タムロンは将来フルサイズミラーレスが標準になることを見据えている

DPReviewに、CP+会場で取材した主にタムロンのFEレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」 に関するいくつかの情報が掲載されています。

CP+ 2018: First look at new Tamron FE-mount 28-75mm F2.8

  • タムロン28-75mm F2.8 Di III RXD は、焦点距離とF値は一眼レフ用の古い28-75mmと同じだが、完全な新設計で、フルサイズミラーレス用に新しく開発されたものだ。
  • このレンズの重さは550グラムで、比較的軽量コンパクトだ。24-75mmの焦点距離も検討されたと聞いているが、タムロンのエンジニアは、このレンズを可能な限り小型軽量にすることを選択した。このため、鏡筒は金属ではなくポリカーボネートが使用されている。
  • レンズ名に「SP」は付いていないが、タムロンはこのレンズは際立った光学性能になると主張しており、防塵防滴のシーリングも施されている。このレンズは、フルサイズミラーレス(ソニーだけでなく、将来登場するかもしれないキヤノンやニコンのミラーレスも含む)用の新しいレンズシリーズの基本となるレンズだと聞いている。
  • このレンズで重要な開発の1つが、AF用の新しいRXDステッピングモーターで、これはミラーレス用のレンズでは重要だ。
  • この新しい28-75mm F2.8で、タムロンは明らかにフルサイズミラーレスカメラが、将来、標準になることを見据えている。

tamron_28-75f28_030.jpg

28-75mm F2.8 Di III RXDは、フルサイズミラーレス用レンズシリーズの第1弾のようで、今後、このシリーズのレンズが充実しそうですね。

28-75mm F2.8の開発では小型軽量化を重視しているようですが、これは純正の24-70mm F2.8 GMと棲み分けるには良い判断かもしれませんね。

タムロンのFEレンズでは、ステッピングモーターと新しいミラーレス専用の光学系が採用されているので、AFに関しては、シグマArtシリーズのFEレンズよりは有利になりそうです。

2018年3月 2日 | コメント(26)

コメント(26)

>フルサイズミラーレスが標準になる

これには最近の第三世代フルサイズαをみているともう必然としか考えられなくなってきています

個人的な考えとしては単焦点はArtのように重くても画質最優先主義、ズームは軽くて便利に気軽に撮れることを希望しているので今回のタムロンのレンズはいいと思います

さすがタムロン、ユーザーが何を求めているのかをわかってる。
GMは画質は最高に良いのかもしれないが重すぎる。
気軽・手軽に使えるこのレンズは本当に売れると思う。
早く発売されないかな!

皆さんがおっしゃる通り、小型優先の設計で良いと思います。

強化プラのボディですが、その分、
価格が安ければ気兼ねなく使用できますので。

これに続くレンズがシリーズ化される事を、熱望します。

画質を追求したF2.8ズームでありながら、小型軽量なのはいいですね。
標準ズーム域をどう定めるかは難しいでしょうが、スマホのお陰で24-28付近が標準的に使われるようになった昨今、21-50 F2.8なんてのもありかも?とも思います。

フルサイズミラーレスが標準になるということは、APS-Cミラーレスの裾野も広がっていくと、個人的に思ってます。
サードパーティ製のレンズがパパママカメラユーザーにまで浸透していったら、カメラ業界全体が盛り上がるのになぁ(^^) タムロンはそんなレンズを作るのにピッタリなとこだと思うので。
売れ筋はパパママカメラだから、そのユーザーが「手頃な値段でいいレンズがある」って思い始めたら、どんどんレンズ沼にハマってフルサイズ移行していくのでは、と思います(^^;

標準ズームで、手頃な重さでありながら、F2.8通し。それで、値段も手頃、写りも妥協が少ない、となれば売れるだろうし、実際には、GMレンズを持ってますが、欲しいです。

こういったレンズをサードパーティーが出してくれると、システムが売れると思われます。純正が軒並み高いので、こういう選択肢はうれしいですね。

タムロンが、このタイミングでFEレンズを発表したのは、
ニコン、キャノンがフルサイズ ミラーレスを今年発売する具体的な
確信、またはニコン、キャノンから直接の情報があったから、
発売に踏み切った様な気がします。特にニコンのフルサイズミラーレス
は、夏頃近辺に発表するのではないでしょうか?

