タムロンが「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」の開発を発表

タムロンが、ソニーEマウント用の標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」の開発を発表しました。

28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) を開発

  • タムロンは、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応の大口径標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」を開発した。タムロンは従来の一眼レフカメラ及びAPS-Cミラーレスカメラ用レンズに加え、フルサイズミラーレスカメラ用レンズのラインナップ拡充に努めていく。
  • 製品設計の工夫により、ワイド端での最短撮影距離は0.19mを達成。
  • 質量550g、全長117.8mmと、大口径標準ズームクラスとして軽量・コンパクトなサイズを実現。
  • AF駆動には静粛性に長けた、高速・精密なステッピングモーターユニット「RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を搭載しているため、動画撮影にも適している。
  • 屋外の撮影を考慮した簡易防滴構造や、汚れがつきにくくメンテナンスも容易な防汚コートの採用。
  • ソニー製カメラに搭載されている「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」にも対応。
  • 発売予定日は2018年中頃、希望小売価格は未定。

 

タムロンが、初のフルサイズ用のEマウントレンズ28-75mm F/2.8の開発を発表しました。最短撮影距離がワイド側0.19m、テレ側0.39mとなっているので、全域で0.33mのA09IIとは、光学系が異なるようですね。

ニュースリリースでは「フルサイズミラーレスカメラ用のレンズラインナップ拡充に努めていく」と述べられているので、第2段、第3段のフルサイズミラーレス用レンズの登場も期待できそうです。

2018年2月22日 | コメント(6)

コメント(6)

A09比でもたったの40gの増加とは、流石TAMRON。皆が28-75に何を期待しているか、よくわかっていらっしゃる。最短撮影距離の変更は調整の範疇か光学系の変更かまだわかりませんが、軽さと明るさを兼ね備えた新レンズの登場に、今から発売が待ち遠しいです。

光学系は当然新規かと。フォーカシングレンズが重い一眼レフの光学系をミラーレスに流用は無理でしょう。コントラストAFが遅くなっちゃいます。

「製品設計の工夫により0.19mを達成」という表現が気になります。
調整を含んだA09IIの移植だと予想しますが、その場合はFマウント基準のフランジバックを活かして後玉を下げる機構などを追加することで実現しているのでは。

と思ったのですが、別の報道記事ではA09の描写を狙っている?とのこと。
移植の場合は不適当な表現なので、やはり光学系は別物なのでしょうか。

各社のミラーレスの情報もある程度わかってきたのですぐに市場に対応できるように早めの開発でしょうか?

F2.8通しで550g、全長117.8mmって惹かれますねえ。
ワイド端で最短撮影距離0.19m、倍率はどのくらいなんだろう?
A09が0.33mで0.39倍だから期待しちゃいますね。値段も5.5万だったし。

F4通しの
FE2470Zが最短0.4mの0.2倍、426gで73mm x 94.5mm
FE1635Zが最短0.28mの0.19倍、518gの78mm x 98.5mm
とほとんど同じ重量感覚で使えそう。

Aマウント使っていたとき、最初に買った2.8通しがA09でした。
開放が眠かったような気もしますが、コスパを考えると便利なレンズでした。
A09とお値段は同じで、開放は、もうちょっとキリッとでお願いしたいです。

価格次第ではコスパ的にFEレンズの標準ズームの定番になるかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS M50 の詳細スペックと新しい画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る