キヤノンのフルサイズミラーレスは30MP機と24MP機の2機種?

Canon Rumors に、キヤノンのフルサイズミラーレスに関する噂の続報が掲載されています。

Canon's Full Frame Mirorrless Cameras [CR2]

  • キヤノンは、2機種のフルサイズミラーレスを2019年の中頃までに発売する。最初のカメラは新シリーズのフラッグシップモデルになるだろう。以前に述べたように、このカメラには30.4MPセンサーが採用される。

    2番目のカメラは、より画素数の少ないフルサイズミラーレスになる。画素数に関しては様々な噂があるが、テスト機には様々な異なるセンサーが搭載されるので、これは異例なことではない。最も可能性が高いのは24MP前後の画素数だ。我々は、このカメラに6D Mark II の26.2MPセンサーやその改良バージョンが採用されるとは思っていない。

    上記のどちらのカメラにも4K動画が採用され、フラッグシップモデルには最高の動画機能が搭載されるだろう。うち1機種には、着脱式のEVFが採用される可能性があるとも聞いている。なお、ソニーα7S II に直接競合する高感度機の計画は現時点ではない。
  • マウントはどうなるのか?:この件に関する直接的な回答は得られていないが、信頼できるソースの1人が、フルサイズミラーレスカメラとEFマウントとの問題に "魅力的" な解決策が用意されていると述べていた。これが何を意味するのかは確証が無い。
  • 登場時期は?:どちらのカメラも2019年中頃に発売されるが、正確な発表日は現時点では分からない。
  • カメラの名称は?:現時点ではコードネームしか分かっていないが、EOS M1 の名称はいまだに使用されていない。これ以外では機種名を示唆する情報はない。

 

キヤノンのフルサイズミラーレスは30MPのハイエンド機と24MP前後の普及機(?)が登場するようで、同じく画素数の異なる2機種を用意していると噂されているニコンと同じような戦略のようですね。

発売時期に関しては、2019年の中頃という噂が事実だとすると、ニコンのフルサイズミラーレスよりも遅くなる可能性が高そうです。

2018年7月 5日 | コメント(27)

コメント(27)

マウント規格が気になりますね。

EF-Mのままでもフルサイズが収まるかなあと思っているのですが。

ソニー・ニコンとのガチの競合となるでしょうから注目します。

フルサイズのミラーレス、ニコンに続きキヤノンの情報も増えてきて、来年は本当に戦国時代ですね。
ニコンはマウント径が大きいという噂がありましたが、はたしてキャノンはどうするのでしょうか。
太いほうが設計が自由になりそうな気がしますが、もしそうならソニーに対して後発の利点を生かしてほしいですね。

ニコンが大口径で来るならキヤノンも同じ流れに乗って欲しいですね
CNフルサイズミラーレスのレンズはレフ機より明るいラインナップになる可能性が更に高まります

折角の新マウントですからニコンの特許のような非常に明るいレンズを世に出して欲しいです。

2種類のフルサイズミラーレスがでるのなら
選択肢が増えていいですね!

しかし、どちらかに着脱式のEVFが採用
が本当なら個人的にはがっかりです。

今までのCANONから出たミラーレスと
同じ仕組みだったらアクセサリーシュー
を使う可能性が高くEVFを使う場合は
外付け用のストロボなどは使えなくなり
ますよね!その点は考慮してほしいです。

フルサイズミラーレスで24MP前後の普及機
が30MPのハイエンド機とEVFでの差別化する
必要があるのか気になるところですね

後発の強み。他社を分析して夢を描くことができますね。ゆっくりし過ぎは駄目ですが・・・

Kiss Mのデザイン、機能そのままでセンサーだけフルサイズになったら、圧倒的に手軽なフルサイズって感じで魅力的だと思います。

一方、本格的なものを目指すと、やはり大口径マウントが魅力的。
既存EF-Mマウントを切り捨てるのではなく、新マウントとの二本立てとか、面白いと思います。

ワクワクしますね。フェイク画像も素敵ですが私は趣味的なカメラよりEVFがレンズセンターにある一丸レフスタイルのフィルム時代のNew F-1みたいなボディデザインを望みます。

