PENTAX K-1 Mark II の画像 [内容更新]

軒下デジカメ情報局に、PENTAX K-1 Mark II の鮮明なリーク画像が掲載されています。

リコーの「PENTAX K-1 Mark II」の画像

  • 間もなく発表される「PENTAX K-1 Mark II」の画像

pentax_k-1ii_001.jpg

pentax_k-1ii_002.jpg

pentax_k-1ii_003.jpg

pentax_k-1ii_004.jpg

pentax_k-1ii_005.jpg

pentax_k-1ii_006.jpg

pentax_k-1ii_007.jpg

pentax_k-1ii_008.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから提供していただいたもので、一部元記事と異なるものを掲載しています。

リーク画像が出てきたので、K-1 Mark II の近日中の発表は確実と見てよさそうですね。K-1 Mark II の外観は、機種名を表すロゴマーク以外は、K-1からほとんど変更されていないようで、以前の噂通り、K-1 Mark II はK-1にアクセラレーターを追加したマイナーチェンジモデルになる可能性が高そうです。


[追記] 元記事に、K-1 Mark II に関する次のような情報が追加されています。手持ちリアルレゾリューションは、注目ですね。

- アクセラレーターユニットを新搭載
- 新たに手持ち撮影モードが加わった"リアル・レゾリューション・システムII"
- キット(国内):ボディ・28-105WRレンズキット

2018年2月20日 | コメント(39)

コメント(39)

スマートファンクションまでいじらないってありえるかなぁ?

機種名のプリントにⅡがなかったら区別できないくらい全く同じですね。

値崩れ対策のマイナーチェンジでしょうか?
ハードの変更はアクセラレーターくらいで、K-1もファームアップでほぼ同等になりそうですね
これならK-1ユーザーの心も離れないでWin-Winになりそう
機種名もMark IIではなくIIになりそうで安心しました
K-3II後継もK-1 IIの次に出て来そうですね

同じにしか見えないですよね。w
でも、K-5持っていてK-5II/IIsが出た時も「なんだ、なにもかってねぇじゃん」って思ってあとで欲しくなった時のことを思い出すんですよね。
まあK-3からK-3IIほどはかわっていないようですし、
K-S2からK-70と型名まで変わったのに見た目は変わらず、 でも中味がごっそり違うとか、
ペンタックスのモデルチェンジはあとでわかってくるほど、実は新旧で使い方に違いが出るほど違ってるんですよねぇ。

いつも通り、メーカーが嫁バレ対策をしてくれたのでしょうか(笑)

これほど嬉しみのない新商品画像リークも珍しいですねw
やはり中身がどうなってるか気になります。

ほとんどの部品がK-1と共通ならK-1の修理可能期間が伸びれば、既存ユーザーにとってはいいことだ。

ガワは変わらずですね。
中身はアクセラレーションユニット追加でぎゅう詰めの中身が更に詰まっていくのでしょうか?初代k-1も基盤交換でアップグレードサービスがあったらなぁ

ローコストで高感度番長の出来上がりのようですぬ。
ピクセルシフトもさらに実用的になれば、かなり遊べる機体になりそう。

想像ですが、
センサーか、重要な性能に関わる部品のメーカーが変わったのかなあ。供給ストップで。
あまりにもマイナーチェインジ過ぎる。
それゆえに、同じ型番として名乗れなくなったとしか・・・

ペンタックス(リコーイメージング)は変えない、という約束を守ろうとしてたんじゃないでしょうか・・・

K-1はバッファなど単純処理速度向上するだけのアップデートだけでもありがたい人は多いと思う。

アクセラレータはハードウェア部品ですのでファームでどうこうなるものでもないですし、基盤に取り付けることを考えると修理でK-1に後付けできるものでもないと思いますよ。

本当にアクセラレーター+αの変更なんでしょうね…

高感度が更に強くなるのなら、暗所でのオートフォーカス性能も更に引き上げて欲しいです。
実は
液晶がタッチパネルになっていて、ライブビュー時には…なんて言うのがあれば嬉しいかも知れません。

