富士フイルムが「XF10」を正式発表

富士フイルムが、24MP APS-Cセンサーを採用したコンパクトカメラ「FUJIFILM XF10」を正式に発表しました。

プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」

  • 富士フイルム株式会社は、「Xシリーズ」の最新モデルとして、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」を2018年8月23日より発売する。
  • 約280gの小型・軽量ボディに、ミラーレスデジタルカメラ2,424万画素のAPS-Cサイズセンサーを搭載。
  • 撮影の基本操作を簡単に行えるようにボタン・ダイヤルを配置。背面液晶モニターにはタッチパネルを採用。シンプルで快適な操作性を実現。
  • 明るい開放F値2.8、焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)の広角フジノンレンズを搭載。レンズ先端から10cmまでの接写も可能。
  • 4K動画撮影に加え、さまざまな動画撮影機能を搭載。

fuji_xf10_010.jpg

XF10は、液晶が固定式になり、ホットシューが省略され、操作性が大幅に変更されているなど、X70とはかなり路線変更してきたという印象です。X70と比べるとかなり軽量されボディが薄くなっているので、取り回しはよさそうですね。

2018年7月19日 | コメント(27)

コメント(27)

レンズバリアがないのなら、せめて保護フィルターは簡単に付けられますように〜
X100シリーズやX70みたいにアダプターとか無しにして欲しい。
メーカーサイトにはアクセサリーとしてアダプターはないようですが、そもそもフィルターを付けれる構造になってないような・・・。

スナップで使いたいカメラを期待していたので、バリアが内蔵してない時点で選択肢から外れますね。小型軽量なのに惜しい.....押し開き式のバリアカバーが装着出来れば良いけど。
マクロも10cmはもう少し頑張って欲しいところだけど、APS-Cセンサーだと無理なのかな。GRII後継機の発表を待って比較して最終判断かな?

佳いですね~
あと私に必要なのは、F2.8のレンズに幾ら出せるのかの男気です...

小さくなって、24MP APS-C というのは魅力だが、すでに投稿されているように、レンズバリアがないのがちょっと... 。
フラッシュは省略してもいいが、ホットシューとGPSは付けておいてほしかった。

X70でワイコンを重宝しているのですが、
これではどうやら使えなさそうですね。
残念

YouTubeに上がっていた公式紹介映像を見てきましたが、どうやらレンズバリアの類は無いようですね
流石にレンズキャップはX100Fのようなものが付属するでしょうが、映像では確認できませんでした。
X100Fではフロントレンズは傷が付きにくい加工をしていてそもそも保護しない前提らしいですけどね。

バッテリーとSDカードを含んでの重さなんですね。
X70と比較すると340g → 279g なので相当軽量化されていますね。
高級感あるデザインとも記載されているので実物は格好良いかも?

説明を読んだ限りでは悪くはないんですけどねぇ、、、
求めてるものとは違う感じです。
もうちょいワクワクするデザインの方が良かったかな。

予想価格が税別6万円程度と出ているので、これはヨドバシやビックの価格でしょうか。
だとすると、キタムラは税込みで58000円台ということかもしれません。かなり安いですね。

あれ? 言われて気づきましたが、ワイコンなどは用意されないのかな?
保護フィルターもつけられないとか?

現役のXQ2ユーザーですが、XF10はかなり迷ってます。
XQ3の噂は全く聞きませんし、X80の噂はあるようですがかなり先になりそうですよね。
コンパクトさを重視しているので買うならこれなのかなぁ。

これだったらGR買う人多そう
値段次第かな

結局のところ画素数だけは時勢にあわせ増やしたものの、X70のコストダウン版だったということでしょうか。シューやチルト、絞りリングのある上位機も継続して欲しいところです。

レンズバリアがないのはどうなんだろうと思いましたが、
私はiPhoneをレンズむき出しで使っているので、同じ運用でたぶん問題ないかなという感じです。

Fujiユーザーとしては”これでX-Transだったら!!””シャッター速度ダイヤルがあったら!!””絞りリングが・・・!”とキリがないのですが、GRの事実上ディスコンの今、APS-C単焦点として、機能を削り、サイズや価格も戦略的になるのであればとてもいいモデルだと思います。
このモデルの売れ行き次第で、X-Transバージョンも発売されれば・・・(しつこい 笑い)

asmskiさんへ
ご指摘ありがとうございます。

APS-C素子を積んでこの重さ・この価格というのは、かなり思い切りよく割り切った機種のようですね。
個人的にはスマホ転送を前提に、スマホカメラでは実現し得ないボケや暗所動画を撮ることに特化した印象を受けます。ターゲットはスナップシューターとか本格的な写真マニアでは無く、+αを求めるインスタグラマーかな。

