キヤノンが換算50mmの大口径のEF-Mレンズを準備中?

Canon Rumors に、キヤノンのEOS M用の単焦点レンズに関する噂の続報が掲載されています。

The Coming EF-M Prime to be 50mm Equivalent for APS-C EOS M [CR2]

  • 今年の後半に登場するEF-Mの単焦点レンズは「換算50mm」で「明るい」レンズだと聞いている。推測するなら、35mm F1.4かF1.8(換算56mm)だろう。

    確実に分かっているのは、このレンズは30mmではなく、F2よりも明るいということだ。ISが搭載されるかどうかは分からない。確実なレンズのF値が分かるまでは、信憑性はCR2に止めておくが、このレンズが登場するのは間違いない。

    このレンズの発表は、9月25日から始まるフォトキナの前になると予想している。CP+の前に登場する唯一のレンズは、新しいキットレンズのようなので、2月にはそれほどエキサイティングなものは登場しないだろう。

 

噂されていたEF-Mの単焦点レンズは、明るい標準の単焦点レンズのようです。発表はCP+ではなくフォトキナになるようなので、CP+ではあまりレンズの新製品には期待できそうもない雰囲気ですね。

記事で言及されている新キットレンズは、登場が噂されている新型Kissのキットレンズでしょうか。

2018年2月 1日 | コメント(5)

コメント(5)

換算50mmF1.4なら欲しい
というかEFの50mm待ちくたびれてるので、その繋ぎとして使いたいサブカメラのほうで

EF-Mなら35という数字に縛られる必要はないので普通に31でいいと思うのですが。
もしかして噂されてるフルサイズミラーレス用のレンズなのでしょうか?

換算50はずっと待っていたので嬉しいニュースなのですが。

ほんとEFの50はどうなってるんですかね。すでにキヤノンの主力部隊はミラーレスに集結してそうですが。

EF-Mで換算50mm魅力的ですね。
レンズのサイズが気になるところですが、欲しいですね。

EM-Mの明るい単焦点は待ちわびているので、これは良いニュースです。
35mm一本だけではなく、もっと広角の単焦点も含めて3本くらい一気に出して欲しいところです。

35mm F1.4だとしたら、フィルター系はどのくらいになるでしょうか?現行のEF-Mレンズとは異なるデザインになると思われるので、今後のEF-Mレンズの方向性が今から楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2018年2月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGF10のスペック」です。

次のブログ記事は「ソニーα5300・α7 III・α7S III の発表時期に関する噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る