未だにEF-M(またはEF-M改)で行くべきだと思いますけどねぇ。
EFとの互換性はよいとして。それでキヤノンはミラーレスでも勝てる予想も付くし。

EF-Mマウントにしてほしい派です。
ミラーレスの利点は何と言っても小型軽量。マウントを大きくしてしまうとレンズが大きく重くなってしまい、折角のミラーレスの特徴を生かせなくなります。

それに一番のライバルをソニーに設定すらなら、Eマウントより大きければ良いわけですからEF-Mマウントで十分です。

噂のハイブリットがレフ機にとって変われば私的には完璧なんですが。ハイブリットは勿論現行のEFマウントで。

キヤノンがどのようなミラーレスを出すか楽しみですね。
着脱式のEVFに期待します。
高精細なパネルを使って広視野、高倍率ファインダーを
用意して欲しいです。(倍率切り替え式が良い)
現状ではライブビューで拡大しピント合わせをしますが
倍率が足りなくてルーペを併用する事があります。
目標が小さく何もない空間にある場合目標を見失うと
倍率を落として探さなければなりません。
対象が動かない物であれば見失う可能性は低いですが
ゆっくりでも動く物は見失います。

そんな苦労をキヤノンの技術屋さんが分かってくれたら
嬉しいです。

以前は新しい専用マウントで来ると思ってましたが冷静に考えるとEOS Mマウントを使うほうが合理性はありそうです。
とは言ってもニコンとの競争上大口径を望む声も多いと思いますから、どのようになるのか楽しみですね

やっぱりマウント規格がどうなるのかは気になります。
Eマウントがあのサイズでフルサイズセンサーが入り、センサーシフト手ぶれ補正を積めたのはひとえにSONYの技術力でしょう(先行企業のOLYMPUSとの提携も含めて)。それでいて完成度の高いものが出るまで数年はかかりました。
同程度のマウント径のEF-Mで同程度の完成度まで何年かかるのでしょうか。仮にその数年で取り返しのつかない状況になるとしたら、マウント一新の方が未来を感じます。
なんにせよニコンキヤノン共にSONYに追いつき追い越すミラーレスを出して欲しいですね。

EF-Mマウントにして小型化してほしいという意見は当然ありますよね。
しかしキヤノンの人がEF-Mマウントをフルサイズに対応するのは難しいとインタビューで言っていたような。。。
そのインタビュー後に相当な技術的進化があれば対応できるのかもしれませんね。
キヤノンもニコンも期待っすね。

着脱式EVFは、表示ラグが増える等、どうしても性能劣化が起きるのであまり歓迎できないですねぇ…。
まぁ動体撮らないなら問題無いんですけど、メーカーとしてもラインナップが固まるまでは、保険的に着脱式EVFを用意したくなるものなのかも。

マウントはまだ分からないんですね。
斜入光に強いセンサー技術が開発できる見込みがあるなら、EF-Mのままという可能性もあるかな、と思いますがどうなるか。
マウント増えて、EFとEF-Sみたいな非互換がまた起きるのは勘弁して欲しい…。

マウントが小さいとレンズは逆に大きくなります。EF85mm F1.4Lがあのサイズに収まったのは、EFマウントの口径の余裕で後玉を大きくできたおかげとC社開発の人が言ってました。

2019年中頃ですか・・・。あまり遅いとレンズは全てソニーEマウントになってしまいそう。前倒しでお願いしたい。

しげさんの仰る通り、マウント径をセンサーサイズに大して小さくしてしまうと
ボディーだけは小さくなりますが、光学系に無理が生じるなど、小型化の障害となる要素が間違いなく増えるでしょうね。
仮に新マウントだとすると、数ミリのマウント径を惜しむがためにトータルでアンバランスなシステムに陥るなら
それこそEFマウントの径のままショートフランジバックにしてもらったほうが
マウントアダプターのデザインや形状もスッキリしそうで当面はEFレンズ+アダプターとなるユーザーにとっても違和感なく使えそうな気がしますね。

