ソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSはズームとしてはトップクラスのボケ味

OpticaLimits に、ソニーの望遠ズーム「FE70-200mm F2.8 GM OSS(SEL70200GM)」のレビューが掲載されています。

Sony FE 70-200mm f/2.8 GM OSS (SEL70200GM) - Review / Test Report

  • 鏡筒の大部分は金属製で、卓越した造りだ。ズームリングもフォーカスリングも滑らかに回転する。ズーミング、フォーカシングでレンズの全長は変わらない。
  • フォーカスリングはバイワイヤ(モーター駆動)だが、従来式のフォーカスリングと比べて違いに気付く人はほとんどいないだろう。
  • AF速度は、少なくとも今回のテスト機のα7R II (これが最新モデルでないことは認めるが)では、ベストの一眼レフカメラよりかなり劣っていた。また、更に悪いことには、近接撮影ではフォーカシングを拒否することがあった(とは言え、これはまれにしか起こらない)。この現象は他のFEレンズでは目にしたことがないもので、ファームウェアのアップデートでソニーに修正して欲しいものだ。
  • 手ブレ補正の効果についてソニーは公表していないが、テストでは3段分前後の効果が得られた。
  • 歪曲はJPEGでは自動補正がかかり、ズーム全域で問題はない(全域でほぼゼロ)。未補正のRAWでは少々状況が変わり、70mmで2%のタル型、200mmで1.7%の糸巻き型になるが、極端に大きい値ではない。
  • 周辺光量落ちは、自動補正有効時は開放でズーム全域で0.8EV前後で、いくらか目に付く。未補正のRAWでは、周辺光量落ちは70mm開放では穏やかな値(1.16EV)だが、135mmと200mm開放では2~2.2EVの非常に大きな値になる。F4に絞ると周辺光量落ちはかなり改善するが、F5.6でも若干周辺光量落ちは残る。
  • 解像力は、テスト機が42MPであることを考えると素晴らしい結果だ。70mmでは中央は開放から素晴らしい値(excellent)、周辺部は良好な値(very good)で、隅は若干甘いが、F4に絞れば改善する。
  • 135mmの解像力は、開放時の隅の甘さがなくなり、より均一になっている。200mmでは中央は非常にシャープで、135mmより若干良くなっているが、周辺部と隅は135mmよりも悪くなっている。200mm開放では周辺部は良好な値(good)を保っているが、隅はそこそこの値(fair)だ。

sony_70-200f28gm_mtf_ol.jpg

  • 倍率色収差は、とても良好だ。広角側から中間域では平均で1ピクセルを下回るごくわずかな値で、望遠端では若干大きくなるが、それでも1.3ピクセルの控えめな値を維持している。
  • 玉ボケは、11枚羽根の絞りのおかげで、開放からF8まで完璧な円形を維持している。玉ボケの内部もかなり綺麗だが、絞ると輪郭が目立つのはマイナス部分だ。
  • 後ボケと前ボケは、わずかにうるささはあるもののとても滑らかで、ベストの単焦点には及ばないがズームレンズとしてはトップクラスだ。
  • 倍率色収差は、開放では前ボケに紫、後ボケに緑の色が付くが、F4では改善し、それより絞れば解消する。倍率色収差のテスト画像からは、絞った際のフォーカスシフトが無いことも見て取れる。
  • EF70-200mm F2.8 GM OSS は素晴らしいレンズだ。このレンズは中央から周辺部までは見事な解像力だが、隅はズームの両端ではもう少し解像力が高ければよかった。しかし、実写では通常は問題無いだろう。ボケもこのクラスのレンズとしては素晴らしい。鏡筒の造りは完全にプロ用機材の水準にある。
  • あまり関心しない点を挙げるとしたら、AFの挙動で、これはテスト機がα9なら異なるのかもしれないが、α7R II ではAF速度はあまり芳しくなく、他のソニーレンズでは見られないいくつかの不具合(近接撮影でAFが動かない現象)も見られた。

 

光学性能の評価は5点満点中3.5点となっていますが、「24MP機でのテストなら容易に4点になる」と記載されています。開放時の隅の落ち込みで少し減点されたようですが、高画素機のテストでは、ほとんどのレンズで隅が厳しい評価になるので、この程度なら問題はなさそうです。実写サンプルでは、ズームとしてはボケがとても綺麗なレンズという印象です。

2018年7月31日 | コメント(3)

コメント(3)

>AF速度は、少なくとも今回のテスト機のα7R II (これが最新モデルでないことは認めるが)では、ベストの一眼レフカメラよりかなり劣っていた。

かなり劣るとのことなので、ここはどのクラスのレフ機で比較したのか?α9だとどうなのか?
など、他の組み合わせならどうなのか?
そのあたりが気になるので続報がほしいですね。

キヤノンからソニーに乗り換えました。このレンズも使ってますが、100-400gmが優秀なので、差がつきにくい印象です。ボケはキヤノンのⅡ型の方が好みでした。開放で使いたい人以外は、100-400gmの方がお買い得だと思います。200単焦点で究極のレンズが出ませんかねえ。コシナzeiss でもいいし。

レンズ自体の性能(数値)としてはF4とかも含め、他社勢を抜いておりすばらしいですね。ボケ方については硬いという声もあったりですが、いろんな作例を見る限りではとても良好なようです。ただ2016年9月に出た製品ということでメカ部分は技術的に古いのではないかと感じます。その辺がAFの性能とかにも現れているのかもしれません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年7月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが「PowerShot SX 740 HS」を正式発表」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T3のバッテリーグリップは新型になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る