富士フイルムX-H1はX-T2から高感度の画質が改善されている

ePHOTOzine に、富士フイルムXシリーズのハイエンドモデル「X-H1」のレビューが掲載されています。

Fujifilm X-H1 Expert Review

  • ボディは素晴らしいクオリティで、非常に頑丈に感じる。大型のフロントグリップと、面積の大きな背面のサムグリップが採用され、片手での撮影もずっと簡単になった。また、大きなレンズとの組み合わせにも向いている。
  • シャッター音は静かで、富士フイルムはXシリーズで最も静かだと述べている。
  • フリッカー検知モードが搭載されており、室内の撮影でフリッカーを避けることができるが、この機能を使用すると、連写が電子先幕シャッターで7コマ/秒、メカシャッターで5.5コマ/秒に低下する。
  • リーフスプリングを使ったシャッターボタンは非常に敏感で、半押しと全押しの差がとても小さい。
  • バッテリーライフは310枚で、改善されていないのは残念だが、バッテリーグリップ使用時は3つのバッテリーを使用可能でバッテリーライフは3倍に伸びる。
  • 連写のテストはバッテリーグリップなしで、メカシャッターを使用し、UHS-IIカードで行った。連写はJPEGでは8コマ/秒でスローダウンまでに570枚、RAWでは8コマ秒でスローダウンまでに24枚撮影できた。JPEGではスローダウンまでに極めて多くの画像が撮影できる。
  • フォーカスとシャッターのレスポンスはどちらも非常に速い。撮影から次の撮影までの間隔も非常に短い。
  • サンプル画像では、標準設定で色乗りが良いパンチの効いた画像で、色再現は素晴らしい。Eternaのフィルムシミュレーションを使うと、動画でもスチルでも標準よりも広いダイナミックレンジで撮影できて便利だ。
  • ボディ内手ブレ補正を使用すると、(16-55mmF2.8使用時に)1/8秒でシャープな画像が得られた。
  • AF性能は良好だ。AFが苦手なシチュエーションでは迷うこともあるが、そのようなケースは希だ。
  • 高感度ノイズはISO12800までは少なく、ISO25600でもまだ良好な結果が得られるが、ISO51200は使用を避けた方がいいだろう。X-T2と比べると、X-H1はISO12800とISO25600のノイズが少し改善しており、クラストップのニコンD500 / D7500と互角だ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯では暖色で、プリセットでは若干正確になるが、より正確に白くするにはマニュアルを使う必要がある。蛍光灯ではオートホワイトバランスはとても良好で、プリセットはごくわずかに色が傾く。オートホワイトバランスはミックス光源ではまずまず良好だ。残念ながら、他機種の多くにある「ホワイト」や「クール」のオートホワイトバランスは用意されていない。
  • オートパノラマモードは画像のつなぎ合わせが非常に上手く、良い結果が得られる。
  • 動画の撮影時に5軸手ブレ補正は非常に効果的だ。Eternaを使うとグレーディングなしで、ダイナミックレンジを広くすることができる。
  • X-H1には5軸手ブレ補正が追加され、スチルの低速シャッターでの撮影や、手持ちの動画撮影が可能になった。動画も多くの点で改善されている。これらの改善はスチルと動画のいずれのカメラマンにも魅力的なはずだ。X-T2から高感度の画質も少し改善されている。色再現も見事だ。しかし、残念ながらバッテリーライフは改善されておらず、また、バッテリーグリップなしでもボディは極めて大きい。
  • 良い点:ボディ内手ブレ補正、改善された高感度性能、素晴らしい色再現、多くのフィルムシミュレーション、高解像度のEVF、3インチのマルチアングルタッチ式モニタ、素早いAF。
  • 悪い点:バッテリーライフがグリップ無しで310枚、ヘッドホン端子を利用するにはバッテリーグリップが必要、ボディサイズが人によっては大きすぎるかもしれない。

 

X-H1は、ボディ内手ブレ補正や動画機能の強化、大型グリップの採用に加えて、画質も改善されているということで、とても魅力的な機種に仕上がっているという印象です。ボディ内手ブレ補正は、4K動画のサンプルを見る限りではかなり強力で、手持ちでもピタッと止まりますね。

2018年3月12日 | コメント(10)

コメント(10)

発売以来使っていますが、バッテリの持ち以外はかなり満足です。
ソニーのNP-FW50→NP-FZ100的な進化がフジでもあると良いのですが…

Eternaのサンプルすごくいいですね。これは欲しい・・・

買いました。

この記事の通り!という感じで非常にいい感じです。


手ぶれ補正機能のお陰で単焦点レンズ物欲全開モードに突入してます。

T2と同じセンサとプロセッサながら高感度が1~2段良くなっているのは魅力ですね。
今年の年末あたりに発売されるであろうT3に手ぶれ補正が搭載されないことが確定
したらH1買おうと思います。

自分も山本さんのおっしゃるように単焦点レンズを揃えたくなります。今、56㎜APDに接写リングを付けてマクロ撮影を楽しんでます。良い点、悪い点とも全く同感ですが、バッテリーについては富士フイルムは凄く慎重に考えているのかな?とも思います。
リチウムバッテリーはまだまだ分からないところが多く、我々としてもあまりバッテリーの急速な進化を望みすぎない方が安全と言う考え方もあるかと思います。

発売以来使ってます。
X-T2で不満だったところがほぼ解消されました。
単焦点レンズ群で手ぶれ補正が効くなんて感動的!
…ですが、私もバッテリーが不満です。
手ぶれ補正のせいかX-T2よりもちが悪くなり、みるみる減っていく印象。
ソニーがここを改善したので、余計にマイナスポイントになりますね。

欠点はいくつかあるけれど、良いカメラに仕上がっていると思います。
話題のバッテリーの寿命対策は二つあると思います。
一つはソニーのように新しい大きなバッテリーに変更すること。
もう一つはパナソニックの特許ような省エネモードを採用すること。
前者は次のX-T3では採用出来ない(と思う)ので、結論は後者ですね。
ホールド感が良くなったので大きさ、重さの増加はあまり感じさせませんね。

私が躊躇っている最大のポイントはフロントダイヤルの位置です。
X-T2ではこのダイヤルに露出補正を割り当てていますが、中指の先でダイヤル押し込んで回そうとすると、どうしても人差し指もボタンから離れてしまうのです。人差し指をシャッターボタン上においたまま、このダイヤルを中指の先で回せる位置に持ってきて欲しかった。

コンパクトさはある程度捨ててる路線なんですし、カメラ本体にNP-126Sを二本挿しできれば互換性の問題もライフの問題も解決なんじゃないかと思うのですがそれだとさすがにスペースの無駄が多いんですかね…?

APS-C機で最高画質と言われるD7500と互角というのはすごいですね!
センサーもプロセッサーもT2と同じなので、ファームウェアでT2、T20、E3の画質もアップデートしてほしいです。

ナイトメアさん
X-T3の発売前にはファームウェアで画質や位相差AFの点数増大による改善を行ってくるものと予想しています。
ただ、全ての機種かどうかはわかりませんが・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年3月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7 III のサンプルギャラリーに新しいサンプル画像が追加」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF24-70mm F2.8L IS の開発は最終段階にある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る