富士フイルム「X-A5」「X-A20」「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」のスペック [内容更新]

軒下デジカメ情報局に、富士フイルムから間もなく発表される新製品のスペックに関する情報が掲載されています。

富士フイルムの「X-A5」「X-A20」のスペック

  • X-A5

    - 有効画素数:2420万画素
    - サイズ:116.9mm x 67.7 mm x 40.4mm
    - 重さ:311g(本体のみ)・361g(バッテリー・メモリーカード含む)
    - ISO:標準ISO200 - 12800、拡張ISO100 / 25600 / 51200
    - 動画:4K 3840 x 2160 15P(最大5分)
    - 4K Burst Shooting
    - Wi-Fi・Bluetooth搭載
    - その他基本スペックはX-A3同等
    - カラー:シルバー・ブラウン・ピンク

  • X-A20

    - 有効画素数:1630万画素
    - サイズ:116.9 mm x 67.4 mm x 40.4 mm
    - 重さ:299g(本体のみ)・348g(バッテリー・メモリーカード含む)
    - Wi-Fi搭載
    - タッチパネル対応
    - その他基本スペックはX-A10同等
    - カラー:シルバー・ブラウン・ミントグリーン
    - 日本で発表予定はなし

 

  • XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

    - レンズ構成:9群10枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚含む)
    - 最短撮影距離:13cm(広角)、35cm(望遠)
    - 最大撮影倍率:0.24倍
    - 絞り羽根枚数:7枚
    - フィルター径:52mm
    - サイズ:Φ62.6mm x 沈胴時44.2mm、広角撮影時65.2mm、望遠撮影時62.1mm
    - 重さ:135g
    - カラー:ブラック・シルバー

 

富士フイルムからは、噂されていたX-A5とXC15-45mmの他にX-A20も登場するようですが、残念ながらX-A20はX-A10と同様に国内では販売されないようですね。

X-A5は常用感度が1段分上がって、Wi-Fi・Bluetoorhと4K動画が追加されているのがX-A3との違いのようです。ただ、4K動画は15fpsで最大5分なので、主に「4K Burst Shoooting」を使ったスチルの切り出し用でしょうか。

XC15-45mmは、噂通りパワーズームで、XC16-50mmと比べるとかなり小型軽量化されているようです。光学系には、非球面3枚とED2枚を使っているので、光学性能にも期待したいところですね。

2018年1月30日 | コメント(12)

コメント(12)

あと5mm短ければ・・・X-E3に付けたときバランスが良かったのだが。
文句言ってますが、15mmスタートは貴重なので発売・即買いします(笑)
PS
先ほど富士山より「2/15開催デジタルカメラスペシャルイベント」の案内が来ました。
いよいよX-H1に触れます( ^)o(^ )

XC15-45はレンズ構成が思いのほか贅沢で、なぜこれでXFじゃなくXCなのかってぐらいですね。シグマの実質Artなcontemporaryシリーズを彷彿させます。
おそらく動画用途に耐えるのを目的としたんでしょうが、XCの割には値段張りそうな気がします。どうなんでしょうかね。
エントリーのAシリーズの競争力が下がるのが心配です。

XFクオリティで同じ様なコンパクトズームが欲しくなりますね。
パワーズーム無しでいいので

本当に楽しみ!やっぱりプラマウントなんでしょうかね〜?

XC15-45mmは、2色あるのですね。
XCは廉価版ですが、ブラック色は高級感ありそうですね。

重量アップは内容的に仕方ないですね。電子水準器があればレンズ込みでサブ機として検討したいです。

レンズについては電源を入れると1.5倍の長さに伸びると考えていいのでしょうか

X-A5、電子水準器が載るならレンズ込みで買っても
良いんだけれどどうなることやら?

X-A5は上面パネルのエッジが丸くなっていますね。
X-A20も同じっぽい。
XC15-45㎜はキットレンズはシルバー色で、
ブラックは個別購入ですかね。。

現行のXC16-50mmⅡのカタログ見ますと、
φ62.6×65.2mm(W),98.3mm(T) 195g
ですから、15-45mmと比べると広角端でのサイズは全く同じです。標準レンズを15-45mmに替えても手の馴染み方は同じということでしょうね。


しかも重さが60g(約3割)軽いうえに沈胴するから持ち運びはより楽になります。

手持ちのXC16-50IIで実測してみました。
15-45の沈胴時サイズは、16-50をズームリング先端位置で切り取った大きさですね。ポケットには入りませんがとても扱いやすいサイズだと思います。

EDは増えてますがレンズ構成が一群減っているので、光学性能は互角なら上出来かも。どのくらい写るのか現物で確認したいですね。

※PZはパワーズームの記号かな?

本日発表されまして、ついでに気になる値段もわかりました。
キット商品が、お値段的にオススメです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年1月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-H1はボディ内とレンズ内のデュアル手ブレ補正が可能になる?」です。

次のブログ記事は「パナソニックがGF10を2月1日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る