富士フイルムが認証機関に新しいカメラのコードネームを登録

軒下デジカメ情報局に、富士フイルムが認証機関にカメラのコードネーム「FF180001」を登録したという情報が掲載されています。

富士フイルムの未発表カメラが海外の認証機関に登録

  • 富士フイルムの未発表カメラのコードネーム「FF180001」がFCC認証を通過した。X-E3やX-H1とは別の無線部品なので、X-A5と同じくザクティ製か。凹凸は少なく、横幅は121mm前後になりそう。
  • FF180001
    -  通信モジュール:TYPE1FJ
      - FCCID:W2Z-02100005
      - Host system : FF180001
      - FCC資料発行日:2018年4月9日
      - FCCIDや無線部品はX-A5と同じ
    - Wi-Fi・Bluetooth搭載

 

FF180001は無線部品が外注のX-A5と同じということなので、レンズ交換式のエントリーモデルでしょうかね。FujiRumors は、X-T100(X-Tシリーズの廉価モデル)の可能性を考えているようで、また、もう一つの可能性として、ハイエンドコンパクトのX70後継機を挙げています。

ただ、横幅の121mmはX-E3とほぼ同じ大きさなので、X70後継機にしては少し大きすぎるかもしれません。

2018年4月13日 | コメント(8)

コメント(8)

X-A5の後継機種でしょうか。大きさは少し変わりそうですが、デザインの変更もあるかもしれませんね。EOS-M KissといいAPS-Cのミラーレス機も増えてきたので、エントリー機を更新するのも考えられます。4Kが15pだったので4K30pを実現して欲しいですね。あと連写速度の向上も必須でしょう。

X-A5は数ヶ月前(というか先月!!)に出たばかりでは……
X-M復活とも思えませんし、やはりX-A5の一眼レフスタイル版的なX-T100なんですかね

>X-A5の後継機種でしょうか
発売から2ヶ月でモデルチェンジはないでしょう。自分もX-T100だと思います。

X-T100としてT20から何を簡略化するんでしょうかね? EVFの解像度を下げて軍幹部ダイヤル類撤廃?

個人的にはT20の背面をX-E3風にスティックを使うように変更したものが欲しいです

仮にX-T100だとしたらキヤノンのKiss Mに対抗する価格帯の機種が必要になったということでしょうか。
X-A5にファインダーを搭載してバリアングルのような自撮りモニターにしたモデルをラインナップするのかもしれませんね。

X-A3の海外向け廉価版のX-A10がありましたが、それと同様X-A5の廉価版X-A20(笑)と想像します。

連投失礼します。X-A20はすでに発売されてました。m(__)m
さしずめ、X-A30ってことで(笑)

X-A5と同じベイヤーセンサー、同じ操作性、同じ性能でEVF付き、連写機能だけ少し早めて、ロングズームと標準ズームのダブルズームキット有りで、子供の運動会、習い事の発表会撮影に向いてますよにすれば、α6000、EOS Kiss M、OMD EM10markⅢの対抗機種になりますね。某量販店勤務ですが、カメラで一番売れるのが子供撮り用ダブルズームキットです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マップカメラの3月のデジカメ売上ランキングではソニーα7 III がトップ」です。

次のブログ記事は「Nikon 1 システムは休止しているだけで死んではいない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る