キヤノンが有機センサーに関する特許を出願中

Canon News で、キヤノンの有機センサーに関する特許が紹介されています。

Canon Patent Application: More details on a organic sensor

  • キヤノンは有機光電素子の研究を続けており、今回の特許出願(USPTO20180138432)では以前のものよりも、より具体的なセンサーについて述べられている。キヤノンは明らかに有機センサーの研究開発を前進させており、私はキヤノンいつこのようなセンサーの開発発表を行うのか興味深く思っている。

    パナソニックと富士フイルムが有機センサーを共同開発していて、数年前にプロトタイプセンサーを公開している。有機性能では、これまでのセンサーではほとんど不可能なダイナミックレンジと高感度性能の改善が約束されている。

canon_patent20180138432.jpg

 キャノンも有機センサーの研究開発を進めているようですが、実際に有機センサーをデジカメのセンサーに導入するのかどうかが気になるところですね。

センサー関連では、有機センサーの他にも、Foveonの特許切れで3層センサーにも動きがありそうですし、今後、センサーがどのような方向で進化するのか興味深いところです。

2018年5月26日 | コメント(3)

コメント(3)

有機センサーが停滞しているカメラの進歩におけるブレイクスルーになると思っていますので、期待してます。

怒涛のキヤノン・ネタですね。

そろそろ画期的な新型機の発売をお願いしたいところです。

センサーも既存技術ではそろそろ性能が頭打ちのように感じますので、新型センサーで飛躍的な性能向上を期待したいです。

有機センサーを実現できる企業はどこでしょうか。キヤノンかパナソニックか楽しみですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年5月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが120MP APS-Hセンサーを含むいくつかのセンサーの外販を開始」です。

次のブログ記事は「キヤノンが間もなくEF70-200mm F4L IS II とEF70-200mm F2.8L IS III を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る