EF-Mにしようがフルサイズのイメージサークルを確保できる解像力のレンズを求めるとレンズは大きくなります。
レンズを小さくするならセンサーサイズを小さくして、それこそマイクロフォーサーズ並みにすれば二周りくらい小さいレンズにはなると思います。
Eマウントはソフトで周辺光量補正をしているわけで、フルサイズセンサー均一の光量を確保するならEF-Mでのフルサイズ化は難しいと思いますし、特にマウント変更は20年くらい先を見据えた大変革なので、目先の利益に囚われずしっかりした設計にしてもらえればいいと思います。
αに対抗したままのEF-Mだと将来的に不安が残りますし、ニコンも大型化しましたからFDからEFへの切り落としをするキヤノンからするとEF-Mのままのフルサイズはしないと思います。

>フルサイズミラーレスカメラとEFマウントとの問題に "魅力的" な解決策が用意されている
これはなんですか?笑 ハイブリッド仕様ですかね。
>着脱式のEVFが採用される可能性がある
これはEOS以前、フィルム時代のCanon F-1が復活するようなイメージが感じられますが、
EVFも数種類から選択するシステムになるとしたら興味深いです。

インタビューでは難しい的なことは言ってますが
EF-Mマウントは最初からフルサイズを見込んで設計されていると思います

24MPと30MPじゃさほど違いを感じないのですが、別のスペックで大きな違いがあるのかもしれませんね。
となるとカメラの性格も上位、下位ではなく、動画重視、静止画重視の違いになるような気がします。

フルサイズにef-mはまずあり得ないと思いますね。
解像力も光量も十分に得られないでしょう。
あくまでeos-m用のレンズですから。
フルサイズミラーレス用は新規設計か(それもどうかな)
従来通りEFレンズで展開すれば資産も活かせるし
良いと思いますね。

想像ですが、30MPのフラッグシップ機は、EF、EF- Mなど、付けるレンズによってセンサーが前後に移動するハイブリッドマウントで、5D4ぐらいのガッシリ分厚いボディ。そして、24 MPの方はEF- Mマウント用レンズ専用のフルサイズ機で、α7ぐらいの、軽量、薄型ボディを持つカメラではないかと思ったりします。いや、想像ですよ笑笑。

同時期に似たような画素数の噂が出てくるのが面白いですね。キヤノンとNIKONはやはり良いライバルなんだなと思います。革新的な機能はハイブリッドファインダーでしょう。技術的には可能なので使い分けられるという点でメリットを強調したいですね。2機種出るという噂ですが、片方はハイグレード、片方はスダンダード機でしょうか。キヤノンについてはまだマウントの確定した情報が入ってきていません。どのような仕様になるか、まだまだ注目していきたいと思います。

EF-Mのままなら、無理してフルサイズ詰め込むよりAPS-Hくらいがバランスよかったりして。
もしも新規マウントを起こすのなら、フィルム時代のフォーマットに囚われず、35mmフルサイズどころか645クラス以上も楽に飲み込む位の大口径で来て欲しいです。

EFマウントのままショートフランジバックにして、既存レンズはアダプターか、シグマの様なマウント交換サービスで対応、とかでもいい気がします。

EFレンズがそのまま使用できないなら
EF-Mではなくいっそ新マウントにしてほしいですね。
軽量・小型もメリットですがフルサイズの性能を生かせないなら本末転倒では。
携帯性重視ならEOS-Mシリーズ
性能重視→フルサイズミラーレス
棲み分けでお願いしたいです。

FDからEFにマウントを変更した時と同じくらいの変化がカメラシステムに起きているので、将来を見据えれば、マウントをガラリと変更する可能性もありかなぁと。
「フルサイズミラーレスカメラとEFマウントとの問題に "魅力的" な解決策が用意されている」
この言い回しが、全く異なる新規格のマウントでも、支障なくEFレンズが使えるよと言っている様に聞こえる。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックLX200がフォトキナの前に登場?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがXF10を7月19日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る