軒下さんのTwitterで、今週発表される「PENTAX K-1 Mark II」…と出てきていましたので、CP+前に発表が来そうですね。その際もう少し詳細が公表されれうと良いのですが、目玉はアクセラレーターと手持ちレゾリューションの二本立ての様です。
バッファ追加やメモリスロットの更新、ニコンのようなアイピースシャッター、サポートの照明LEDの赤色切り替えとかあれば良いのですが今回お預けみたいで残念。
シャッターのしゃくるような感触だけでも消えてないかなぁ。
CP+でペンタに田中希美男氏のセミナーが無いのが気になりますね。スケジュールあわなかったのでしょうか?それとも今回は他メーカーなのかしら?

ソニーもガワが変わらない進化をしているので、これで良いと思います。K-1iiiもセンサーを変えて、ガワはこれでもいいくらい。ロゴは今のうちにパーマセルを貼っておけば、いつでも更新できますし(笑)

手持ちのリアルレゾリューションすごいですね。オリンパスは先を越されましたね。

ついに手持ちリアレゾ来ますか!
オリンパスの技術者が手持ちハイレゾ困難って言ってたので半分あきらめてたんですが。

SDカードやUSBの仕様変更なしを見るとアクセラレータ以外は基盤はあんまり変わってなさそうですよね。リアレゾ2がK-1でも実現できればすごいんですが…

手持ちリアレゾ…
すごく気になりますね~

それがK-3IIの後継機にも搭載されればなお素晴らしいのですが。

リアレゾ2は、SRやKPの高速電子シャッターを応用かな?
最近、中判デジタルでピクセルシフトは普通の技術と知って驚き、ハッセルブラッドの6ショット合成とか驚愕。
どうなるか興味深い。

スマートファンクションにカスタマイズポジションはないのですね。
要望が多いからKPでは付けたのかと思ってましたが。

良いと思いますよ。
フラッグシップ機の熟成。

昔のカメラメーカーみたいにK-1からMark IIへの有料アップグレード、無いでしょうかね。
無理だとは思いつつ、ペンタックスなので少し期待してしまいます。

たとえ条件つきでも手持ちリアレゾが実現したら「事件」ですね。どんな素子をどう使って実現したのか半信半疑ですが、本当であれば無条件にK-1中心のシステムにします。発表まで興奮して夜眠れなくなりそうです。

外観変えないのは好感が持てる
そこにリソース突っ込むなら中身でお願いしたいのはペンタユーザーの常
外観は最初から良くできている

手持ちリアレゾが実用になるならば、自分にとってはフルモデルチェンジといえる位の重みがあります。36MPの従来と同じセンサーだと思っていたけれども手持ちリアレゾを実現するとなれば、高速読み出し可能な新センサーなのでしょうね。リアレゾが気軽に使えるようになるならば素晴らしいことですが、それと同時に、RAW撮影の場合あのサイズのデータがバンバン増えることになるので色々大変です。

外見はほとんど変わらなくて、内部のブラッシュアップに徹したようですね。
これだけだと買い替える必要はあまり感じないのですが、
アクセラレータ搭載とリアレゾ2搭載はとても気になりますね。
特にリアレゾ2になって手持ち撮影モードが追加されたので、
どのくらいの実力なのか興味があります。

ただ、以前の噂でK-1のファームアップデートは行わない記載があったようですが、
アクセラレータはハードなので後から追加はできないと思いますが、
リアレゾ2はファームアップデートで何とかならないんですかねぇ?
実はイメージセンサーも新型で、それとアクセラレータとの連動で実現しているので
ファームだけでは対応できないんでしょうねぇ・・・
ちょっと悩ましいです・・・

きっとCP+で発表があるでしょうから、楽しみにしています。

リアレゾのストロボ対応はできないのでしょうか?できたらとても嬉しいのですが…

やはり手持ちリアレゾ来ましたね。どこまで広い条件で可能なのか楽しみです!