カメラ本体はミラーをなくすことで
軽量化できましたが
スタンダードになるにはレンズも革新がいりそうです

小型軽量化を重視は良い響きですね。
最近は、重量増加とサイズの肥大化で、そんなに大きく
重くしなければ良いレンズは作れないの?と思っているので
レンズメーカーから小型軽量化の声が聞こえるのは嬉しいです。
省資源にもなりますし、小型軽量化は正義です。

ユーザーが待ち望んでいたコンセプトを射抜いてくれました
夏とは言わす早く出してほしい
絶対買います

これはつまりフランジバックの短いフルサイズミラーレスマウントがソニー・ライカ以外からも出ると読んでいるのでしょうか。
今後タムロンがどのようなフルサイズミラーレス専用のレンズを出してくるのか次弾が楽しみですね。

小型軽量はいいけど、最近はセンサーは高画素、クロップありが標準になってきているから
28-50とか24-50とかで銅鏡の長さを半分ぐらいにできないものかと思ってしまう。

こういうものがあってはならぬとも
こういうものしかあってはならぬとも思いません

有望な市場に多くの製品が出されて
その結果バラエティ豊かになり
自分に適したもの好むものが自由に選べる
そういう状況にミラーレスがなってきたことを
喜びたいですね

タムロンってOEMやってるから、ボディーメーカーからレンズの開発依頼でも入ったのでしょうかねぇ。

暗くてもいいので小さくて良く写るレンズが欲しいです。

金属をやめたのは大歓迎です!24mm始まりが良かったけど軽量のためなら仕方ない。もう少し小型が良かったけど、これなら気軽な旅行に持っていけそうです。

以前Aマウントであったソニーとの協業関係とは事情が違うのかな?

この製品がSPで無いのであれば、
いずれ開発されるスーパーパフォーマンスシリーズは
非常にハイレベルになりそう。

ジョイナスさんと同意見で、焦点の範囲が狭くてもいいので全長が短いレンズを望んでいます。寄れるなら24-40mmでも、室内から料理まで撮れるので、使い出があります。
タムロンがフルサイズミラーレスを標準とするのは、他の追随を生むので歓迎です。SIGMAは現在フルサイズ一眼レフを標準にしていますが、広角側だけでも、ミラーレスに最適化してほしいですね。

昨日CP+でtamronの中の人に話をうかがいました。
解放ではトロっとした写りで絞り込めばキリッとする写りとの話。GMとはまた違った表現を目指しているとのこと。
軽量化といい、写りといい、とにかく楽しみです。早く夏にならないかなあ(笑)

こうなると、100-400のミラーレス版が欲しくなります
このレンズと、望遠、そして、手頃な広角
それらがあれば、私のような一般的なパパママカメラユーザは十二分のような気がします

こういう思想はいいですね!
他の方も言っておられますが、24-50なんてな面白い!
何なら24-35、35-55で明るさをF2にするなんてのも面白いかもですね。これで軽いレンズなら単焦点レンズを、切り替えなしで2本分みたいな、ズームレンズではなく多焦点レンズてきな物があるとワクワクしますね!

安価な望遠レンズもお願いしたいです。
Eマウントの純正レンズはアマチュアからすると
非常に敷居が高いので

ミラーレスが主流になるのは間違いないでしょうが、フルサイズが主流ですか。確かにapscで頑張っていくのが確かなのはフジぐらいですからね。d700、5d、α900の頃はプロ機を除けばフルサイズを三社が一機種ずつしかラインナップしてなかったことを思えば隔世の感です。これも生産含めたセンサー技術の進歩のおかげですね。この先如何にセンサー技術が進歩しても、流石に中判はレンズが大きすぎて主流になるのは厳しいでしょうし。しかし古にライカが選んだ落とし所が今後も主流とは、偶然だったのかも知れませんがやはりライカはすごいですね。

本日CP+で見てきましたがAPS-C用高倍率ズームくらいのサイズでf2,8通しはいいですね。
触って重さも確認したかった,,,
発売が楽しみですね。
またEマウントが面白くなりそうです。

記事の通り、良い傾向だと感じます。

大三元でも小三元でもない、小型軽量を重んじたミラーレス専用「タムロン非SP」のレンズは、コストパフォーマンスの良し悪しとはまた別の新しい付加価値があると思います。

「フルサイズミラーレスに対応し、小型軽量で、ある程度明るく、充分な画質を得られるズームレンズ」という条件を満たす商品は、近いうちは多く登場しないかもしれません。N社もC社も、フルサイズ一発目のレンズにはきっと最大級の力を込めるでしょう(少なくともSONYのGMシリーズに並ぶ)。
その一方でタムロンは、既に「最も快適なサイズ・バランス感のフルサイズミラーレスカメラ」という一つの理想像を描いて動き初めている。28-75mmF2.8の登場がその証明だ、という印象を受けています。タムロンの「非SP」の将来に期待する気持ちが止みません。

24-70は便利で24-105はめちゃ便利ですが、共に24mm域は主流とは言え
無理して入れてる感は否めないので、欲張らずに28-75で高品位を目指す
E用新設計レンズが楽しみです。

広角ズームを出す時にも(始まりは置いといて)30mm位で済むと、
また良い結果に繋げられたりしそうです。
とは言え、まずは28-75mが出てからですが非常に興味深いです。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年3月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE24-105mm F4 G OSSの望遠端はこのクラスでは異例の高解像力」です。

次のブログ記事は「リコーGR III は9月のフォトキナで発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る