りそう…。

キット販売の場合はWというだけじゃないのでしょうか。一眼で単体販売無しって過去存在してるのでしょうか。

カメラ初心者はボディのみ買い替えなんて考えないと思います
それよりもミドル層がGXシリーズとかにいかずGMGFで済ますのを防ぐ方が優先なのではないでしょうかね

>>Tigerさん

GF7もGF9もボディ単体の販売はありませんでしたよ。

レンズキットのみというのは完全に新規購入層のみに絞っているんでしょうね。
パナは少し前から日本国内向けは各モデルのレンズキットも基本モデルのみのラインナップです。
海外向けはレンズキットにバリエーションもありますしカメラ本体のカラーも海外仕様のものがあったりとかなりと日本向けは悲しい状態です。
まぁとにかく数が出ない以上、仕方がないのでしょうけど…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2018年1月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルム「X-A5」「X-A20」「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」のスペック [内容更新]」です。

次のブログ記事は「近日中の登場が噂されているEマウントレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る