周りの余白が少なくて窮屈そうなロゴに、ちょっとやっつけ感を感じてしまいます。
旧来機種の様に「II」を下段に配置出来なかったのかな。
スマートファンクションもKPみたいにカスタムが幾つが出来たら良かったと思いますし。

でも、手持ちリアレゾはどんな感じか見てみたいですね。

K-1のデザインはGRシリーズと同じで完成の域に達しているので
見た目は変わらず中身だけ進化していく方向性は好感が持てます

またアクセラレーターユニットの搭載は
動きモノや薄暗い屋内では鬼に金棒なので悪条件での撮影環境だと
初号機K-1と比べたら格段に次元の高いカメラなのでは?

ただ気になるのが
手持ち撮影が可能なリアレゾをバシバシ撮るのなら
Digital Camera Utility 5 のレスポンス向上は必須項目ですよね

それとFAレンズにシルバーが多いので
シルバーボディが欲しいのですが 今回も黒だけですかね?
初号機K-1黒を購入したのでK-1銀は足踏みしましたが
K-1 Mark II が出るのならK-1銀は完全にパスです
そうなると また終了間際に登場する銀待ちとなるのかしら?
この一連の流れ 飛び付く元気を失う販売戦略ですね


2月22日に発表のようです。
K-1ユーザーに朗報があります、マーク2相当にアップグレードするサービスが限定で行われます。
メイン基盤の交換で、50000円との事です。

5万も出すなら、K-1下取りに出してMarkII買った方がいいのでは?

いや、それなら、今底値¥179,800のK-1を買って基盤交換してもらった方が得じゃない?

数年後の買取価格考えたら、Kー1II買った方がいいかと

K-1の基盤にはアクセラレーターの為と思われるフットプリントがあります
おそらく有料サービスで基盤交換ではなくアクセラレーターを後付けするのでしょう
それ以外はファームウェアで同等になると思いますよ

有償アップグレードがある。明日発表! 本当に?

こんなメーカーがあったら面白いのになという希望が実現するんですね。
ペンタックス、昔から変わらずのペンタックス。
凄い事だと思います。

K-1自体がこういったブラッシュアップ前提で企画されたものなのかもしれないですね
MK3が出る頃にはMK2のセンサー交換があったりするかもしれません

今のところK-1でISO6400-12800くらいまで実用できているので
アクセラレータ装備でもう二段上がったら25600-51200が実用範囲に!?
この間修理に結構お金を使ってしまいましたがアップグレードもいいかもです(^^)

従来のイメージセンサーのまま手持ちリアレゾに対応するとなると、センサからの読込速度がドラスティックに改善して一瞬での撮影が可能になるということはちょっと考えづらい。そうすると、4枚の撮影が終わるまでの間、手ブレ補正を効かせ続けるのだろうか。SRの精度がそれなりにアップして、それが可能になった?

もしそうだとすると、撮影時には2秒間前後の間、かなりしっかりとホールドしないといけないかもしれない。

それから歪が大きめのレンズの場合、センサーが大きく動いてしまうと画像内の、ある点がレンズの4箇所の(歪み度合いの異なる)部分によって作られて重ねられることになり三脚使用時より解像度が落ちるかもしれない。

また、もともとリアレゾは焦点距離が短めのレンズで有利、長くなるほど効果が薄くなる感じだったのが、よりその傾向が強まるかもしれない(長いレンズほどセンサを
大きく動かす必要があり条件が厳しい)。

それでも三脚がなくても、全くリアレゾが使えないよりは、一発ではだめでも何度かやり直せばバシッと解像するのであれば、大きな進歩だと思う。

ただ、できれば撮影も一瞬で終わるようになれば、揺らぐ植物や、雲に格子状の模様が入らなくなって助かるのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年2月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンはCP+で大きな新製品は発表しない?」です。

次のブログ記事は「タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る