キヤノンの液晶ディスプレイ付きのキットレンズの特許

Canon Watch で、液晶ディスプレイの付いたキヤノンの新しいAPS-C用のキットレンズの特許が紹介されています。

Canon's next 18-55mm kit lens might have an LCD display, patent suggests

  • キヤノンの特許JP2018005130Aは、次世代の18-55mm F3.5-5.6 IS のキットレンズ(Mark III になると推測している)に関して記述されており、次のキットレンズには液晶ディスプレイ(図の305の部分)が付く可能性があることが示されている。これは70-300mm F4-5.6 IS II で最初に目にしたものだ。

canon_patent_JP2018005130A.jpg

これまで、廉価なキットレンズには距離目盛りや被写界深度目盛りは付いていませんでしたが、あれば便利なものなので、APS-C用のキットズームに液晶ディスプレイが付くのは歓迎したいところです。新いキットレンズは、EOS 90Dと同時に発表されるのでしょうかね。

2018年6月20日 | コメント(12)

コメント(12)

取り組みとしてはとても面白いですね。
ただ、レンズにつけるのであれば従来のアナログ目盛りの方がコスト的にも機能的にも故障し易さ的にも良い気がするので、
マウントアダプタ等についたら面白いことが出来そうですね。

この図の位置だと、ペンタカバー前、内蔵ストロボのせり出し部が邪魔して見にくい位置になるので、もう少し前に出して欲しいところです。

EF-Mのキットレンズは15-45になったのに、EF-Sの方は18-55のままなんですかね。
センサーサイズの関係でキヤノンのEF-Sは他社より広角側が狭いので、もう少し広げて欲しいです。

廉価レンズで屋外や夜間の視認性をどの程度確保するのか興味深いです。

面白い取り組みですがユーザー的には
そろそろ広角15mmから初めてもらいたいような

やはりEF-Sでは広角寄り標準ズームって難しいんですかね
EF-Mはすぐに15mmズーム出しましたのに

そもそもナノUSMレンズだと回転部分が一切ないので(フォーカス部分は前後にスライドする構造)、距離指標はディスプレイで済ませたほうが楽なんでしょうね。
これから小規模なレンズは全部ナノUSMにしていくんですかね。

わざわざレンズにつけなくてもボディのペンタ上に液晶乗せれば全てのレンズに対応できるのではないかと思います。

液晶にバックライトはつかないのかな?

こうしたレンズもあっていいと思いますがキットレンズを使う層的には少しでも小さく軽く安価であることを望む人が多いのではと思うので液晶ディスプレイが付くことでコストやスペースがどれだけ影響を受けるのかが問題に思いますね。
大したコストも重量増にもならないのであればいいと思いますがそれより15mm始まりのキットレンズを用意したほうが受けるのではと思いますね。

他の方も書いていますが、18mmスタートは広角側が足りません。
15-85mmの後継レンズを出してくれないでしょうかねぇ。

隠れ銘レンズ70-300mmにも液晶が付いていましたね。キットレンズもUSMにすればAF爆速間違いないし。エントリーレベルの人が触ったときAFの速さを実感するので購入の動機付けになるかと思います。いい戦略だと思いますね。

今のキットレンズもかなり小型軽量で写りも良いのでキットレンズとしてはかなり完成の域に入ってると思うのですが、今後ミラーレスの流れがあるのにEF-Sで出すのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先週発表されなかった「LEICA CM」は発表が遅れているだけ?」です。

次のブログ記事は「ニコン「COOLPIX A1000」にはEVFが内蔵される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る