富士フイルムが新ロードマップに追加するのは「XF16mm F2.8」「XF16-80mm F4」「XF33mm F1」の3本?

軒下デジカメ情報局に、富士フイルムが新たにレンズロードマップに追加する3本のレンズに関する情報が掲載されています。

軒下デジカメ情報局(Twitter)

  • 富士フイルム新ロードマップで「XF16mmF2.8 R WR」「XF16-80mmF4 R LM OIS WR」「XF33mmF1 R WR」の3本を確認した。

 

XF16mmF2.8 は、軽量コンパクトで扱いやすい広角レンズになりそうですね。また、XF16-80mmF4 は、要望が多かった換算24mmスタートのやや高倍率の標準ズームで、人気のレンズになりそうです。

XF33mm F1 は以前からネット上で噂が流れていたレンズで、開発が中断されたという噂も流れていましたが、俄然、製品化される可能性が高くなりましたね。

2018年7月19日 | コメント(13)

コメント(13)

まさかの16-80mmF4がロードマップに乗ってきますか。
33mmF1.0と共に登場が楽しみです。
両方欲しいです!

XF33 f1.0の復活は嬉しい限りです!必ず速攻で買います。
個人的にはXF16 f2.8よりもXF18 f2.0のMark2を期待してるんですがまだなんですかね。
にしてもボディといいレンズといい富士フイルムの躍進は頼もしい限りです。
今後はチルトシフトレンズやフジ純正の完全マニュアル小型レンズを出していただければ一生ついて行きます。

どれも最高過ぎますね。
33mmf1.0はキヤノンニコンのフルサイズミラーレスへの対抗馬として期待します。
500g以下なら15万円でも買いますが、900g25万円とかだと取り回しが悪いでしょうし考えてしまいますね。

16-80欲しい!!! あとは価格。。。

16-55mm F2.8買おうか本気で悩んでますが、16-80mm F4の噂が出てきたとなると少し様子見しとこう

この感じだと私のもっとも熱望している50-200mm F4か70-300mm F4-5.6も次辺りにはお目見えしそう……かな?
初期レンズの2型や非WRレンズのWR化マイナーチェンジなどもそろそろ見えてきそうですね

33mmF1.0はいま一番欲しいレンズです。

画質傾向がポトレ向きなふんわり柔らか系なのか、風景向きな鮮やかくっきり系なのか気になります。

開放付近でのAF速度が23mmF2.0並なら文句なしです。

16-80mmf4はいわゆる小三元ですが、フルサイズ用だと取り替える24-105mmが多いので、換算120mmは明確な強みですね。
同じく24-120mmf4のニコンの小三元はキットレンズとして多く出回ってますが、望遠端の評価が良くも悪くもキットレンズ並みだったので、こちらはキットレンズでないぶんしっかり作り込んで欲しいです。
GFXの売れ行きが良いようなのでそちらばかり注力することを危惧していましたが、Xレンズも次々と出るようで一安心です。

33mmf1、ついに来ましたね。
少々大きくても大丈夫。出たら即買いします。
そして富士からはますます離れられません。

16mmがWRなのも地味に嬉しいです。

いいですね。
16-80を皮切りに、60-210 f4、200-400 f4 て具合に f4 シリーズ作ってくれないかな?

16-80mmF4いいですね。80mmまでというのが好印象です。換算105mmだともうちょっと欲しいと思ってしまうんです。
400g程度に収めてもらえたら最高ですね。

XF16-80mmF4があればX-T2を持ち出す機会が増えそうです。
33mmF1.0はNoctiluxとの比較が面白そうです。
予算があえばどちらも欲しいレンズですね。

XF33f1!!
あったらいいなとずっと思ってたスペックです。
これが出れば個人的にはフルサイズへの未練がほぼ断ち切れそうです。
可能ならF1をシリーズとして熱望します。

XF16-80mmF4 R LM OIS WR
めちゃくちゃ期待です!!

もしインナーズームなら見た目良し!
ズーム時の重量バランスも崩れず
さらに良いです(^o^)
T2と合わせ旅行の強い相棒になります。
富士フィルムさん期待してます!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018年6月のデジタルカメラ売れ筋ランキング」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「XF10」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る