やはり以前の記事からレンズカバーの件をコメントされる方が多いようですね。
X70では無くてもデザインとコンセプトが優っていましたが、シンプルなデザインになったこの機種だとネックになりそうです。

サブ機買い替えの筆頭候補として続報を心待ちにしていましたが正直残念でした。

広角気味とは言え個人的にはf値2は欲しかった。でホットシューは絶対欲しかった。欲を言えばやはりファインダーも欲しかった(ホットシューなしでは光学の後付けすら不可能ですし)

コンデジとはいえAPSなので、それなりのハイアマチュアのサブ機としてのニーズが求められるはず。なのに拡張性や機能性はスマホからのステップアップ向けに感じます。これはちょっと見、豆センサーコンデジと機能は大きく変わらないんでは?(この層は単焦点には抵抗あると思います)。その分実売価格がX70より大幅に割安なのであれば納得できますが。軽量化を追求した点になびくフジファンの僥倖はあるかもしれませんが。

私はサブ機としてX30を愛用しています(流石にガタが来始めています)。X30系の後継機の登場に期待を馳せたいと思います。

X70の後継と目されていたX80について
X-TransIIIの消費電力が大きすぎるためコンパクトなボディと
バッテリーでは賄えないという言及が過去の記事にありましたね。
http://digicame-info.com/2017/11/x80x-trans-iii.html
この話が出た段階でX70の登場から21ヶ月が経過しており
情勢も鑑みて確実性の高いベイヤー機に舵をきったのでしょうね。
しかし私はかなり直前まで半信半疑でしたので富士フイルムが
X70で打ち出したコンセプトを堅持してきた事に感激しています。
できればGRのように大事に育てていって欲しいと思います。

 X70の正当な進化型を期待していましたので、がっかりです。バッテリーが、持っているカメラと共用できないのも辛いです。ホットシューが付いていないのも、光学ファインダー好きとしては、引いてしまいます。
 とはいえ、この軽さは魅力的ですね。1年後に中古なら購入検討するかもしれません。

スナップシューターとしてGRっぽいデザインだと思いましたが、レンズバリアがないとか不安感はありますね。
ホルスタータイプカメラケースを腰につけるとか、ユーザー側の工夫で使えるようにするのが良いのかも。
あとは、挙動がもっさりしてなかったらいいんですけどね・・・。

とてもエキサイティングなカメラなのですが
どうもこのクラスになるとどこも一様にレンズバリアを載せませんね。
どこがやっても技術的な難しさがあるのかなと一瞬思いましたけどリコーは何年も前に実装してますし
軽視されてるとは思いませんけど何故なんだろう

X70の後継機は別に用意されているのかも知れませんね。
その場合、レンズがどうなるのか?
ズーム?

可変液晶、X-trans、ホットシュー
だけではXF10との差別化が難しいように思います。

X70と同様なコントロールリングが付いているようですが、ちゃんとOFFにできるのだろうか。X70ではOFFにできず、割と重要な機能しか割り当てられないため、不意に触ってしまってよく失敗していました。

これ初め見たときにどうしてこんな形なのか思いましたが、富士の機種はなぜかあとでじわじわと愛着が湧くものが多いのでこれもそんな気がします。また意外と本体薄そうでミノルチナ的な雰囲気も感じます。薄さも正義ですよね。

レンズバリアないのか…
形態性が高く気軽に使うカメラには必須だと思うんだけどなぜ省いてよいと思ったのだろう?
あれば馬鹿売れしただろうに、謎だ。

グリップがイマイチ手に馴染まないね。70の時もそれはあったが、自撮りの時に持ち易く安定していた分、両方は無理かと納得した。今回は固定液晶だけにがっかりした。リコーなんか本当に手になじむから安定してカメラが持てる。奥行きさえ薄ければ、横幅が多少広くても良いのだが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが新ロードマップに追加するのは「XF16mm F2.8」「XF16-80mm F4」「XF33mm F1」の3本?」です。

次のブログ記事は「コシナが「NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る